2018年も海外で年越しカウントダウン!大晦日とお正月のバリは日本と全然違う!




12月31日に香港からバリに移動してまいりました~!年末年始ってめちゃくちゃ空港混むんですけど31日と1日は穴場です。

mari
みんな家族と過ごしたりゆっくりしているので意外と空いてるし、若干だけど航空券のチケットも安いよ!

\mariのおすすめサイト/
頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』

大晦日のバリはクタ・レギャン地区が一番賑やか!しかーし夕方から道が封鎖されるので要注意

さて、31日の大晦日。外国ではニューイヤーズイブと呼びますが、この日一番盛り上がる地区はどこかご存知ですか?

mari
ホテルを予約する前に現地の旅行会社3つに電話をかけて聞いてみたよ!

フェニー
mariさんって本当に用意周到だね( ゚Д゚)
でどこの地区が一番盛り上がるの?ホテルも近い所取ったんでしょ??

大晦日で一番盛り上がるのはクタ・レギャン地区ということで、ホテルもクタレギャン地区のビーチ沿いで探しました。

mari
「レギャンビーチホテル」はビーチの目の前!徒歩30秒で最高の立地だよ♪

旅行会社から言われたのは、「大晦日のバリ、クタ・レギャン地区のメインストリートは車が通れないように閉鎖されてしまうので注意してください」とのこと。

夜20時くらいから封鎖されると聞いていたのに、空港に到着した18時には既に道路が封鎖されタクシーもホテルまで行けない状態に・・・。

大晦日のカウントダウンをクタ・レギャンでするならタクシー代が4倍に!?

日本で事前に2017年バリ島タクシー窓口料金を確認していました。

レートは10,000IDR→83.3円なので、私たちの宿泊するレギャンビーチホテルまでは95,000Rp(約800円)のはず。

KUTAクタ (DISCOVERY MALL) 3km / 9min IDR 70.000
KUTAクタ (JL. MELASTI) 6km / 18min IDR 80.000
LEGIANレギャン (JL. PADMA S/D) 7km / 20min IDR 95.000

しかしタクシー運転手から突き付けられた値段は400,000Rp!!

空港から出たばかりだと、そもそも高めの客引きが多いと思うけど、来る人来る人みんな300,000IDR~350,000IDRを提示。

mari
私はバリに来るの7回目よ!そんな高くないの知ってるもん!と大嘘をかましてみました。

「それはそうかもしれないけど、今日は道も封鎖されてるし遠回りしなきゃいけないから高いんだよ。」

まあそうだよなと納得したので、一番ディスカウントしてくれたドライバーと250,000(約2,000円)で交渉成立!

子連れで安いタクシーを探すためウロウロするのも大変だったので助かりました。2,000円ってめっちゃ安いしな。大晦日なのに働いててご苦労様という気持ちを込めて気持ち良く通常の3倍近い値段を支払わせていただきました(笑)

フェニー
道路が封鎖されているのでホテルまでは行けないと言われビビったけど、ホテルから100mくらいのところで降ろしてもらえたからよかったね。

mari
なんかバイクタクシーを拾うって言ってたけど全然そんな必要なかったよね。思ったより近くまで行けたってことかな?

ホテルの立地によっては近くまで行くのは厳しそうでした。できれば前日、遅くともお昼頃には現地入りしたいところです。

旅行会社からはクタ・レギャンではなくヌサドゥア(日本人に人気の空港南側にある高級ホテル地区)を強くすすめられました。

いやいや、混んでる=にぎわっているところだからそこでカウントダウンしたいんだってば!!

※ちなみにメータータクシーがちゃんと起動してくれれば500円くらいで行ってくれるみたいなんですけどね。

mari
学生時代なら意地でも払わなかったけど今は大人になったので、インドネシアの観光を応援します。

クタ・レギャンの大晦日は一晩中花火が打ちあがっている

もう何度も年末年越し海外旅行を経験している私ですが、こんなにも長い時間花火が打ちあがり続けているのは初めてです。

18時台から眠りについた1時までずーーっと数秒おきに花火が打ちあがっていました。

mari
地球上すべての打ち上げ花火がここにあるんじゃないかって疑うほどの数だったよね・・・。

フェニー
そうそう、あまりにもずっと打ち上げてるからカウントダウンの瞬間がわからなかった(笑)

バリの年越しの瞬間は特にカウントダウンをすることなく、まるで「日本で笑ってはいけないを観ている」かのごとくサラッと年越しを迎えるようです。

私たち家族はホテルの敷地内にあるオープンレストランでビーチの花火を見ながらホテルの宿泊客と一緒にお祝いしました!

バリの大晦日は日本と全く違い、厳かな雰囲気ゼロでめちゃくちゃ盛り上がっていました。

31日も1日もバリの人たちにとっては稼ぎ時なのでお店もほとんど開いています。

ぜひ2019年の年越しはバリ島へ行ってみてください!暑い夏のようなお正月も意外と楽しいものですよ♡

バリでタクシーに乗るならブルーバードのみ!偽物が多いので注意してね

ブルーバードとはジャカルタに本社を置くインドネシアの格安メータータクシー。

初乗り1km 7,000Rp(58円)、その後1kmごとに 6,500~10,000Rp(54~83円)が加算と超格安。

このブルーバードタクシーが唯一バリの物価に合わせて良心的な料金で走行してくれます。ただし空港ぼったくり協会から「長年かけて築き上げた俺たちの平和なぼったくり環境を乱すんじゃねえ」と空港出入り禁止をくらっているらしく空港にいません(笑)

本家ブルーバードにめちゃくちゃ似せているタクシーも結構走っているので注意してください。とりあえずメーター回してなかったら偽物確定!バリ旅行記、次回は「バリ島クタ・レギャン・スミニャックのショッピングが超楽しい!」♪

女子旅に最高!バリ島クタ・レギャン・スミニャックのショッピングが超楽しい!

2018.01.13

 
▼mariのバリ島旅行記▼