スペイン Spain

スペインの物価を徹底分析!旅行前に知っておきたい6つの価格《食事・ホテル代・乗り物等》

フランスやイギリスといったヨーロッパの他の国と比較すると物価が安いことで知られるスペイン。実際のところ物価は日本と比べて何がどれくらい違うのか気になりませんか?

スペインの物価は、日本(東京)と比較するとだいたい半分くらいです。

え?と驚く安さのものもありますし、バルセロナの観光スポットど真ん中のレストランは日本よりも高かったり・・・。

今回は、そんなスペインの物価について、物のカテゴリー別に調べてみました。これからスペインに訪れる方はぜひ参考にしてみてください♪

スペインの物価は『日本の半分』くらい

スペインの物価は日本の約半分と言われていますが、住む街や都市、生活用品や食材によって変わる部分もかなりあります。

そんなスペインの物価について説明していきます。

スペインのホテル宿泊費の目安

旅行で訪れるなら絶対知っておきたいのがホテルの宿泊代の目安!

バルセロナの3つ星ホテルなら平均で1泊あたり¥17,729、4つ星ホテルなら1泊あたり¥22,451が必要となります。

特別な滞在が希望なら、1泊あたり平均¥42,717でバルセロナの5つ星ホテルに泊まることも。

mari
mari
ホテルのランクによって平均値段が変わりますが、日本より少し安いくらいですね。
  • 3つ星ホテル:17,000円前後
  • 4つ星ホテル:20,000円前後~
  • 5つ星ホテル:40,000前後~
  • ホステル:1,800~4,000円前後

スペインの食事・レストランの物価


スペインに来たら本場のパエリア!

誰もが想像するスペイン料理、パエリア。パエリアは2人以上でないと注文できないこともあるので要注意。一皿約18ユーロ(約2,100円)。

スペインの外食は基本的に高めです。

その時の為替レートによって価格は前後しますが、お昼ご飯はどこのお店でもランチメニューがあり、12ユーロ(約1,400円)程で食べることができます。

メニューはフルコースでスープやサラダの前菜、メインの肉や魚、パンとデザートがついてきます。

場所によって料金に飲み物代や食後のコーヒーも含まれていることがあるので、注文前に確認しておきたいですね!

カタルーニャ地方は創作料理のレストランが多く、飾り付けもおしゃれ

ディナーもメインは約10〜15ユーロ(約1,170〜1,755円)。

同じ国内でも都市によって物価は変わり、大都市のマドリードやバルセロナは他の都市と比べると値上がりします。

mari
mari
レストランでの食事は日本と比較すると少し高いくらい。

小腹が空いた時に食べたいB級グルメは南米料理!エンパナーダという包み焼きはお腹に溜まるので男性にもおすすめ。

南米はスペイン語が公用語なのでスペインに移住する人が多く、いたるところでエスニック料理を見かけます。新しいお店を見つけるのも楽しみの一つです。

25cm弱の包み揚げは2.5ユーロ(約292円)で食べることができます。


ベネズエラ・エンパナーダ

だいたい飲み物とセットで4ユーロ(約470円)なので、レストランと比較するとかなり安い。

本場ラティーノが作っているので食べ応え抜群でとても美味しいです!お店によって味が違うので、色々食べ比べしてみるのも楽しいですね♪

チップの習慣はあまりありませんが、特別親切な対応をしてもらったり、ご飯が美味しかった場合には食事代の10%ほどを置いておきましょう。

  • ファーストフード店:300~500円程度
  • カジュアルなレストランで一食:700~1,000円程度
  • 中級程度のレストランやコース料理:1,500~2,500円程度

スペインの食料品・飲料・お菓子の物価

スーパーやコンビニは旅行者にとっても強い味方!大袋のお菓子や、調味料などをお土産にするのも楽しいですよね♪

スペインのスーパーで見てきた価格をご紹介します。

水・お茶・ジュースなどの飲料

1.5Lのミネラルウォーターは、0.4ユーロ〜1ユーロ(約50円〜約120円)で、値段は買い物をする場所によって大きく変わります。

1.5Lのジュース、コーラは1ユーロ〜1.8ユーロ(約120円〜約210円)で日本より若干安いくらい⁉︎

牛乳は1Lあたり0.7ユーロ(約82円)と日本よりかなり安いです。含脂肪量に差があるので、よく見て買いましょう!

  • 水(1.5L):0.4ユーロ〜1ユーロ(約50円〜約120円)
  • ジュース・炭酸飲料:1ユーロ〜1.8ユーロ(約120円〜約210円)
  • 牛乳:0.7ユーロ(約80円)

ビールなどのアルコール類

スペインの物価の中で、アルコールは値段が安い部類に入ります。

というのも、スペイン人の一人当たりのアルコール消費量は常に他のヨーロッパの国々を勝り、低価格で購入することができます。

スーパーでは250mlの缶が約0.7ユーロ(約80円)で買えるところを見ると飲まずにはいられませんよね。

レストランやバーでビールを頼むと500mlは2.5ユーロ〜3ユーロ、1Lが5ユーロです。スーパーに行って飲める分だけビール缶を買ってホテルで飲むのも楽しいですよ。

パックで買うとさらにお買い得なスペイン産のビール

ハイネケン 0.64ユーロ/1缶(約75円)やコロナ 1.3ユーロ/335mlの瓶(約150円)といった輸入ビールも安く手に入れることができます。

ワインは生産量が多いため安いものであれば1.5ユーロ(約180円)から買えてしまいます。多くの店でたくさん種類が揃えてあるので、予算と好みと相談しましょう。

  • コロナ:6本あたり7ユーロ(約850円)
  • ハイネケン:1本あたり1.1ユーロ(約130円)
  • スペインの銘柄のビール:1缶あたり0.7ユーロ〜1ユーロ(約80円〜約120円)

お菓子

スペインではヨーロッパ中のチョコレートが手に入ります。


イースターの時期はかわいいデザインのチョコがたくさん!
世界中で有名なドイツのチョコレート・Milkaの板チョコは約1ユーロ(約117円)。

スペインのチョコレートメーカーであるValorのチョコレートは1つ125gの板チョコが約1.9ユーロ (約223円)。国産のチョコの方が高かったりするのでびっくりですね。

商業船 ガレオン船を駆使し植民地南米からカカオ豆がバルセロナ港に届けられていた歴史があり、スペイン人にとってはチョコレートはとても大事な食べ物です。各地でチョコレート博物館や工場があり見学に行くのも楽しいですよ。

ナッツ類は量り売りのところもありますが、だいたいがパックされた状態で販売しています。クルミは200gあたり約2.8ユーロ(約330円)、アーモンドは200gで約2.5ユーロ(約290円)程。

ポテトチップスなどのスナックは、アメリカの会社Lay’sの普通サイズで1.35ユーロ(約160円)。

  • チョコレート菓子:板チョコ1枚1ユーロ(約120円)
  • ナッツ類:200gあたり3ユーロ程(約350円)
  • ポテトチップス:Lay’s・1.35ユーロ(約160円)

生鮮食品

短期の旅行だとなかなか購入する機会はないかもしれませんが、生鮮食品の値段もご紹介します。


スペイン・スーパー内の生ハム売り場はとても魅力的
豚肉の塊が1Kgあたり6ユーロ(約700円)、ハムが450gあたり3ユーロ(約350円)、国産肉100%のソーセージが1Kgあたり3ユーロ(約350円)です。

たいてい表示は全て1kgあたりの値段です。

あもちゃん
あもちゃん
スペインは養豚も盛んで生ハムはほぼ国内産!その場で薄さをチェックしながら切ってくれるサービスもあります

卵は、安いもので12個で約1.3ユーロ(約150円)~。

また、魚は地域によって種類に大きく差ができます。バルセロナなど港に面した都市は種類も豊富でマグロが安く手に入り、100gあたり約1.2ユーロです。

野菜や果物も量り売りです。

手で触って好きな量だけ買えるので合理的ですよね。そのため傷みやすいバナナ等は欲しい分をちぎって袋に入れて計測してみましょう。

トマトは1Kgあたり1.3ユーロ(約152円)、玉ねぎ、ジャガイモは1Kgあたり0.8〜0.9ユーロ(約100円前後)といい値段です。

りんご、バナナは季節によりますが、大体1Kgあたり約1.3ユーロ(約152円)

  • 豚肉:6ユーロ(約700円)
  • 国産ソーセージ:3ユーロ(約350円)
  • 卵12個:1.3ユーロ(約150円)
  • トマト:1.3ユーロ(約150円)
  • キャベツ:1.5ユーロ(約170円)
  • りんご:1.3ユーロ(約150円)
  • バナナ:1.3ユーロ(約150円)

※卵以外1Kgあたりの値段

乳製品

スペインは乳製品の種類が多く日本と比較するととても安い!チーズコーナーに行くと販売商品一覧がずらっと並んでいます。

モッツァレラチーズは1袋0.8ユーロ(約90円)、クリームチーズは1箱300g1ユーロ(約120円)、ゴーダチーズは450gあたり2.6ユーロ(約300円)と、品質も良く日本の生活からは想像しにくい安さのものがたくさんあります!

バターは200gあたり1.35ユーロ(約160円)、生クリームは600gで1.34ユーロ(約160円)。

さらにヨーグルトは400gを0.5ユーロ(約60円)。こんなに安いのにとても美味しいですよ♪

  • モッツァレラチーズ:0.8ユーロ(約90円)
  • クリームチーズ:300g・1ユーロ(約120円)
  • ゴーダチーズ:450g・2.6ユーロ(約300円)
  • バター:200g・1.35ユーロ(約160円)
  • 生クリーム:600g・1.34ユーロ(約160円)
  • ヨーグルト:400g・0.5ユーロ(約60円)

スペインの人気お土産の物価

ブボバルセロナ

東京の表参道にも店舗を構える、ブボ・バルセロナ。ここでは金賞を受賞した世界一のチョコレートケーキが食べれます。

お土産の定番・マカダミアナッツ入りのチョコレートはスーツケースの場所を取らないので絶対に手に入れておきましょう。大体3.5ユーロ〜8ユーロ(約400円〜約930円)の商品が多いです。

スペインの公共交通機関・タクシー料金の物価

トラム・バス

都市によって料金に差が出てくるかと思いますが、バルセロナはメトロ・トラム、バスの値段が一緒です。違いは路線だけ。

同じ市内であればどこまで行っても2.2ユーロ(約250円)!

バスに乗車したらまず最初に運転手さんにお金を渡し、レシートのような薄いチケットを受け取りましょう。トラムに乗るときは事前にチケットを買う必要があります。切符は駅にある自動券売機から購入できるので、言語設定を英語にして挑戦してみましょう。

あもちゃん
あもちゃん
降車時は何もしなくていいので、とっても簡単♪

鉄道

スペインの鉄道は都市と都市を結ぶ交通手段。メジャーなのはマドリード↔︎バルセロナの王道区間です。

値段は現地で生活をしていると他の物価と比べて高いなと感じることが多いかもしれません。

  • マドリード↔︎バルセロナが2等車で108ユーロ(約12,500円)、1等車で182ユーロ(約21,294円)
  • バルセロナ↔︎バレンシアが2等車で45.4ユーロ(約5,300円)、1等車で74.6ユーロ(約8,700円)

早めに旅程が決まっている場合は早割がお得。航空券と異なり、空席さえあれば1日前であっても早割が適応に!

半額以下で買えることも珍しくないので、鉄道旅行をする際は早めに料金をチェックするようにしましょう。

電車内ではチケットを買うことができず、検札の際に提示できないと罰金を取られることがあります。

また新幹線AVEは乗車時間の2分前まで手荷物チェックをするという厳しいルールが設定されているので、余裕を持って到着するように!

タクシー

スペインのタクシーは都市によって初乗り料金が変わります。

都市名平日20時までの初乗り料金
マドリード2.5ユーロ(約290円)
バルセロナ2.2ユーロ(約260円)
セビリア1.33ユーロ(約160円)

日本に比べると初乗り料金からしてかなり安いですよね!ただ都市と乗車時間や日にちによって、金額が変動します。行き先を伝えた後に値段を聞いた方が後々にトラブルも減るかと思います。

都市名週末の初乗り料金
マドリード3.1ユーロ(約360円)
バルセロナ2.2ユーロ(約260円)
セビリア1.62ユーロ(約190円)

スペインの有名観光スポットの料金目安

カサ・バトリョ

ガウディ建築の一つ、カサ・バトリョ 。バルセロナの目抜き通りの一つグラシア通りに面していて同じガウディ作品である、カサ・ミラと合わせて回ることができます。

入場料は大人29ユーロ(約3,400円)、オンライン購入の場合4ユーロ(約450円)安くなります。

サグラダ・ファミリア

バルセロナ サクラダファミリアバルセロナ サクラダファミリア

数年前に日本人に人気がある観光スポットの1位に輝いたサグラダ・ファミリア。

団体入場でない限り、基本入場料は2種類あります。一つはオーディオガイド付きの入場券。大人17ユーロ(約2,000円)。

エレベーターで塔に登りたい場合は入場券とセットで大人32ユーロ(約3,750円)。

その他にも、ガイド付きのツアーがあったり他のガウディの関連施設に入れるセット料金等があります。

あもちゃん
あもちゃん
やっぱりガウディ建築は人気なだけあってかなり高いですね・・・!!

プラド美術館

世界三大美術館のひとつにも数えられるプラド美術館の入場料は大人15ユーロ(約1,800円)、シニア7.5ユーロ(880円)、18歳以下は無料です。

パセオ・デル・アルデ・カード(プラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、ティッセン・ボルネミッサ美術館の入場券セット)は29.6ユーロ(約3,500円)なのでピカソのゲルニカも見るならセットの方がいいかもしれません。

スペインの物価 まとめ

スペインの物価は日本に比べかなり安いものもあれば、さほど変わらないものもあります。

日本より高いことはほとんどないので、年ごとに多様な文化を持つスペインならではの雰囲気もお手軽の楽しむことができます♪

スペイン現地でのお買い物にはクレジットカードと現金の両方が必要。

私のおすすめメインカードはANAのワイドゴールドカード。マイルがたくさん貯まるので重宝しています。年会費無料がよければ海外旅行保険がついてくるエポスカードが最強ですよ!

東京⇔スペインの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きなら サプライスで一括検索がおすすめ!!往復たった6万円のチケットが見つかることも・・・。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!フライト時間が長いので私は中東・ヨーロッパ経由が好きです。

公式リンク サプライスでスペイン行きの格安航空券をみてみる

すべての記事をみる

 

バルセロナおすすめホテル

バルセロナの人気No1高級ホテルがホテル ザ セラス(Hotel The Serras)!!

モダンで清潔なホテルは日本人にもピッタリです。トリップアドバイザーでも常にランキング上位の理由はなんといってもスタッフのホスピタリティ。

屋上テラスがとても素敵で、バルセロナの夜をたっぷり堪能できますよ!

ホテルザセラスの
料金をチェックしてみる

少しリーズナブルがお好みならサグラダファミリア正面のエア ホテル ロセリョン(Ayre Hotel Rosellón)がヤバイです。信じられない景観で大満足できること間違いなし!

子連れスペイン基本情報!旅行前に読みたい情報全てまとめました(観光・ビザ・治安・物価)日本人に大人気のスペイン。私もバルセロナは大好きな街です! スペインは州ごとにまったく違った魅力があり、旅行先として根強い人気があ...
スペインを楽しむならMyBusを使わなきゃ損!

スペインで観光地を満喫するなら
MyBusで現地ツアーを手配しよう!

サグラダファミリア・世界遺産トレド観光が大人気

安心のJTB現地ツアーで
スペインを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

MyBus公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA