服を買うなら台北の激安問屋街「五分埔商圏」でショッピング!ベビー服・子供服あり♪




日本人にも大人気、中山国小駅の近くにある「黄記魯肉飯」を食べに行った帰り、近くの晴光市場であもちゃん用のかわいいアウターを見つけました。2枚でなんと900円!

もしかして台湾で子供服を買うとめっちゃ安いかも!?そう思い立ってGoogleで調べたところこちらの問屋街を発見!






台北の激安洋服問屋街「五分埔商圏」はメンズ・レディース・子供服が全てそろった買い物天国

「五分埔服飾広場」は台湾で最大の服飾問屋街!地元の台湾人をはじめ、観光客、ショップバイヤーたちにも大人気スポットです。

mari
五分埔について書いてるブログはいくつか見かけたけど、子供服について書いている人は全然いなかったので写真を載せておくね♪

お店の中は写真撮影禁止の場合もあるので、注意(・∀・)!問屋さんなので値段あまり知られたくないという背景があるみたいですね。

アジアの洋服は「安いけど品質が悪くデザインもダサめ」な印象がありましたがここ数年でめっきり印象が変わりました。日本で売られている洋服もメイドインチャイナ、ベトナム、バングラデシュなど外国で作られているものも多いので当然かもしれません。

海外でショッピングのレベルが上がるのは嬉しいのですが、どこに行っても日本と同じようなものが売っているのはちょっぴり寂しくもあります。

入り口付近には子供服のお店がいくつも立ち並んでいます。全部買いたくなるほど可愛い洋服がいっぱい!!

肝心のお値段ですが、ものすごく安いと言うわけではなくデザインや品質が高いものはそこそこなお値段でした。

mari
西松屋やユニクロと比べてしまうと結構高いなぁと言う印象だったわ。

欲しいなと思える子供服はだいたい2000円~3000円くらい。デパートの卸売りをしていることを考えるとかなり割安で、3割~半額近くで買える価格帯なんだけど我が家はデパートで洋服を買う習慣がないので今回はパス(笑)

「五分埔服飾広場」は試着不可、クレジットカード不可、値切り難易度高いです

問屋街で試着はできません。サイズも日本のものとは表記が違うので、ちょっと不安だけど店員さんに相談すれば一緒にサイズをチェックしてくれます。

また1枚や2枚など少ない枚数でディスカウントも難しいので、割引してもらいたい場合は大量に購入して交渉してみてください!

mari
クレジットカードは使用できないお店が多く、私たちもあまり現金を持っていなかったからたくさん買い物することができなかったんだ( ;∀;)

ストリートファッションなどのカジュアルファッション、ギャルファッション、きれいめファッションなどあらゆるジャンルの衣類が目が回りそうなほど密集しています。

お店の並び方に統一性はなく、かなりカオス状態なので気にいる店を見つけるまでひたすら歩きましょう(笑)

ごみ袋にいれられた洋服が所狭しと転がっています。袋の中身ももちろん商品。

こんな場所があるなんて全然知らなかった!見てるだけでもすごい楽しい(・∀・)

狭い道なのに、車、バイクがかなり攻めてくるので気をつけてください。結構怖いです。

「五分埔服飾広場」で楽しく買い物する3つのコツ

写真を見ていただければわかるように、本当に様々なジャンルのお店(1000店舗以上だとか)があり、1店舗1店舗をじっくり見ていると1日あっても足りません。15分ほど歩けば、10代から30代くらいまでの女性であれば何かしら好みの系統のお店が見つかるはず。

五分埔で買い物するコツは以下の3点です。

  1. 車やバイクに気をつけてズンズン歩く!
  2. マネキンにディスプレイされている好みの店を見つける
  3. 気に入ったものがあればすぐ買う(後から戻ろうと思っても戻れません笑)

あとはキャッシュを忘れないこと!

私は手持ちのお金が少なかったので、すごく気に入ったトップスを1枚だけ購入しました。日本に帰ってからもよく着ています。

mari
ストールやブーツなどおしゃれな小物もたくさんあったから、次回はもう少しキャッシュを握りしめて参戦するわ!

五分埔商圏の営業時間

お店によってオープン時間はまちまちですが、お昼ごろから仕事を始めるお店が多いので午前中に行っても閑散としているようです。

私たちは日が落ちてからブラブラ散策しましたが、それなりに賑わっていて楽しめました。

夜は24時まで開いているようなので、夜市とセットでお出掛けするのもおすすめです。

五分埔商圏の行き方・アクセス方法

MRT「後山埤」駅から歩いて5分ほどで到着します。台鉄「松山」駅を下車する場合は松山駅の目の前。

私たちは今回の旅行はもっぱらバスを利用したので、Googleマップで検索し、「Yongchun Elementary School」という駅でおりました。

mari
バスを乗りこなせるとどこへでも激安で行けるので是非チャレンジしてみてね!

▼mariの台湾旅行記▼

 
▼海外旅行におすすめ▼