スロバキア Slovakia

【スロバキアの治安2019年最新情報】旅行者が注意すべき7つのことと危険スポット

スロバキアと言えば、恥ずかしながらかつてチェコと一緒にチェコスロバキアという国だったというくらいしか知識がありませんでした。

静かでゆったりとした首都ブラチスラバは周辺各国と比べても治安がよく穴場です。

ガイドブックを読んでも魅力的な見どころが少なく感じますが実際に足を運んでみると旧市街の美しさに目を惹かれることと思います。

今回はそんなスロバキアの実際の治安や滞在するうえでの注意点などをご紹介します。


スロバキアの治安について

スロバキアは、ヨーロッパの中でも治安が良い国と言われています。

周辺のチェコ、ハンガリー、オーストリアと比べて観光客も少ないですし、犯罪が起きにくいのかもしれません。

私も夕食を食べて、夜少し遅い時間に駅まで戻りましたが治安が悪いという雰囲気は感じませんでした。

mari
mari
街灯が暗めなので道を歩いていて怖いとは思ったんだけど・・・

外務省の安全情報

2019年1月現在、外務省の海外安全ホームページでは危険情報や感染症危険情報は出ていません。危険度レベルも0です。

必要以上に心配することはありませんが、特にヨーロッパはいつどこでテロが起きてもおかしくありません。渡航前に旅レジなどの安全情報の登録をしておくことをおすすめします。

犯罪データ

内務省発表によるとスロバキアにおける2017年中の総犯罪件数は6万6,215件

前年と比較して3,420件減少しており、スロバキアの総犯罪件数は減少傾向にあります。

mari
mari
昨今治安の悪化著しいヨーロッパでこれは嬉しい!テロが心配なら小国が狙い目かもしれませんね♪

スロバキアで頻発する犯罪の具体的事例

スリ・置き引きに注意

比較的安全といわれるスロバキアでもスリや置き引きの被害にあう観光客はいるため、注意が必要です。

mari
mari
そもそもスリにだけ注意していればいいと言っても過言ではありません!

声をかけてくる人に注意

ヨーロッパのスリはグループで行われることが多いです。

単独犯ではなく、2人一組で1人が注意を惹き、その間に貴重品をスるといった手口です。

親切そうに声をかけてくる人にも注意しましょう。

車に乗っていると、パンクしているよ!と声をかけられ気を取られている隙に車内の持ち物を盗まれるという事件も発生しています。

スロバキアで注意すべき危険エリア

スロバキアとひと口に言っても、さまざまなエリアがあります。

特にガイドブックに載っている旅行者が多い地域の治安情報については気になるところ!

主なエリアごとに、治安情報をざっくりまとめてみました。

ブラチスラバ

首都のブラチスラバがスロバキアの中では最も軽犯罪が多発している場所。

観光客が集まる旧市街でスリや置き引きが発生しています。

特に夏のシーズンは観光客が増えるので十分注意してください!

公共交通機関内

バスや電車に乗る際、乗車券に打刻する時から扉が閉まる直前にかけての意識が散漫になりがちな隙を狙われます。

犯人がそのまま降車して逃げてしまうと時既に遅しです。

路面電車やバスでスリの被害に遭った方が多いので、公共交通機関を利用するときは荷物をしっかりと身体に寄せておきましょう。

犯罪にあわないために気をつけたい7つの安全対策

危険な場所を避ける

上記の危険スポットはもちろん、宿泊先の従業員にこの辺りで危険なスポットはないかどうか聞いてみてください。

最新の情報はやはり実際に住んでいる方から聞くのが一番です。

怖いもの見たさで危険な場所へ立ち入るのは絶対にやめてください。日本とは違うということをお忘れなく!

現金を大量に持ち歩かない

スロバキアでは支払いの際、デビットカードやクレジットカードでの支払いが増えてきています。

一部の場所で現金しか受け付けないケースもありますが、観光で訪れるような場所は問題なくクレジットカードが使えました!

万が一スリや盗難の被害にあった時のために、持ち歩く現金は最低限にしておきましょう。

しつこく話しかけてくる人は無視する

物売りやナンパなどは、徹底的に無視しましょう。

酔っ払いなど危ないと感じたら、賑わっているお店に入るなどしてその場を離れるようにしてください。

mari
mari
しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。

置き引き対策をする

空港や駅など、ついつい荷物を床に置いておきたくなりますが、一瞬の隙に置き引きされることがほとんど!油断は禁物です。

レストランなどでは、場所取りなどに荷物をおいて席を離れたりすることのないようにしましょう。

席に座っているときも荷物は膝の上などに置き、いすの後ろにかけたりしないようにしましょう。

スリ対策をする

貴重品、パスポート、スマホなどもスリに狙われやすいので、リュックなどに入れて背負って持つのはやめましょう。

ナイフなどでリュックを切られて荷物を抜かれる可能性があります。リュックを持つ際は体の前に持つように!

とにかく身軽にして出かけるのがポイントです。貴重品や現金も必要最小限にして、常に身体から離さないように持ち歩きましょう。

夜間の一人歩きは避ける

基本的にヨーロッパの夜は一人で出歩くのをおすすめしません。

ブラチスラバは夜歩きできる治安の良い街ではありますが、人通りが少なく街灯がとても暗いので何かあった時に不安になると思います。

安全な地域でホテルを予約

ブラチスラバでホテルを予約するなら市内中心部にあるマロルズブティックホテルが超おすすめです!

立地もよく食事も美味しいのでぜひチェックしてみてください。

ブラチスラバで人気の
エリアでホテルを探す

旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険

スロバキア旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。

Wi-Fiレンタルでネット環境を整える

何か困ったことが起きたとき、ネットが使えると安心感が違います。

海外では無料でWiFiを使えるスポットもありますが、いざという時のために海外WiFiのレンタルをしておくことをおすすめします!

友達がスリにあった時、ネットが使えて本当に助かりました・・・。道に迷ったり、危険情報をチェックするためにもネット環境を整えることはとても大切です。

海外WiFiレンタル
グローバルWiFiをみてみる

海外旅行保険でいざという時に備える

実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。

何も起こらなければ良いのですが、万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょう!

毎回入るのが面倒な人には海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがおすすめですよ♪私が愛用しているメインカードはANAのワイドゴールドカード

補償が手厚い上にマイルもたくさんたまるので、できればゴールドカード以上のクレカを1枚持っておくと何か便利なのですが、年会費が高いのでなかなか思い切りが必要ですよね?

そんな人におすすめなのがエポスカード

エポスカードはなんと年会費無料で海外旅行保険が自動付帯*されています!年会費無料のクレジットカードの中でも補償額が高くとってもおすすめの1枚。

ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のことです。※付帯のタイプとしては「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯だと保証を受けるのに条件があるので注意が必要です。

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能
エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

クレカを作りたくない、または事情があって作れない人は通常の海外旅行保険でも全く問題ありません。

スロバキアの治安まとめ

ヨーロッパの中では治安のよいとされているスロバキア。街もコンパクトで歩きやすく、私は楽しく観光できました♪

全く日本人を見かけることもなく、遠いところまで来たなぁなんて感じましたよ!

ついつい観光に夢中になりやすいですが、身の回りの貴重品をきちんと管理して、楽しい思い出だけを持ち帰ってくださいね♡

人気ガイドブックランキング1位「るるぶ」が無料!

ソフトバンク系列の電子書籍サービス
ブック放題 」を利用すると
月500円で雑誌と漫画が読み放題。

なんと!!
人気ガイドブックランキング1位
「るるぶ」が読み放題になります。

しかも今なら1ヶ月無料でお試しできます!

旅行が近づいてきたら
ぜひ使ってみてください♪

1ヶ月無料で
るるぶを読んでみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です