子連れ旅行記

台湾観光でインスタ映えなら台北・華山1914!子連れにおすすめのアート空間

数年前、私が台湾に来たときは全く話題にものぼっていなかった「華山1914」

最近急激におしゃれスポットになって人気が出ているようなのでとても気になって足を運んできました!


「華山1914文創園区」は酒工場跡地からクリエイティブなアート空間に変身

趣ある建物が立ち並ぶ「華山1914」は日本統治時代の酒工場の跡地をリノベーションしたアート・イベント施設。

私たちが訪問した12月初旬は日本の東北イベントをやっていました。

そびえ立つ秋田犬(・∀・)

アートギャラリーや個性派雑貨店などのショップ、カフェレストランやライブハウスが併設され、台北最新文化の発信地として人気のスポットとなっています。

1987年~1999年までの12年間、ほとんど放置状態されていたこの場所に、台湾の若者たちがこっそり忍び込んで壁画を描き始めたそう。

mari
mari
この蔦の生い茂る雰囲気が私の地元、倉敷のアイビースクエアに似てる!

ねぷたの紹介や、なまはげがいたり、日本企業も参加して東北のインバウンドを盛り上げているようでした。台湾に来たのに日本の宣伝をみるなんてちょっと不思議な気分です。

去年は「チームラボ」や「ジブリ」の展示もあったようで、日本とも縁のあるイベント施設ですね。

台北・華山1914はインスタ映えスポットだらけ

打ちっぱなしのコンクリートや蔦の生い茂る壁、レトロなのに現代風にアレンジされていてで超インスタ映えスポットです。

mari
mari
今回は3回目の台湾だけど、以前のちょっぴりダサい台湾とは全く別物。横浜や青山にあっても遜色のないおしゃれスポットになっていて本当に驚いたよ!

台湾で買ったpeppapigの洋服を着せて写真のモデルになるあもちゃん。

もちろん友達やカップルで撮影しても雰囲気のある写真が撮れると思います。

どこを歩いてもなんかイイ!!

台湾らしいとは言えないかもしれませんが、古い建物をとてもうまく活用できているなぁと感心してしまいました。

子連れに一番おすすめなお店は「Wooderful Life」木とオルゴールのおもちゃ屋さん

ここ、あもちゃんがもう少し大きかったらすごく喜ぶだろうなぁと思ったおもちゃ屋さん。

木でできた温かみのあるおもちゃがたっくさん並んでいます!

チケットを買って実際に遊ぶことも出来ます。

台湾の子供たちが楽しそうに遊んでいました。大人が見てもワクワクするような素敵なおもちゃ、ゲームが部屋いっぱいに用意されています。

天井にも遊び心が♪あもちゃんはまだ1歳になったばかりなので、少し早かったなぁ。

オルゴールもかなりカワ(・∀・)イイ!!自分でオリジナルのオルゴールを作成することもできて手芸や工作好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。

遊び疲れたら休憩できるお洒落カフェやレストランもあり、とても楽しかったです!

お値段は台湾というより、東京プライスで結構高めです。旅行でハシャいで財布の紐が緩くなっているので好きなものを好きなだけ頼んでしまいますね。

「華山1914文創園区」のアクセス方法

青色MRT(ブルーライン)「忠孝新生駅」の1号出口から徒歩約5分。(台北駅からは2駅、約3分で到着)

トイレもきれいだし、天気が良ければ子供たちを芝生で遊ばせることもできるので、子連れにはピッタリのスポット!あもちゃんが大きくなったらまた再訪するつもりです。

お洒落なお土産も買えますが、どことなく日本ぽいのであえてここで買わなくていいのかなぁと思いました。

mari
mari
やっぱり台湾といえばチープでキッチュな雑貨がいいよね♪

▼mariの台湾旅行記▼

▼海外旅行におすすめ▼

 

人気ガイドブックランキング1位「るるぶ」が無料!

ソフトバンク系列の電子書籍サービス
ブック放題 」を利用すると
月500円で雑誌と漫画が読み放題。

なんと!!
人気ガイドブックランキング1位
「るるぶ」が読み放題になります。

しかも今なら1ヶ月無料でお試しできます!

旅行が近づいてきたら
ぜひ使ってみてください♪

1ヶ月無料で
るるぶを読んでみる