ニューカレドニア

ニューカレドニア旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ徹底解説

人気のビーチリゾートニューカレドニア。

いったいどんな洋服を着ていけばいいの?と悩まれる方も多いはず!

そこで今回はニューカレドニア旅行に行く際にどんな格好をすればいいのかについて、世界一周経験者、旅のプロのわたしが、季節ごと、シーンごとにおすすめの服装をまとめてみました。

この記事はこんな方におすすめ!
  • ニューカレドニアに来ていく洋服がわからない
  • ニューカレドニアのファッションの傾向が知りたい
  • 現地でのマナーがわかならいので不安
mari
mari
マニューカレドニアに行くときの参考になりますように♪

[カレドニアツア]

ニューカレドニアをもっと知る

海外旅行ってどんな服を着れば良いの?

ニューカレドニアは日本ほどはっきりではありませんが四季がある国です。そのためベストな格好は行く時期によって少し変わってきます。

服で荷物を埋めてしまってせっかくのお土産が入らない!なんてことにならないように、事前にチェックしておきましょう。

旅行に必要な洋服の枚数、荷物を増やさずに旅先でもおしゃれを楽しむ方法や避けた方が良い服装など、海外旅行で着る服をぶポイントを紹介しているので、こちらもあわせて読んでみてだくさい♪

海外旅行の服装&コーデ!実際に着まわした洋服と必要枚数徹底解説世界70ヵ国以上訪問した旅ブロガーの筆者が海外旅行に必要な洋服の枚数と、荷物を増やさずに旅先でもおしゃれを楽しむ方法や避けた方が良い服装など、海外旅行で着る服を選ぶポイントをご紹介します!「何を着て行こうか悩む・・」という方はぜひ参考にしてみてください♪...

ニューカレドニアのファッションの傾向

ニューカレドニアはビーチリゾートとして有名で、フランスからの旅行者がかなり多いです(駐在も多いかも)。

そのため、H&MやZARAなど、日本でも有名なヨーロッパのファストファッションブランドや、リゾート系のファッションを着ている人が多く、みなカジュアルにファッションを楽しんでいます。

mari
mari
夏場はかなり暑くなるので、みなさん薄着でノースリーブやハーフパンツを着ています!
ヌメアの市場で売られている服もかなり派手ヌメアの市場で売られている服もかなり派手

帽子、サングラスを利用している人も多いので、しっかり準備していきましょう。

旅行者も現地の人に合わせるべき?

結論から言うと、できる範囲で現地の人の恰好に合わせたほうが良いというのがわたしの考えです。

mari
mari
文化も気候大きく違うので難しい場合もありますが、あまり悪目立ちして犯罪のリスクを高めたくないからです。

日本と同じようなかわいらしい恰好をして旅を楽しみたいのも理解できますが、できるだけカジュアルな服装を選んだ方が無難だと思います。

また、高級レストランなどで食事の予定がある人はスーツやよそ行きのワンピース(ドレスの人もいますが、ワンピースでも大丈夫です)を持って行きましょう!

ニューカレドニアでタブーとされている服装

ニューカレドニアでタブーとされている服装は特にありません。リゾート地なのでわりと開放的で露出の高い恰好をしている人が多いです。

ホテル内のビーチや島で過ごすなら特に気をつけるべきことはありませんが、もしヌメアの中心地など街歩きをするなら女性の場合、露出が高い恰好には少し気を付けたほうがいいかもしれません。

ミニスカートに高いヒール、ばっちりメイクのような恰好をしているとナンパされたり、性犯罪に巻き込まれてしまう可能性も。(男性同伴なら大丈夫です。)

カジノへ行くときはビーサンにTシャツではなく、スマートカジュアルでどうぞ!

ニューカレドニアの季節ごとのおすすめの服装

ニューカレドニアにはゆるやかな四季があります。

mari
mari
日本と季節が真逆のため洋服を新調しにくいです。水着は早めに用意しておきましょう。

季節によって雨量も気温も違うので、事前にチェックを忘れずに♪

ニューカレドニアの気温や降水量をチェック!

ヌメアの平均最高気温と降水量ヌメアの平均最高気温と降水量

ニューカレドニアは亜熱帯気候で、東京と比べ基本的に温暖な気候です。四季はありますが、冬場であってもそれほど冷え込むことはありません。

ニューカレドニアベストシーズンは春(10月~12月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説この記事ではニューカレドニアの「観光に向いている季節」と「旅費が安い季節」の2つの観点からベストシーズンをご紹介します。季節ごとの気温やイベントなどもあわせてご紹介しているので、これから旅行の計画を立てる方はぜひ、参考にしてみてくださいね!...

ニューカレドニアの春の服装(10月・11月・12月)

ニューカレドニアの春は10月~12月で、平均最高気温は26度〜28度平均最低気温は19度〜22度です。

服装は、日本の初夏くらいの気温と考えて大丈夫。夜出歩くなら朝晩は少し冷えるので長袖の羽織ものやパーカーを持っておくと便利

日差しが強くなってくる季節、そろそろ日焼け対策も必要に。海外製品は肌に合わないことがあるので日本から買っていくのがおすすめです。

ニューカレドニアの夏の服装(1月・2月・3月)

ニューカレドニアの夏は1月〜3月まで。日中はかなり日差しが強く30度前後まで気温があがります。

平均最高気温が29度〜30度平均最低気温が22度〜23度

リゾート地ではリゾートワンピやカジュアルで着替えやすい恰好がおすすめ。

この時期の日差しはかなりきついです。日焼け止めは絶対に忘れないで!!海やプールで遊ぶのも楽しい季節ではありますが、熱中症には十分注意してください。

mari
mari
日光が苦手な人は、サングラスを持参することをおすすめします。

ニューカレドニアの秋の服装(4月・5月・6月)

ニューカレドニアの秋は4月〜6月で平均最高気温は24度〜27度平均最低気温は19度〜21度です。

秋といっても前半なら水遊びも十分可能。6月に入ると気温が下がり始めます。

朝夕に備えて羽織ものやパーカーも忘れずに。

ニューカレドニアの冬の服装(7月・8月・9月)

ニューカレドニアの冬は7月〜9月で、平均最高気温は23度から24度平均最低気温は17度〜18と冬でも比較的温暖で過ごしやすい気候が続きます。

個人的には雨も少なくなって過ごしやすい大好きな季節ですが、日本人が海に入るのはちょっと厳しいと思います。

イメージ的には日本の10月くらい。ゆっくりお散歩したり、グルメを楽しんでみてはいかがでしょう。

ニューカレドニアの服装まとめ

ニューカレドニアは四季があり、季節によってビーチが楽しめないこともあります。

夏季はとても暑くなるので熱中症になったり体調を崩したりしないですむよう、しっかり事前準備を心がけましょう!

写真にも残るので、ぜひ旅先でのファッションも楽しんでくださいね♪

あわせて読みたい

すべての記事をみる

 

東京⇔ニューカレドニアの航空券はエアカランが1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!

わたしはエアカランで直行便のチケットをとりました♡好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

イル デ パンで絶対泊まっていただきたいのはル メリディアン!!

ビーチに直接アクセスできるイルデパンNo1リゾート。地元の木や石を使用して建てられたバンガローでのんびりリラックスする時間はまさに至福のひと時!

信じられないほど美しいビーチをぜひ自分の目で確かめてみてください♡

メリディアンの
料金をチェックしてみる


ヌメアのメリディアンも素晴らしいのですが、わたしが選んだのはシャトー ロワイヤル ビーチ リゾート&スパ

キッチン付きで離乳食も作れますし、0歳児でも安心して泊れる素敵なホテルでした♪朝食の時間には小鳥が飛んできて、なんともいえないのんびりした時間を過ごすことができました。

シャトーロワイヤルの
料金をチェックしてみる

ニューカレドニアを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ニューカレドニアで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

離島ツアーが大人気!!

安心の日本語ツアーで
ニューカレドニアを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA