China 中国・香港

香港旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ徹底解説

日本人にも大人気の旅行先『香港』。

日本からも比較的近いので、3連休もあれば気軽に旅行へ出かけることができますよね♪

香港は日本に比べると1年中気温が高く、「何を着て行けば良いの?」と迷ってしまう方も多いハズ。

今回は、香港旅行でおすすめのシーズン別のコーディネートをご紹介します!


海外旅行ってどんな服を着れば良いの?

海外旅行へ行くとなると、「いつもと同じ格好でも良いのかな?」と気になる方も多いと思います。おしゃれも楽しみたいけど、荷物をたくさん持って行くのはイヤですよね。

香港はLCCの飛行機を使えば格安な料金で行けますが、荷物の重量制限も気になるところ。

私は、どこに出かけるにもシンプルな恰好を心がけています。

旅行に必要な洋服の枚数、荷物を増やさずに旅先でもおしゃれを楽しむ方法や避けた方が良い服装など、海外旅行で着る服をぶポイントを紹介しているので、こちらも併せて読んでみてだくさい♪

海外旅行に持っていく洋服の選び方!必要枚数と避けるべきコーデもご紹介海外旅行へ行くとなると、気になるのが服装選び。 現地の気候や気温に合った服装はもちろんですが、”旅先でのおしゃれも楽しみたい!”と...

香港のファッションの傾向


photo by Kyle Hasegawa

香港のファッションの傾向を一言でまとめると「あまり堅苦しくないラフな」感じ。Tシャツ、短パン、サンダルで過ごしている人多め。

色んな人がいるので一言ではまとめにくいですが、全般的なイメージで言うと、日本人の方が服装や見た目にこだわりを持っている方が多い印象。

1年中温暖な気温の国でもあるので、自由で楽な恰好で過ごしている人が多いようです。メイクもナチュラルな人が多い傾向にあります。(特におばさんねw)

とはいえ、おしゃれが大好きな香港の若い人もたくさん!アジア全体として日本と同じ様な服装も流行っている気がする。

特に繁華街ではおしゃれを楽しんでいる若い人たちもたくさん見かけます。

クラブなどのナイトスポットでは、ばっちりメイクに高いヒールを履いている女の子もたくさんいますよ。

旅行者も現地の人に合わせるべき?

結論から言うと、出来る範囲で現地の人の恰好に合わせたほうが良いというのが私の考えです。

遠い国は文化も大きく違うので難しい場合もありますが、香港と日本の雰囲気はどちらかというと似ています。

服装の面でも大きく変わるわけではないので、動きやすい恰好を意識して服を選べば大丈夫♪

香港でも、日本と同じファストファッションのお店がたくさんあります。繁華街を歩いていると、ユニクロやZARA、H&Mなどおなじみの店を見ることができますよ。

香港でタブーとされている服装

香港でタブーとされている服装は特にありません。

とはいえ、ミニスカートは全世界共通でやめたほうが良いと思います。

ミニスカートに高いヒール、ばっちりメイクのような恰好をしていると売春婦だと誤解されてしまう場合も。ラフな服装が多い香港では悪目立ちしてしまうかもしれません。

フェニー
フェニー
ナンパのや性犯罪の標的にされやすくなりますので、注意が必要です。

また、タブーとは少し異なりますが、中国ではお葬式の時に白い服(白装束)を着たりするので全身白だと日本でいう全身黒の喪服と捉えられることも。

mari
mari
ちなみに花嫁の衣装は赤なので、結婚式に赤色のドレスはNGです♪

香港の季節ごとのおすすめの服装

香港は亜熱帯性気候。日本のようにハッキリはしていませんが、ぼんやりと四季があります。

あもちゃん
あもちゃん
香港の気温や降水量をもとに、季節ごとのおすすめコーデをご紹介します!

香港の気温や降水量をチェック!

年間的に気温が高いですが、それでも冬は気温が下がります。寒波が襲来したときは、日本と同じくらい冷え込むこともあるみたいです。

冬に香港を訪れるなら、それなりに防寒着は用意しておいた方が良いかもしれませんね。

1ページ目が年間平均気温、2ページ目が年間降水量です。

 

香港はラフで動きやすい服装が基本!

春(3月・4月・5月)


photo by Mitch Altman

mari
mari
写真は、4月の街中。薄手の長そでやアウターを着ている人が多いですね。

香港の春は日本よりも温かいのが特徴です。3月でも日中は暖かいので、半袖でも大丈夫ですが、冷える日もあるのでジャケット・アウターは持って行った方が良いと思います。

また、春は天気が安定しないのでグッと冷え込む日も。長そでのトップスも持って行った方が安心です。

4月以降は、湿度も高くなり「夏」という感じ。平均気温でも22~25度くらいあるので、日中は暑いと感じる日が多くなります。しかし、ききすぎた冷房や朝晩の冷え込みに備えて、羽織ものは必須アイテムです。

mari
mari
5月頃からは日差しも強くなってくるので、日焼け止めや帽子など紫外線対策も忘れずに!

夏(6月・7月・8月)


photo by overseb

フェニー
フェニー
写真は8月の街中。半そで+ズボンという方が多いですね。

この時期は暑さも湿度もが厳しい時期に入ります。平均気温が30度に近づき、35度を超す日も多いので熱中症には十分気を付けないといけません!

ジメジメするし、よく汗をかくようになるので、通気性の良い恰好をしていくと良いと思います。半そで+ズボン・スカート(短パン)やワンピースにサンダルなど、涼しげに足を出したコーデが◎

夏は降水量がかなり多いので、雨具は必須!

濡れても乾きやすい素材の靴などがおすすめです。当然日差しも強いので、日焼け止め、帽子、薄手のストールなど紫外線対策も忘れずに!

mari
mari
足を露出していると虫刺されも気になるので、虫よけがあっても良いかも!

秋(9月・10月・11月)

あもちゃん
あもちゃん
この写真は10月のものですが、日中はまだまだ半そでの方が多いですね!

秋と言っても日本の秋より暖かく、まだまだ汗ばむことも。(9月は夏かも)

真夏に比べると気温・湿度が下がり、過ごしやすいのが特徴です。雨の日も少なく、天気の良い日が多いので観光にぴったりのシーズン!

夏と同じコーデ+少し厚めの羽織ものがあると◎現地の人は、中秋節(9月~10月頃)と呼ばれる伝統行事のあたりから、長そでを着る方が多いようです。

フェニー
フェニー
朝晩は冷え込むこともありますが、天気の良い日はかなり暖かいので、温度調節しやすい服装をしていきましょう!

冬(12月・1月・2月)


photo by Etan Liam

mari
mari
1月の写真です。デモの時の一枚と思われますが、結構みなさん着こんでいますね・・。

香港の冬は気温が10℃を下回る日もありますが、日本に比べると暖かいです。

基本的に長そでトップス+アウターで大丈夫!

ただ、日本と異なる点は、屋内の気温があまり暖かくないということ。

香港の建物内はあまり暖房施設がないので、日本のように必ずしも「建物に入れば暖かい♪」という訳ではありません・・。

ずっと「少し寒い」というのは結構体に堪えますよね・・。体の芯から冷えた気がしちゃいます。。

なので、コートやセーターを持って行った方が失敗がないと思います!

mari
mari
脱ぎ着しやすいものがおすすめです。

香港の服装まとめ

香港の方が日本より温暖な気候ですが、日本と同じような服装で大丈夫!

ファション的な面では、そこまで日本と大差のない香港ですが、動きやすく観光しやすい服装を心がけましょう!

写真にも残るので、ぜひ旅先でのファッションも楽しんでくださいね♪

香港の大人気おすすめホテル!!

すべての記事をみる
香港で遊ぶならボヤジンを使わなきゃ損!

ボヤジンで手配すると香港ディズニーの
チケットが割引価格で買えるって知ってる?

他にも送迎バス付のツアーや最大46%引きのチケットも!
事前に日本語で予約できて便利です。

\楽天グループだから安心/

ボヤジン
公式サイトをみてみる