海外旅行保険が無料!年会費無料のクレカ公開
Taiwan台湾

台湾の夜といえば『夜市』で決まり!楽しみ方や注意すべき6つのこと

台湾は本当に夜が楽しい街!今回の台湾旅行では、「士林」「饒河街」と二つの夜市を楽しんできました。

夜市は遅くまでやっているので、ホテルに帰るのがついつい遅くなってしまいますが、ショッピングもグルメも大満足♪

今回はそんな夜市の楽しみ方や注意点などをご紹介していきます!

mari
mari
これから夜市に行かれる方は、ぜひ参考にしてみてください!


台湾夜市の見どころ雰囲気

饒河街観光夜市饒河街観光夜市

夜市とはその名の通り、夜間に開かれる市場のこと。

日本でいう市場というよりは、まるで夏祭りのよう!食べ物の屋台から金魚すくい、射的などゲームの屋台や衣料品、お土産など様々なものを取り扱うお店まで様々な種類のお店が出店しています。

観光客もたくさん訪れている場所ですが、外食の多い台湾人も夜な夜な集まって夕食を食べたり、 買い物を楽しんだりしているようですよ!

基本的には年中無休で開催されているので、年中お祭りが楽しめるようなイメージ

さらに、台北だけでも25カ所以上はあるので、タイトなスケジュールでもきっとどこかの夜市には寄れるはず!

mari
mari
値段の高いものはあまりなく、ローカルな雰囲気をめいいっぱい楽しめるのが魅力です♪

台湾夜市の楽しみ方

夜市は昼間の商店街やお店などとはちょっと違う雰囲気。

活気の良い夜市は何か特別な目的がなくても、行きかう人たちの楽しそうな様子にわくわくしてしまうような場所です♪

ぶらぶらするだけでも台湾のローカルな雰囲気を味わうことができるので、台湾へ旅行するなら1度は覗いてみて欲しい場所でもあります。

そして、夜市と言えばおいしいモノ!

饒河街観光夜市饒河街観光夜市

ですが、テーブルやいすが用意されているお店はそう多くはありません。ゆっくりと食事をとりたい方には不向きの環境ですが、B級グルメをほおばりながら、縁日のような雰囲気を楽しむことができます!

そんな雰囲気が魅力の台湾の夜市ですが、はっきり言って潔癖症の方は苦手に感じる部分もあるかもしれません。

夜市自体の衛生面は以前と比べてかなり良くなってきているいものの、汚水が道のわきに捨てられていたり、食べ物を扱う店でも犬や猫などの動物がすぐ近くで寝ていたりします。

フェニー
フェニー
台湾は日本と近い国ではありますが、やはり衛生面はけっこう違いがあるかも・・。

mari
mari
気になる方は、きれいなお店で食事をとったり買い物するのがおすすめです。

夜市で注意しておくべきこと6つ!

楽しい夜市の散策。

より夜市を楽しむために、覚えておくと便利なことをご紹介します!

①スリには十分気を付けるべし!

士林夜市でショッピング士林夜市でショッピング

夜市は多くの人で混雑しています。私たちは日曜日に台北最大級の夜市「士林夜市」に行きましたが、人・人・人の嵐です!!(笑)

他の人たちも立ち止まりながら、いろんな屋台を見て回るので人の動きも早くはありません。

至近距離に知らない人がいるという環境に慣れてくると、つい警戒心が薄くなってしまいますが、貴重品は肌身離さず持っていましょう。財布をポケットにいれるのはNGです!

②支払は現金が基本!

夜市の屋台はほとんどクレジットカードが使えません。基本的に現金払いになるので、TWDの用意は忘れずに。

とはいえ、夜市で高い買い物は滅多にないと思いますので、高額の紙幣を持ち歩く必要はありませんよ!

③トイレの位置を把握しておこう!

夜市によっては、夜市自体にトイレが見当たらない場合も。

私たちが訪れた饒河街観光夜市では、市場のトイレというものは見かけませんでした。

ほとんどの方が地下鉄の駅のトイレを利用しているようです。士林夜市には、夜市専用のトイレがあり大きな看板も出ているのでわかりやすいかと思います。

士林夜市のトイレの案内板はすごく目立ってた(笑)

士林夜市のトイレ案内看板士林夜市のトイレ案内看板

と、このように夜市によってトイレ事情はさまざま

タピオカミルクティーやかき氷など水分の多いものを取る機会が多いと思うので、トイレを見かけたら場所を覚えておくと良いかも!

④ゴミ箱があまりない!

食べ歩きが醍醐味でもある夜市。ですが、あちこちにゴミ箱があるわけではありません。

お店の前で食べれば、お店の方に食べ終わったゴミを渡しても良いと思いますが、歩きながらだとそのようには行きませんよね・・。

なので、コンビニの袋くらいのゴミ袋を持参しておくと便利かも!

mari
mari
実際に食べ終わった後のゴミがとても邪魔で困ったので、ゴミ袋を持って行くべきだったと反省しました・・。

そのままゴミを片手にお土産を見るのはツラかったので、次回はゴミ袋を持参しようと思っています!

⑤ウェットティッシュがあると便利

饒河街観光夜市饒河街観光夜市

旅行に行く時は、ウェットティッシュを持ち歩く方も多いと思います。

夜市は食べ歩きが楽しいので、ウェットティッシュは絶対あったほうが便利!

お店によっては、座ってて食べられるテーブルといすがある場合もありますが、結構汚いことが多いです(笑)手をふくだけなく、テーブルなどが汚れていた場合にも自分でサッときれいにできるので、携帯用のウェットティッシュは持参しておくのがおすすめです。

⑥お酒がほとんど売っていない!

日本のお祭りのイメージだと、生ビールがどこでも売られている感じがしますが、台湾の夜市はアルコール類がほとんど見当たりません

おつまみに最適なものはたくさん売っているので、お酒が飲みたい方はあらかじめコンビニで買っていくのがおすすめです!

私たちが訪れた饒河街観光夜市は、いくつかのお店でアルコール類が売られていましたが、決して多くはありませんでした。

饒河街観光夜市饒河街観光夜市

ガイドブックなどでも、饒河街観光夜市には缶ビールが売っていると書かれていますが、数はあまり多くなかったと思います。

おそらく購入すると、奥から冷えたものを持ってきてくれるのでは、、と思いますが店の前に何となく置いてある感じでした(笑)

台湾はとにかく夜が楽しい!

台湾の夜は毎日お祭りのよう♪

観光に欠かせないスポットではありますが、夜市は台湾の人たちの生活を垣間見ることのできる場所でもあります。

スリや衛生面などに気を配り、楽しい夜を過ごしてくださいね!