海外旅行Tips

旅ブロガー厳選!海外旅行におすすめの人気ベビーカーベスト3

旅行が大好きで妊娠中海外旅行に出られずウズウズしていたわたし。

娘がすくすく育って安定してきた生後5か月の春に初めて海外旅行へ行ってきました。

それから約1年半の間に子連れ海外旅行は計9回。その後もドンドン渡航を重ね3歳で28ヵ国も経験するトラベルベイビーに(笑)

そんな旅行経験豊富な旅のプロのわたしが子連れ海外にベビーカーが必要かどうか、詳しく解説したいと思います♪

この記事を読むとわかること
  • 子連れ海外にベビーカーが必要な理由
  • ベビーカーを持っていくメリット・デメリット
  • おすすめベビーカー

あわせて読みたい

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

子連れ海外旅行にベビーカーが必要な理由

結論からいうと海外旅行にベビーカーは必要です!!

日本でも同様ですが、赤ちゃんや子供は突然眠ってしまいます。

眠った後の子供をずーーっと抱っこしながら歩くのはかなりの重労働・・・。

mari
mari
行先にかかわらず迷わずベビーカーを持っていくことをおすすめします。

1歳娘の海外渡航歴

  • 生後5か月 ニューカレドニア 
  • 生後7ヵ月 デンマーク・スウェーデン・フィンランド・エストニア・ラトビア・ロシア
  • 生後11か月 韓国(チェジュ)
  • 1歳1ヶ月 台湾
  • 1歳2ヶ月 香港・バリ
  • 1歳4ヵ月 ニュージーランド
  • 1歳6ヵ月 タイ・ラオス
  • 1歳9か月 パプアニューギニア・ソロモン諸島
  • 1歳10か月 メキシコ・キューバ

上記の渡航先の中で台湾だけベビーカーなしだったけど結構大変でした(;’∀’)

2歳娘の海外渡航歴

その後も渡航を重ね・・・現在は24ヵ国になりました♪

  • 2歳1ヵ月 シンガポール
  • 2歳6ヵ月 アメリカ(NYC)・アルゼンチン・ブラジル・ドイツ・ポーランド
  • 2歳10ヶ月 バリ

ワンオペだとベビーカー持つのつらいかもしれないけど、やっぱりあったほうがいいと思う。

初めての子連れ海外旅行で悩んだベビーカー

初めての海外は5か月の娘とのニューカレドニア。しかもイクメン夫不在で、わたしと母と女3人旅行。

前日までめちゃくちゃ悩んだのが「ベビーカー」を持っていくかどうか・・・。

mari
mari
うちはベビーバギーだから大きいのよね。持っていくと荷物になるしどうしよう。。

ネットで色々調べたのですが、「いらない派」と「いる派」真っ二つに意見がわかれていてさらに混乱(笑)

ベビーカーいる派の意見

  • 旅行中は歩く時間が長いので、抱っこで歩くのは体力的にきつい
  • 荷物なども置けるので便利

ベビーカーいらない派の意見

  • 日本のように道が舗装されていないため凸凹で使いにくい
  • お金持ちだと思われて、スリや強盗などにねらわれやすい
  • そもそもめっちゃ荷物になって邪魔(大変)

いらない派の意見をみると、治安の悪い国や貧しい国では日本人が持つような高級ベビーカーは避けたほうが良さそうということがわかりました。

リゾートですし、大きな移動もないので使い勝手を含めて持っていくことにしましたよ~!

実際現地で使ってみた感想

  • ベビーカーはレストランで食事中に寝かせることができたので便利
  • 雨が降ったときは面倒なので抱っこ紐で対応したのと、運ぶ途中で汚れたり傷んだりするのがデメリット

20ヵ国以上でベビーカーを使ってみた感想

初めての海外でドキドキ不安だったのも過去のこと。海外渡航ももうすぐ20回となると完全に子連れ旅行に慣れてきました。

昔のわたしにこう言いたい・・・

「ベビーカーは絶対あったほうがいいよ・・・」って

実際体験した後に感じたベビーカーを持っていくメリット・デメリット

ベビーカーが向いていない国は確かに結構あります!

  • ヨーロッパの石畳
  • 東南アジアのでこぼこ道
  • 台湾九份のような坂道・階段道

道が悪い国ではサポート的に使い、階段が多い場所ではホテルに置きっぱなしなこともありました。

メリット

結局ラク!眠った時はもちろん、疲れてキビキビ歩いてくれない時、荷物が多い時もベビーカーに載せればラクチン♪

たとえ現地であまり使わなかったとしても、空港に行くまで、現地のショッピングモール、観光スポット、レストランでベビーカーがあってよかったなぁと思った場面は多々ありました。

普段からベビーカーがなくてもよく歩くという家庭以外では結局あまり使わなくてもとりあえず持っていくことをおすすめしたいと思います!

あとは空港までも車移動、現地でも車移動なら必要ないかも

mari
mari
台湾・ソウルだと百貨店やモール内でベビーカーが借りられることもあるので行先を要チェック!
あもちゃん
あもちゃん
現地であまり使えないなら持っていきたくないという人はヨーロッパ・東南アジアは避けた方がベター!

デメリット

デメリットももちろんあります。

先日のキューバではベビーカーがなかなか出てこず、ベビーカーのためだけに30分以上荷物が出てくるの待ちました。

空港ではベビーカーはスーツケースと別の場所から出てくることが多いので、一瞬「え?なくなった?」と不安になることも(笑)

そして一番のデメリットは汚れたり壊れたりすることですね!わたしたちも壊れるのが嫌で旅行用の軽いベビーカーを購入しました。

壊れたら海外旅行保険でカバーできるので、むしろ買い替えのチャンスだったり(笑)

関連記事海外旅行保険は絶対必須!無料で作れるクレジットカードでもOK
関連記事旅の達人が選ぶ年会費無料で海外旅行保険付きのおすすめクレジットカード

海外旅行におすすめのベビーカーベスト3(コンパクト重視なら)

機内持ち込み可最小サイズの「ポキットプラス」

え、こんな小さいベビーカーあるの?と驚くほどコンパクト!

航空会社によりますが、このタイプのベビーカーを機内持ち込みしているママもよく見かけるので一度エアラインに確認してみて♪

海外旅行ではこれでしょう!といって良いほど大人気の商品です。

アップリカ軽量の「マジカルエアー」

旅行の時はなんだかんだといって軽いのが助かります。ちょっとした階段や電車での乗り降りなど大きくて思いベビーカーは不便ですよね。

慣れない場所だからこそ、簡単に持ち運びできるタイプを選びましょう!

紫外線97%カットしてくれる日よけもありがたい♪

格安ベビーカー「ヤトミ」のバギー

ヤトミでも西松屋でも良いのですが、質は目をつぶって格安のセカンドカーを用意するのも手です。

5,000円前後で購入し、壊れたら諦めるくらいの気持ちでいた方が安心かもしれません(笑)

子供が3人いてしょっちゅう海外旅行に行くママ友は、現地で買って捨てて帰ってくると言ってました( ゚Д゚)

このエピソードは強烈ですが、子連れ旅行ではとにかくストレスを減らすことが大切です♪

海外旅行におすすめのベビーカーはバギータイプ

とにかく持ち運びしやすいベビーカーを3つ紹介してみましたが、娘が3歳まで色々な国に行ってみた結果わたしの中では重くてもバギータイプがいいのでは・・・?

というひとつの結論が出ました。

もし現地で結構ベビーカーを活用したいと思うなら、走行がしっかりとしたバギーがおすすめです。

我が家は新生児の頃から今までずっとエアバギーを使ってます。ヨーロッパでもアジアでもやはり走行性抜群!!

車移動がメインの場合、スマートタイプがとても便利だったのですが、道が悪いと運転しづらくイライラ。

多くの方が子供と旅行する場合大人2名以上と一緒だと思うので、荷物に余裕があれば大きなベビーカーもぜひ検討していただきたいです!!

《軽量タイプでもいいかなと思う都市》
ハワイ・グアム・シンガポール・ビーチリゾート

《軽量タイプだと不安な都市》
ヨーロッパ各国・シンガポール以外の東南アジア・シティ観光

海外旅行ベビーカーまとめ

ベビーカーについてはかなり意見がわかれることもあり、色々不安が大きいと思います。

まずは普段のお子さんの様子に目をむけ、日ごろ全くベビーカーを使っていないのなら必要ないかもしれませんし、ベビーカーが好きなら必ず用意しておいた方がいいです。

mari
mari
日本だと大丈夫だけど、空港やホテルで必ずしもレンタルできるとは限りません。

用意しておいてよかったな~というシチュエーションの方が多かったのでわたしのおすすめは「持っていく!」です。

そして海外の道をベビーカーを押して歩きたいなら、できるだけしっかりしたベビーカーをおすすめします。

  • 空港・ショッピングモールメイン→軽量なベビーカー
  • 街歩きメイン→圧倒的にバギーがおすすめ

家族で素敵な思い出ができますように♪

子連れ旅のプロが伝授!どこよりも詳しいはじめての子連れ海外旅行徹底ガイド出産前は海外旅行に行き慣れていた方ですら子供が生まれると一気に海外旅行のハードルは上がってしまいます。 この記事では子連れ旅の達人...

あわせて読みたい

マイルを貯めて世界一周!

旅が好きすぎて毎月海外旅行!
お金がなくてもマイルを貯めれば
無料で海外旅行に行けちゃいます

なんと!!マイルを使って
家族で世界一周を実現しました♪

一緒にマイルを貯めて家族旅行!

気になる方は今すぐチェック☆

初心者のための
マイル講座

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA