子連れ九份はベビーカーなし、タクシー移動で決まり!子供と一緒に千と千尋の世界を楽しもう



数年前はここまで人気ではなかったような気がしますが、最近の九份人気はすごいですね!旅の同行者みなちゃんたっての希望で私たちも千と千尋の世界へ1日トリップしてきました。

千と千尋の世界「九份」は坂だらけ。子連れ旅行には不向きです

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の舞台といわれている九份。ノスタルジックな街並みは台湾に来たら1度は行ってみたいおすすめスポット。

子連れおすすめ度 ★★
ベビーカーおすすめ度
海外初心者向け ★★★★★
ショッピング ★★★
食事 ★★★
物価の安さ ★★★

しかし子連れで「九份」どうしようかなぁと悩んでいるママには残念なお知らせです。

「九份」子連れ旅行には向いてません。

基本的には坂道を登り、写真で有名な場所には急な階段を降りていくのでベビーカー?

絶対無理です!やめてください(・∀・)

いやいや、そんなこといってもmariさんも行ってきたんでしょ?行けなくはないんでしょ?という方のために今回は子連れ九份の楽しみ方を現地のレポと一緒にお伝えしようと思います。

「九份」への行き方・アクセス方法は4つ。子連れならタクシーがおすすめ!

アクセス方法は以下の4つ

  1. 現地発のオプショナルツアー
  2. タクシーまたは乗り合いタクシー
  3. 電車とバス(もしくはタクシー)
  4. バス

一番楽なのは、現地発のオプショナルツアー。相場はだいたい1,000元~1,400元(5000円前後)とそれなりに高額です。

食事がついたり、日本語ガイドもつくので「海外旅行超初心者!とにかくお金を払ってでも安心したい」という方はツアーを選択しましょう(というかそんな方は私のブログなんぞ読まずにツアーを選択されていると思いますが・・・)

バスや電車を使うとお値段10分の1になりまして、500円くらいで行けます( ゚Д゚)

旅慣れている私くらいになれば当然、バスを使いたいところ。ですが

今回は子連れなので

mari
私のおすすめは乗り合いタクシー!!

バスの場合①座れない②揺れる③時間がかかる(1時間半)というデメリットがあるんです。

その点タクシーは道路が空いていれば台北から45分程で到着します。しかも料金は、タクシー1台につき1,000元~(約4,000円)!!タクシーには4~6人まで乗れるので、1人当たり800円ほどで乗ることができます。

フェニー
乗り合いタクシー最高かよ!!

みなさんの家族構成によりますが、私は子連れ九份は乗り合いタクシー一択でよいのではないかと思います。

女性二人組が3組ということもあり、とても平和な道中でした。帰りももちろん乗り合いタクシー。

mari
観光地価格のため行きより少し高く1人1,000円だったけど、ホテルまで送ってくれたのでめちゃくちゃラクチンだったよ♪

子連れ九份を楽しむなら午前中~午後早めの時間出発がおすすめ

乗り合いタクシーで45分、あっという間に九份に到着です。運転手さんは帰りもこの辺で待っとくね~と名刺をくれましたが2時間後彼の姿はありませんでした( ;∀;)

他のおじさんに、あいつはさっき台北に戻ったからこの車に乗りな!と新しいドライバーを紹介してもらいました。九份のタクシードライバーはみんな顔見知りなようで、名刺を見せるとすぐLINEで連絡してくれたみたいです(笑)

タクシーを降りると、少し坂道を登ったところに九份の観光スポットの入り口、基山街が見えてきます。狭い路地の両脇に土産物屋や食べ物屋が並び、観光地らしい雰囲気にワクワク。

写真の通り、昼間でもかなり混雑しているので、子連れ旅行の場合はなるべく早い時間に台北を出発することをすすめます!

mari
九份は夕暮れ時~暗くなるまでの時間帯が一番人気だから、その前に来ないと人混みで疲れちゃうと思うよ!

子連れ九份を楽しむなら2~3時間くらい余裕をもってゆっくりしよう

九份はそれほど広くありません。

老街(ラオジエ)と呼ばれる古い町並みをぶらぶらと散歩して、名物の階段で写真を撮り、お土産物屋さんをひやかす程度であれば30分くらいで見終わってしまいます。

しかし冒頭でも述べた通り、坂が多く混雑しているので、途中お茶をして休憩したり時間を気にせずゆっくり散策したほうが気疲れしませんよね?やはり子連れ旅行中は時間に余裕をもってゆったり行動が基本です。

九份に授乳室やおむつ交換台はありませんでした

気になるトイレ情報ですが、授乳室やおむつ交換台は見かけませんでした。

観光バスなどが乗りつける大型駐車場には公衆トイレがありますが、あまりきれいではなさそうなので、食堂やお茶屋さんなどお店のお手洗いを利用したほうがよいでしょう。

台湾では子連れにかなり寛容なのでで、食堂のイスでおむつを替えている家族を何度も見かけました。

mari
日本のレストランは衛生面からNGにしているところがほとんど。これもお国柄ですね。

困ったら店員さんに相談してみてください。ここで替えていいよとスペースを案内してくれるかも!

九份名物グルメは魚のつみれスープの「魚丸湯」と芋団子の「芋圓」

九份にもご当地グルメがあります。魚のつみれスープの「魚丸湯」と芋団子の「芋圓」が代表的。

名物だけあって、あちこちにお店がありました。その他、地元民に人気でよく売れていたのはアイスクレープ!

カラフルな芋圓はタロイモ、さつまいもなど数種類のお芋が入った優しいお味。

mari
私たちは食べなかったけど、めちゃくちゃおいしそうだった!!ピーナッツとアイスクリームを春巻きの皮で巻いてる?!

どこも混んでいるので、すぐに入れる食堂を探すのは結構大変です。有名店に並ぶ余裕はなく、適当に空いているお店でランチ。B級グルメ天国の台湾はどこで食べてもそこそこ美味しいのが嬉しいですね!

ノスタルジックな雰囲気抜群の「九份茶坊」で美味しいお茶をいただく

九份の路地に連なるお土産屋さんや食堂は良くも悪くも少しチープな雰囲気。「九份茶坊」はその中でもひときわ目を引く高級感の漂うお店。とても静かで建物にも歴史を感じます。

どこも人混みで少し疲れたからほっと一休みできる場所。

お茶は茶葉をツボで出され、飲みきれないほど。余った茶葉は持ち帰ることができます。

料金体系はお茶:1種類500元以上、お茶請け:1つ100元+テーブル料が一人100元

烏龍茶のチーズケーキが名物でさっぱりしていて美味しいと評判ですが、私たちはお腹いっぱいだったので次回の楽しみにしておきます!

オーナーが「茶、陶器、絵画」の芸術家だそうで、厳選した芸術品が展示販売されています。

みなちゃんは九份で茶器を買う気満々だったので、一緒にいろいろ物色。

こんなところでお茶をいただくと、何倍も美味しく感じますね。

店員さんはそれほど愛想は良くないです(笑)あもちゃんがいるのがわかるとニッコリ☻

九份といえば!のあの風景は、「阿妹茶酒館」

お土産物屋さんの密集する通りを抜け最初の通りを右折して階段を下ったところに「阿妹茶酒館」があります。

はじめ気づかず通り過ぎて上の方まであがってしまい体力を消耗しました( ;∀;)

天候が悪いにもかかわらず、見事な景色!!

ただし観光客が多すぎて、ゆっくり写真撮影とはいきません。人の波が途切れないのでパパっと隙間をみつけて写真を撮ります。

mari
それでもこの景色を見れたので来てよかった!

頑張って階段を下るとあとはグルっと元来た道に戻るだけ。

また階段を上るのがしんどかったので、ゆっくりお散歩することにしました。

九份で茶器を買うなら「安達窯」がおすすめ

「安達窯」もたまたま見つけたお店ですが、調べてみると1976年創業の陶磁器の名店。今や台湾内外で人気の元祖MIT(Made In Taiwan)ブランドだそう。

みなちゃんも一目ぼれした茶器を1セットお買い上げ。

日本語ホームページもあるようなので気になる方はチェックしてみてくださいね!

九份だけでなく、永康店、中山店もあるので台北市内で購入することも可能です。

他にもいくつかかわいい茶器のお店がありました。近くで見る犬に興味津々のあもちゃん。

子連れだと店員さんが話しかけてくれるのでコミュニケーションの機会が増えますね。

偶然見つけた自動販売機に美味しそうな水出し茶が!日本人に一番人気のある「東方美人」冷たくて美味しい!

店の名前を忘れてしまいましたが、おしゃれカフェでコーヒーブレイク。台湾は空前のカフェブームらしく、台北にもお洒落で美味しいカフェがたくさんできていました。

mari
お茶とパイナップルケーキの組み合わせもいいけど、コーヒーとケーキも捨てがたい(・∀・)

九份へ行く前に天気予報のチェックとレインコートを忘れずに!

九份は雨の多い地域です。九份に向かう前に朝の天気予報はチェックしておきましょう。

山間部ということもあり、天気が変化しやすく天気予報が外れることもあるので折りたたみ傘やレインコート持っていった方が安心です。

mari
といいながら、抱っこ紐だとどちらも不便なので私たちは小雨にそのまま降られました(笑)

坂や階段が多く雨も多くて滑りやすいため、スニーカーなど歩きやすい靴がマストです。赤ちゃんや子供を落っことさないよう十分注意してくださいね!

九份への行き方・アクセス方法

バスと乗り合いタクシーの場所は同じ。

「忠孝復興」駅・2番出口からすぐ。1062番の「金瓜石」行きのバスが出ています。

mari
観光客がたくさんいるからすぐわかると思う!バス停で待ってると乗り合いタクシーのおじさんが声をかけてくるから私たちはそれを利用したよ

※どうやら乗り合いタクシーはグレーな交通手段のようなのでそれぞれ自己責任でお願いします!

4人家族ならホテルから直接タクシーのチャーターもいいと思います。子連れで乗り換えは結構面倒なので快適な旅行を楽しむためケチらずタクシー移動がおすすめです♪

 
▼mariの台湾旅行記▼

 
▼海外旅行におすすめ▼

 

\ブログランキングに参加しています/
記事がお役に立ったらポチッとクリックお願いします(・∀・)
 にほんブログ村 旅行ブログへ