カタール

カタール治安・コロナ危険情報2021年最新!旅ブロガーが教える注意点と6つの安全対策

カタールは日本人にとってあまり馴染みのない国ですが、中東の中でもお金持ちといわれている国家です。

近代的な高層ビルも多く、中東のイメージを覆すような国でもありますが、実際の治安はどうなんだろう・・と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

mari
mari
あまり多くの方が訪れる国ではありませんが、トランジットで立ち寄られる方は一定数いるのかなぁと思います!わたしもその一人でした(笑)

この記事では世界一周経験者、旅のプロのわたしがカタールの実際の治安情報と、絶対注意しておかなければならないことをまとめてみました!

カタール治安の記事を読むとわかること
  • カタールで起こる犯罪手口
  • カタールの危険エリアと安全対策
  • イスラム諸国を旅する上で気を付けたいこと

カタールに行くときの参考になりますように♪

東京⇔カタールの航空券は東南アジア経由が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復7万円のチケットがみつかります。

私はカタール航空で直行便のチケットをとりました♡それほど高くないですし、好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

カタールをもっと知る

旅ブロガーのメインカード
SPGのすごい特典を知る  

カタールの治安について

外務省の安全情報

2021年2月現在、外務省の海外安全ホームページでは危険情報は出ていません。危険レベルは日本と同じレベル0。治安は全般的に良好と言えます。

経済的に安定しているということと、カタール当局が治安対策に力を注いでいることもあり、物乞いや無理な客引きや押し売りなどのトラブルも少ないです。

コロナウィルスに関する情報

下記のグラフは感染者数(赤)死者数(黒)の推移を表しています。

《コロナの影響について》
2021年2月現在、カタールの感染症危険情報レベルは3。渡航中止勧告(感染症)発令中です。

この地域への渡航は中止することをおすすめします。

感染者数が最も多かったのは2020年5月末ごろで、その後は200人前後に抑え込んでいました。しかし2021年に入ってからは400人ほどまで増えてきていて、第二波への警戒を強めています。

上記の理由からレストランやショッピングモール、公共交通機関で収容率及び乗車率の削減と入場規制を実施し、ソーシャルディスタンスが保てるよう徹底されています。

外国人の入国は特別な理由がある場合のみとされているので、観光目的で渡航可能になるのはまだしばらく先と予想されます。

在カタール日本国大使館の「新型コロナウィルス関連情報」が日々更新されているので、渡航の際は必ずチェックしてください。

犯罪データ

経済発展が著しいカタールですが、外国人労働者の人口が急増しています。

しかし、外国人労働者に対しても適切な対応の元で管理しているため、事件や犯罪の発生率が少ないのが特徴です。

一部の不法滞在者による強盗や空き巣、スリなどの犯罪が発生していますが、治安当局による厳しい取締りによって犯罪件数は低く抑えられています。

また、カタールでは大きなテロ事件も起きていませんが、いつどこで起こるかわかりません。最新の治安情報をチェックすることは忘れずに行いましょう。

mari
mari
今のところ、日本人が重大な犯罪に巻き込まれたというデータもありません!

カタールで頻発する犯罪・トラブルの具体的事例

スリ・置き引きに注意

大型ショッピングモールや空港など人が多い場所ではスリや置き引き被害が発生しています。

他の国同様、レストランなどで荷物を椅子の背もたれ部分にかけたり、足元に置いていたりするのはカタールであっても危険な行為です。

治安が良いから大丈夫♪と油断してしまう人に起きやすいので日本と同じような感覚でいるのではなく、最低限の注意は払っておきましょう。

タクシーのボッタくりに注意

カタールのタクシーは、初乗り運賃も安くタクシー会社のコントロール・センターの無線によって集中管理されているので比較的安心して利用できます。

しかし、料金の水増し請求がまったくないという訳ではありません!流しの白タクは利用せず、主要ホテルに常駐しているリムジン・タクシーなどを利用するのがおすすめです。

特にハマド国際空港では、白タクが声をかけてくることがありますが、空港が指定しているタクシー乗り場から乗るようにしましょう。

写真撮影に注意

カタールでは写真撮影を固く禁じられているエリアがあります。

  • 軍事施設
  • 警察察施設
  • 空港
  • 首長府その他政府関係施設

撮影禁止区域でカメラを持っているとカメラを没収されたり、警察に連れていかれることも

また、トラブルを避けるためにもモスクや礼拝している人、女性を撮影することも避けたほうが無難です。

飲酒・たばこの制限に注意

基本的にカタールでは、飲酒や酒類の製造・販売は禁止されています。

ですが、外国人が多く利用する一部ホテル内のレストランやバーにおいては酒類のサービスが受けられます。

たばこは、公共の場で吸うことはできません。ショッピングセンターや映画館、レストランなどでの喫煙は罰金の対象となるので注意しましょう。

フェニー
フェニー
飲酒運転や飲酒によるケンカなどにはかなり厳しい罰が課せられるので、飲みすぎには注意しましょう!

カタールで安全に過ごすために「イスラムの教え」を理解しよう

カタールは治安が良い国ですが、文化・宗教の違いから思わぬところでトラブルに発展することがあります。

イスラム教を国教としているので、かなり日本とは「感覚」が違います。短期の旅行とはいえ、「郷に入っては郷に従え」だと思いますので、具体的な例をご紹介します♪

女性をじろじろ見てはいけない

基本的に女性は人目に触れないようにというのが、イスラム教の考え方。

全身を覆うアバヤと呼ばれる黒いドレに頭にヒジャブと呼ばれるスカーフをかぶり髪の毛を隠しています。

神秘的な雰囲気なのでついつい見つめたり、写真撮影したくなったりするかもしれませんがすべてNG。トラブルを避けるためにもそういった行為は慎むようにしましょう。

女性・男性ともに肌の露出を控える

カタールの人たちは、男女とも肌を隠すような伝統的な服を身に着けています。

女性はミニスカートやホットパンツ、ノースリーブ、へそ出しなど露出の高い服装は控えましょう。

また、これは女性だけではなく男性も膝下がでる半ズボンなどは避けたほうが無難です。

短期旅行者であってもカタールの文化や価値観を守って欲しいという外国人旅行者に対する呼び掛けも行われているそうです。

mari
mari
一部のショッピング・モールでは、監視カメラで不適切な服装をしている人がいないかチェックしている場合もあるんだとか!

イスラム教のならわしに配慮する

モスクなどを見学する方も多いと思いますが、礼拝している人の前を横切ってはいけません

ラマダン(イスラム教の断食月)期間中は、屋外や公共の場所での飲食や喫煙を控えましょう

また、ドーハ市内の一部公園やレストランでは、「家族専用の日」とされた日は男性だけでは入場できない場合があります。そして一部のレストランでは家族専用コーナーなるものが常設されている場合も!

知らないと「どうして??」と疑問に思うことばかりですが、宗教上の理由なので配慮する必要があります。

カタールで犯罪にあわないために気をつけたい6つの安全対策

危険な場所を避ける

上記の危険スポットはもちろん、宿泊先の従業員にこの辺りで危険なスポットはないかどうか聞いてみてください。

最新の情報はやはり実際に住んでいる方から聞くのが一番です。

怖いもの見たさで危険な場所へ立ち入るのは絶対にやめてください。日本とは違うということをお忘れなく!

現金を大量に持ち歩かない

クレジットカード(VISA、MASTERなど)は、ホテルや大都市の専門店、旅行者向けのお土産店で使用可能です。

現地の屋台やローカルマーケットなど、一部の場所で現金しか受け付けないケースもありますが、あまり大量の現金を持ち歩くとスリや強盗犯に目をつけられかねません。

mari
mari
財布から現金を出すちょっとした隙などに、財布の中身を確認してくる輩もいます!

万が一スリや盗難の被害にあった時のために、持ち歩く現金は最低限にしておきましょう。

しつこく話しかけてくる人は無視する

治安の良いカタールですが、物売りやナンパなどは、徹底的に無視しましょう。

こちらの注意を引いて、スリや置き引きを狙っている可能性もあります。

mari
mari
しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。

派手な服装はせず荷物は少なめに

肌を露出するような恰好や派手な服装はNGです。

暑い国なのでノースリーブにショートパンツといったような服装になりたい気持ちにはなりますが、トラブルの元になりますので気を付けましょう。

mari
mari
特に公共の場では、肩から膝までが覆われた控えめな服装で行動するように心掛けましょう。

夜間の一人歩きは避ける

比較的治安の良いカタールですが、夜間の一人歩きは避けるようにしましょう。

人通りの少ない道や薄暗い道にうっかり入ってしまわないよう注意が必要です。遅くなったときはタクシーで移動するようにしましょう。

安全な地域でホテルを予約

カタールは裕福な国なので、高級ホテルも多数あります。

特にドーハの湾岸部には有名高級ホテルが並んでいるので、ラグジュアリーなホテルを選ぶのがおすすめ♪

逆にリーズナブルなホテルはドーハの内陸部に集まっています。

ドーハで人気の
おすすめホテルを探す

カタール旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険

カタール旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。

Wi-Fiレンタルでネット環境を整える

何か困ったことが起きたとき、ネットが使えると安心感が違います。

海外では無料でWi-Fiを使えるスポットもありますが、いざという時のために海外Wi-Fiのレンタルをしておくことをおすすめします!

友達がスリにあった時、ネットが使えて本当に助かりました・・・。道に迷ったり、危険情報をチェックするためにもネット環境を整えることはとても大切です。

海外WiFiレンタル
グローバルWi-Fiをみてみる

関連記事 カタールで海外ポケットWiFiレンタルを選ぶ際の注意点とおすすめ商品

海外旅行保険でいざという時に備える

実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。

何も起こらなければ良いのですが、海外では何が起こるかわかりません。万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょう!

毎回入るのが面倒な人には海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがおすすめですよ♪わたしが愛用しているメインカードはアメックスのSPGカード

補償が手厚い上にマイルもたくさんたまるので、できればゴールドカード以上のクレカを1枚持っておくと本当に重宝します。空港から自宅まで無料ででスーツケースの宅配ができるのも神!!

とはいえ年会費が高いのでなかなか思い切りが必要かも・・・。そんな人におすすめなのが年会費永久無料のエポスカード

エポスカードはなんと年会費無料で海外旅行保険が自動付帯*されています!年会費無料のクレジットカードの中でも補償額が高く旅好きなら絶対持っておくべき1枚。

ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のことです。※付帯のタイプとしては「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯だと保証を受けるのに条件があるので注意が必要です。

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能
エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

クレカを作りたくない、または事情があって作れない人は通常の海外旅行保険でも全く問題ありません。

カタールの治安まとめ

まだまだ「カタール」の知名度は高くありませんが、治安が良く、中東の雰囲気を味わうのにぴったりの国です。

かなり日本とは文化が違うので戸惑うかもしれませんが、イスラム教を尊重してルールを守れば大丈夫!

mari
mari
安全にカタール旅行を楽しんできてくださいね♡

カタールをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔カタールの航空券は東南アジア経由が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復7万円のチケットがみつかります。

私はカタール航空で直行便のチケットをとりました♡それほど高くないですし、好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

ドーハおすすめホテル

ドーハでぜひ泊まっていただきたいのが バナナ アイランド リゾート ドーハ バイ アナンタラ!!

ドーハでまさかリゾートに滞在できるなんて想像できなかったと思います。

フェリーでたった20分。アラビアデザインでゴージャスなアナンタラは想像を遥かに超える素晴らしホテル。

子供用のCool Mintキッズクラブ、Peppermintティーンクラブでは、様々なおもちゃやインタラクティブなゲームが用意されていて、ファミリーにもおすすめ!

ドーハの滞在を素敵にグレードアップさせちゃいましょう♡

アナンタラの
料金をチェックしてみる

カタールを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

カタールで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

デザートサファリが大人気!!

安心の英語ツアーで
カタールを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も英語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA