ベルギー

ベルギー世界遺産13件徹底解説!行き方・見どころ・ベストシーズン

みなさん世界遺産は好きですか?わたしは大好き(・∀・)!!

世界遺産ハンターではありませんが、認定されている場所はやはり見ごたえがありますね。

ベルギーには13件の世界遺産が登録されています。

《文化遺産》

  1. フランドル地方のベギン会修道院群(1998年)
  2. ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)(1998年)
  3. ブリュッセルのグラン=プラス(1998年)
  4. ベルギーとフランスの鐘楼群(1999年、2005年拡張)
  5. ブルッヘ歴史地区(2000年)
  6. 建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 (ブリュッセル)(2000年)
  7. モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地(2000年)
  8. トゥルネーのノートルダム大聖堂(2000年)
  9. プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体(2005年)
  10. ストックレー邸(2009年)
  11. ワロン地方の主要な鉱山遺跡群(2012年)
  12. ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献 (2016年)

《自然遺産》

  1. カルパチア山脈などの欧州各地のブナ原生林群(2017年)

日本は23もあるので、比べると少ないと感じるかもしれませんが世界遺産が1件もない国もたくさんあるんです。

今回の記事ではベルギーの13件の世界遺産についてご紹介していきたいと思います♪

東京⇔ベルギーの航空券はアジア・中東経由が1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった7万円のブリュッセル行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便もおすすめです♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

ベルギーをもっと知る

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

このページの目次(もくじ)

フランドル地方のベギン会修道院群《ベルギー世界遺産》

フランドル地方のベギン会修道院群 基本情報

Donar Reiskoffer, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

フランドル地方に点在するベギン会の建物のうち13件が世界遺産登録されています。

「ベギン会」とは、キリスト教徒の女性たちが質素な共同生活を送った会館のこと。中世に発生して北西ヨーロッパに広まりました。

観光で行きやすいのは、ブルッヘのベギン会。駅から徒歩で行けて、近くには他にも見どころがいっぱいです!

ブルッヘのベギン会の建物は1937年にベネディクト会が買い取り、現在は修道院として使われています。

フランドル地方のベギン会修道院群 ベストシーズン

ベルギーはどの季節に訪れてもそれぞれの良さがありますが、あえてベストシーズンを挙げるなら夏(6~8月)がおすすめ。

日本の夏よりも過ごしやすく、遅くまで明るいので観光には最適です。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

  • 1998年登録
  • 住所:(ブルッヘのベギン会)Begijnhof 30, 8000 Brugge, ベルギー 地図
  • アクセス:ブリュージュ駅から徒歩12分

ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺《ベルギー世界遺産》

ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 基本情報

19世紀末から20世紀初頭にかけて建設されたサントル運河には、水力式の船の昇降装置が設置されました。

mari
mari
この運河には、約7㎞の間に67mの高低差があるため、船が通過するには水面の高さを調節する装置が必要だったんです。

現在は新運河や新しいリフトが完成し、商用としての役割は終えていますが、観光用として稼働しています。

運河クルーズや機械室の見学ができ、旅行者にはなかなか興味深いスポット!

時間があれば運河沿いの遊歩道をのんびり散歩するのも素敵ですね。

ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 ベストシーズン

その他の遺産と同様、日の長い夏の季節がおすすめ。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

  • 1998年登録
  • 住所:Rue Tout-Y-Faut 152, 7110 La Louvière, ベルギー地図
  • アクセス:ブリュッセルから車で約40分/ラ・ルヴィエール駅から徒歩約20分

ブリュッセルのグラン=プラス《ベルギー世界遺産》

ブリュッセルのグラン=プラス 基本情報

グラン=プラスは、首都ブリュッセルの旧市街の中心にある石畳の大広場。

ベルギー随一の観光スポットなので、見たことがある人も多いのでは??

周囲には市庁舎やギルドハウスなど歴史的建物が立ち並び、ヨーロッパに来たぞ!!という気分になります。

フランスのルイ14世がブリュッセルに激しい砲撃を行った際、周囲の建物はほとんどが木造だったため、石造りの市庁舎以外は焼失。

しかし、ギルドの人々が団結してわずか4年で建物を再建。現在見ることができる石造りの建物は、この時に造られました。

mari
mari
有名な小便小僧もグラン=プラスから歩いてすぐです。

ブリュッセルのグラン=プラス ベストシーズン

その他の遺産と同様、日の長い夏の季節がおすすめ。

また、グラン=プラスでは2年に1度、8月にフラワー・カーペットが開催されます。

広場に60万株以上の花が敷き詰められる人気のイベント。この時期に合わせて訪れるのもいいですね。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

  • 1998年
  • 住所:Grote Markt, 1000 Brussel, ベルギー地図
  • アクセス:

ベルギーとフランスの鐘楼群《ベルギー世界遺産》

ベルギーとフランスの鐘楼群 基本情報

ベルギーとフランスにある55棟の鐘楼が世界遺産に登録されています。

1999年にベルギーのフランドル地方とワロン地方にある32棟が登録され、2005年にフランス北部の23棟が追加されました。

鐘楼とは、鐘を鳴らす塔のこと。

教会の建物の一部や市役所などの公共建築に付けられることが多いです。

すべて見るのは難しいかもれませんが、ブルッヘやアントワープなど代表的な都市の鐘楼は、足を運びやすいと思います。

ベルギー旅行の際には、訪れる街の鐘楼が世界遺産登録されているかもしれません。ぜひチェックしてくださいね。

ベルギーとフランスの鐘楼群ベストシーズン

その他の遺産と同様、日の長い夏の季節がおすすめ。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

  • 1999年、2005年拡張
  • 住所: (ブルッヘの鐘楼)Markt 7, 8000 Brugge, ベルギー地図

ブルッヘ歴史地区《ベルギー世界遺産》

ブルッヘ歴史地区 基本情報

ブルッヘはベルギー北西部に位置する古都。

mari
mari
フラマン語の呼称「ブルッヘ」よりもフランス語の「ブリュージュ」と言ったほうが馴染みのある人も多いかもしれませんね。

13世紀後半から毛織物業で栄えたハンザ都市ですが、その後、運河に泥が沈殿して船が通れなくなり、しだいに産業が衰退。

そのため、中世の街並みがそのまま現代まで残されました。

歴史地区の範囲には他の2つの世界遺産『フランドル地方のベギン会修道院群』と『ベルギーとフランスの鐘楼群』もあります。

ブルッヘ歴史地区 ベストシーズン

その他の遺産と同様、日の長い夏の季節がおすすめ。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

  • 1998年
  • 住所: 地図
  • アクセス:

建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群《ベルギー世界遺産》

建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 基本情報

19世紀末から20世紀初頭にアール・ヌーヴォー建築の中心的存在として活躍した建築家ヴィクトル・オルタ。

彼の手掛けた邸宅のうちブリュッセルにある4件が世界遺産登録されています。

内部が見学できるのは、アール・ヌーヴォーに関する美術館になっているオルタ邸。

他の3件は私邸なので、一般には公開されていません。

建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群 ベストシーズン

その他の遺産と同様、日の長い夏の季節がおすすめ。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

  • 2000年
  • 住所:(オルタ美術館)Rue Américaine 25, 1060 Bruxelles, ベルギー 地図
  • アクセス:トラムPLACE JANSON停留所から徒歩3分

モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地《ベルギー世界遺産》

モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地 基本情報

Thilo Parg, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

ベルギー南西部のモンス市にある新石器時代の鉱石採掘地跡。

古代採石場としてはヨーロッパ最古で最大規模の遺跡です。

周辺では大規模な集落跡も発見されていて、そこでは高度な技術で磨製石器を製造していたと考えられています。

モンス市スピエンヌの新石器時代の火打石採掘地 ベストシーズン

その他の遺産と同様、日の長い夏の季節がおすすめ。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

  • 2000年
  • 住所:Rue du Point du Jour, 7032 Mons, ベルギー 地図
  • アクセス:ブリュッセルからモンスまで鉄道で約1時間、モンス駅からはタクシー利用(約8キロ)

トゥルネーのノートルダム大聖堂《ベルギー世界遺産》

トゥルネーのノートルダム大聖堂 基本情報

フランスとの国境近くにある街、トゥルネーはフランク王国初代のクロヴィス1世が生まれた地として知られています。

この街にそびえるノートルダム大聖堂はベルギーの代表的建築物のひとつ。

1130年にロマネスク様式で建築が始まり、のちにゴシック様式で改築されたため、二つの建築様式が混在する建物になっています。

ちなみに、トゥルネーの鐘楼は『ベルギーとフランスの鐘楼群』の構成資産です。

トゥルネーのノートルダム大聖堂 ベストシーズン

その他の遺産と同様、日の長い夏の季節がおすすめ。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

  • 2000年
  • 住所:Place de l’Evêché 1, 7500 Tournai, ベルギー 地図
  • アクセス:トゥルネー駅から徒歩5分

プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体《ベルギー世界遺産》

プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体 基本情報

Ad Meskens, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

アントワープにあるルネサンス期からバロック期にかけての印刷出版工房。

16世紀後半にクリストフ・プランタンが工房を開き、跡を継いだ娘婿のヤン・モレトゥスが技術をさらに向上させました。

現在は博物館になっていて現存する最古の印刷機などを見ることができます。

プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体 ベストシーズン

その他の遺産と同様、日の長い夏の季節がおすすめ。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

  • 2005年
  • 住所:Vrijdagmarkt 22-23, 2000 Antwerpen, ベルギー 地図
  • アクセス:ブリュッセルからアントワープまで鉄道で約40分、アントワープ中央駅から徒歩約15分

ストックレー邸《ベルギー世界遺産》

ストックレー邸 基本情報

Josef Hoffmann, CC BY 2.5, via Wikimedia Commons

ストックレー邸はブリュッセルの高級住宅地にたつ邸宅です。

20世紀初頭、銀行家アドルフ・ストックレーの私邸として建築家ヨーゼフ・ホフマンが設計。

金銭的な制限なく手腕を発揮できたこの作品はアール・ヌーヴォーの転換点となり、アール・デコやモダニズム建築が生まれるきっかけを作りました。

ヨーゼフ・ホフマンはウィーン分離派という芸術家集団の中心として活躍した人物。

ストックレー邸内には、画家のグスタフ・クリムトなどウィーン分離派の作品群が収蔵されています。

外観を見ることはできますが、残念ながら内部は公開されていません。

ストックレー邸 ベストシーズン

その他の遺産と同様、日の長い夏の季節がおすすめ。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

  • 2009年
  • 住所:1150 Woluwe-Saint-Pierre Belgium 地図
  • アクセス: メトロMontgomery駅から徒歩8分

ワロン地方の主要な鉱山遺跡群《ベルギー世界遺産》

ワロン地方の主要な鉱山遺跡群 基本情報

グラン・オルニュSchwickerath, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

19世紀前半から20世紀に稼働した炭鉱群で、「グラン・オルニュ」「ボワ・デュ・リュック」「ボワ・デュ・カジエ」「ブレニー・ミーヌ」という4件の鉱山で構成されています。

石炭の一大産出地だったワロン地方。当時の様子を伝える遺産が良好な状態で保存されていてます。

ヨーロッパの産業革命を象徴する世界遺産のひとつです。

ワロン地方の主要な鉱山遺跡群 ベストシーズン

その他の遺産と同様、日の長い夏の季節がおすすめ。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

4つの鉱山ともに博物館などの展示施設が充実していて見ごたえがあります。

  • 2012年
  • 住所:
    (グラン・オルニュ)Rue Sainte-Louise 82, 7301 Boussu, ベルギー 地図
    (ボワ・デュ・リュック)Rue Saint-Patrice 2b, 7110 Houdeng-Aimeries, ベルギー地図
    (ボワ・デュ・カジエ)Rue du Cazier 80, 6001 Charleroi, ベルギー地図
    (ブレニー・ミーヌ)Rue Lambert Marlet 23, 4670 Blégny, ベルギー地図
  • アクセス:どの鉱山も郊外にあるのでツアーやレンタカーがおすすめ

ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献《ベルギー世界遺産》

ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献 基本情報

ギエット邸 Vandevorst, Kris, CC BY 4.0, via Wikimedia Commons

フランスで活躍した建築家で、近代建築三大巨匠のひとりとも数えられる「ル・コルビュジエ」の建築作品群が世界遺産として登録されています。

各国に建物がありますが、ベルギーはアントワープにあるギエット邸が対象。

ギエット邸は3階建ての住宅兼アトリエ。大衆車シトロエンのように量産が可能で安価な「シトロアン住宅」のひとつです。

私邸なので内部公開はされていません。

『ル・コルビュジエの建築作品』はベルギーの他、アルゼンチン、インド、スイス、ドイツ、フランス、日本(国立西洋美術館)にある17の資産で構成されています。

こんなに色んな国にあるなんて驚きました…!

構成資産が複数の大陸にまたがる世界遺産としては初の登録です。

ル・コルビュジエは現在の鉄筋コンクリートの建築を確立させたことで有名。建物の雰囲気は、とっても近代的ですよね。

ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献 ベストシーズン

その他の遺産と同様、日の長い夏の季節がおすすめ。

詳しい気候についてはベストシーズンの記事をご覧ください。

関連記事ベルギーベストシーズンは夏(6月~8月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

  • 2016年
  • 住所:(ギエット邸)Populierenlaan 32, 2020 Antwerpen, ベルギー  地図
  • アクセス:

カルパチア山脈などの欧州各地のブナ原生林群《ベルギー世界遺産》

ルーマニア世界遺産 カルパチア山脈ブナ原生林群ベルギー世界遺産 カルパチア山脈ブナ原生林群

カルパチア山脈などの欧州各地のブナ原生林群 基本情報

カルパチア山脈などの欧州各地のブナ原生林群はなんと12ヶ国を跨いで登録された特別な世界遺産。

もともと2007年にウクライナとスロバキアの世界遺産として登録されたあと、段階を経て2017年ベルギーを含む全12ヵ国が登録されたという変わり種です。

東西185キロメートル、総面積2万9278ヘクタールという世界最大のブナの原生は日本のブナとは違い、家畜のえさや紙の原料として使用されています。

あもちゃん
あもちゃん
ベルギー以外の各国からもアクセスできるので、どこかのタイミングで目にする機会もあるかもしれませんね!

カルパチア山脈などの欧州各地のブナ原生林群 ベストシーズン

カルパチア山脈のブナ原生を見に行くなら5~9月の季節がおすすめです。

ぜひハイキングが楽しめるベストシーズンに訪れましょう。

  • 2017年登録
  • 場所:カルパチア山脈
  • アクセス:カルパチア山脈東西に渡って広い範囲でブナ原生を見ることができます

ベルギー世界遺産まとめ

ベルギーの世界遺産は、ブリュッセルやブルッヘなど歴史のある街には複数あるので、滞在日数が少なくても、いっぱい周れますね。

長期間の旅行は出来ないけれど、たくさんの世界遺産を制覇したい!

そんな方にはベルギーの旅がおすすめです。

ベルギーをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔ベルギーの航空券はアジア・中東経由が1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった7万円のブリュッセル行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便もおすすめです♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

ブリュッセルでぜひ泊まっていただきたいのがロッコ フォルテ ホテル アミーゴ

ブリュッセル一の高級デザイナーズホテルとして人気が高く、立地も抜群なので子連れの滞在にもとてもおすすめです。

どこへ行くにも徒歩圏でその便利さに感動されることでしょう!お部屋も明るく朝食も美味しい誰にでもおすすめできる一押しのホテルです。

ロッコフォルテの
料金をチェックしてみる

ベルギーを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ベルギーで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

2都市巡りツアーが大人気

安心の日本語ツアーで
ベルギーを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA