アメリカ

アメリカの両替ならクレカでキャッシングがお得!レートを比較してみた《円→ドル$》

この記事を書いた人
マリ@オハヨーツーリズム
当ブログオハヨーツーリズムは世界73ヵ国、7歳娘と35ヵ国滞在した旅行ブロガーのマリが運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信してるのでフォローやコメントよろしくお願いします!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。

海外旅行へ行く前に気になるのが現地の通貨。

キャッシュレスな世の中になってきましたが、まったく現地の通貨を持たずに旅をするのは難しいので、必ずどこかで両替しなければなりません。

両替はいろんな場所で行えますが、誰もが「なるべくお得に両替したい!」と思うはず。

結論からいうと、クレジットカードで支払える場所は両替せずにクレカ支払いがお得!

現金が必要な場合は、クレジットカードの海外キャッシングを利用して現地ATMで現金を引き出すのが鉄則です。

mari
mari
キャッシングと聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、実は両替所の手数料と比べるとお得

また、海外ではスリや盗難が頻発しているため、現金だけを持ち歩くのは本当に危険な行為。現金は盗られたらまず返ってきません!

クレジットカードは盗難手続きをすれば使われることはありませんし、保険で戻ってくる可能性が高いです。

今までキャッシュ重視だった方もこの機会にクレジットカード利用へ切り替えましょう!

この記事では、元クレジットカード会社勤務で毎月海外旅行をしている旅のプロのわたしが、アメリカでお得に両替できるおすすめの方法や注意点をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読むとわかること
  • どこで両替するとレートが良いのか
  • 現地のクレジットカード事情
  • 海外キャッシング使い方・注意点
\旅行好きイチオシはエポスカード
エポスカード

年会費永年無料

海外キャッシング利用可能◎

無料なのに海外旅行保険付帯だから
持たない理由はない

即日発行も可能!
店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

その他おすすめカードをチェックする

アメリカで両替するなら『キャッシング』が一番お得!

アメリカドルは日本での両替がお得アメリカドルは日本での両替がお得

まず結論からお伝えすると、海外旅行でお得に両替するためには、基本的に現地で両替するのが鉄則です。

しかしその例外となるのが$米ドルと€ユーロ。ドルとユーロだけは日本で両替する方がレートが良いと言われています。

主な両替方法は下記のとおり。一般的にレートが良いと言われている順に並べました。

上から順にレートが良い
  1. 両替せずにクレカ支払い(最強)
  2. クレカの海外キャッシングを使う
  3. 日本の空港・日本の銀行
  4. 現地の街の両替屋
  5. 現地の空港

最もお得なのは両替せずにクレジットカード支払い

冒頭でもお伝えしましたが、クレジットカードで支払える場所は両替せずにクレカ支払いがお得!

なぜお得なのかと言うと、それはクレジットカード会社のレートと為替手数料が良いから

海外でクレジットカード支払いした場合
(現地通貨決済)

利用した金額+為替手数料(1.6%~2%)

で決済されます。

※カード会社が定める基準レートで日本円換算

両替の手間もかからなければ、レートも良いので、クレジットカードが使える場所ではクレジットカードで支払いをするのが一番お得というわけです。

(余談ですが、現地のお店で「現地通貨」と「日本円」どちらで決済するか?と聞かれた際は「現地通貨」を選ばなければ損してしまうのでご注意ください。)

さらに買い物した後に盗難に遭った場合、カードの保険で補償してもらえるケースもあるためクレジットカード使わないというのは絶対損です。

両替の中でお得なのは海外キャッシング

どのお店でも両替せず、クレジットカードを使って買い物できればよいのですが、どうしても現金が必要な場面もあり、少額の両替は必要不可欠。

mari
mari
アメリカではカードを使えるところがほとんどですが、チップの支払いもあるので多少の現金は用意する必要があります。

→レストランやカフェは会計時にチップもカードで払えます。本当カード社会!

ここでいうチップはガイドさんやホテルのお掃除の方に置いておくお金のことと考えておいてください。

アメリカでお得に両替したいなら、海外キャッシングを使う日本でドルにかえてくるかのどちらかの選択肢になりますが、

個人的におすすめなのは海外キャッシング。

はじめての場合は「海外でキャッシングなんて不安…」と感じるかもしれませんが、現地の通貨をクレジットカードで購入するサービスと思ってもらえれば理解しやすいのではないでしょうか。

利用方法は極めて簡単ですし、利息も両替所の手数料と比べると断然レートが良いので、わたし自身もキャッシングを利用することがほとんどで、友人にもすすめています。

友人からは「利息と聞くと敬遠していたけど、びっくりするくらい簡単で何で今までやらなかったのかわからない、ありがとう!」とお礼を言ってもらえたくらいです。

アメリカでの海外キャッシング事情(使い方・メリット・デメリット)

海外キャッシングと聞いてまず気になるのは、現地での使い方と注意点ですよね。

海外キャッシングの利用方法

海外の空港ATMも日本と操作方法は似ている海外の空港ATMも日本と操作方法は似ている

利用方法はとっても簡単!現地の銀行ATMに手持ちのクレジットカードを入れて操作するだけ。

日ごろ、日本のATMでお金を引き出すのと似たような感覚で、現地の銀行でキャッシュを引き出せます。

現地にはATMがたくさんあるので、キャッシングする場所には困りません!

ATMは銀行の外にもありますが、できれば銀行内など人の目があるATMの方が安全

海外キャッシングに使用するクレジットカードは「キャッシング枠」が必要になるので、利用予定のカードにキャッシング枠があるかどうかを事前に確認しておきましょう。

海外キャッシングのメリット

キャッシングのメリットは、レートが良いのに簡単でいつでも使えるというところ!

空港内にATMがあるので、空港に着いてすぐキャッシュを引き出せます。

また、明細を発行できるので、帰国してからどんなレートでどのくらい両替したかが、ひと目でわかり、管理しやすいのもメリット。

海外キャッシングのデメリット

キャッシングとは、結局のところ「借金」にあたります。

年利18%ほどかかる場合がほとんど。

例えば
10,000円分キャッシングし
1ヶ月後に引き落としになると
150円が利息として引かれる

という計算になります。

利息という言葉を見ると不安になる人も多いのですが、実際めっちゃ安いですよね(笑)

また、帰国後すぐに支払いをすれば利息を減らすことも可能!

そこまで利息に神経質になる必要はありませんよ♪

  • レートが良い
  • いつでも現金を引き出せる
  • ATMは街中にあるので困らない
  • 明細が残るので管理しやすい
  • キャッシング枠のある
    クレジットカードが必要
  • 利息がかかる

海外キャッシングについては「海外の両替ならキャッシングがお得!元クレカ社員がメリットデメリット徹底解説」でもご紹介しています。

アメリカでキャッシング・両替に使えるおすすめクレジットカード

さて、海外旅行での両替問題においてクレジットカードがどれほど重宝するアイテムかをご理解いただけたかと思います。

しかし、数あるクレジットカードの中からどのクレジットカードを作ったらいいか、自力で選ぶのは難しいと思うので、いくつか抜粋しておすすめのカードを紹介させてください。

海外旅行に必ず持っていく相棒カード海外旅行に必ず持っていく相棒カード

クレジットカードは、磁器不良で使えない場合や、盗難や紛失に備えて絶対に複数枚必要です。

さらに、複数枚持っているとそれぞれのカードに付帯している海外旅行保険の補償額が合算されるので、無料のクレジットカードは何枚あっても損がありません。

ゴールドカードの中でも海外旅行に強い航空会社系のクレジットカードは1枚持っておくと一生使える旅の相棒になってくれるでしょう。

当サイトでは

☑年会費15,000円程度
☑海外旅行保険自動付帯
☑VISAもマスターも選択可能
☑マイルも貯まる

航空系のクレジットカード

のいずれかをメインに、

わたしのイチオシカードである、年会費無料エポスカードを組み合わせて持つことをおすすめしています。

エポスカード(VISA)

エポスカード

エポスカード

  • 海外旅行保険付帯
  • 無料なのに補償額優秀
  • 海外キャッシング対応
ブランド 年会費 ポイント還元率
VISA 0円 0.5%

まず、絶対に外せないのが年会費永年無料のエポスカード

エポスカードというとファッションビルのマルイのイメージですが、実はこのカード海外旅行好きのあいだでは有名なカードです。

年会費が一切かからないにも関わらず、海外旅行保険が付帯。

他社の年会費無料クレジットカードと比較してみても、保険適用の条件も、補償額も、エポスカードが使いやすさ抜群なので、すべての旅行者の方におすすめです。

海外旅行保険は利用付帯。

利用付帯というと使いづらいイメージがあるかもしれませんが、エポスカードの保険は利用条件がゆるめで利用しやすいのでおすすめです。

ツアー料金や電車・バス・タクシーなど移動に関する支払いをエポスカードでおこなうだけで自動的に保険が付帯されます。

海外旅行保険の補償内容は以下の通り。

疾病治療 傷害治療 傷害死亡
270万円 200万円 3,000万円
賠償責任 携行品損害 救援者費用
3,000万円 20万円 100万円

携行品損害の補償額20万円は少なめなので、高価な財布やアクセサリー、PCやiPhoneを持っていく場合は足りなくなる可能性があることは頭にいれておきましょう。クレジットカードを複数枚持って50万円以上は欲しいところです。

キャッシング枠ありで審査を通れば、海外キャッシングも問題なく使えますし、ブランドはVISAなので使えずに困ることもほぼありません。

もしまだ持っていないのであれば、今すぐ申し込みをお忘れなく。

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

航空系のクレジットカード

航空系カードをANAにするか、JALにするかは完全に好みで選んで問題ありません。

マイル目的で発行する場合のそれぞれのおすすめカードは以下の通り。

JALマイルなら

ANAカード(VISA・Mastercard®・JCB)

ANAカード(ワイドゴールドカード)

ANAカード(ワイドゴールドカード)

  • 海外旅行保険自動付帯
  • 好きなブランドを選べる
  • ANAマイル貯まる
  • 海外キャッシング対応
ブランド 年会費 マイル還元率
JCB / VISA
Mastercard®
15,400円 1.0%

もう1枚のおすすめは、マイルの貯まるANAカード。

「ANAの飛行機が好き、マイルを貯めていきたい、マイルを使っていつかビジネスクラスに乗ってみたい」という人にはANAのクレジットカードをおすすめします。

入会キャンペーンをやっていることが多いので、年会費の安い一般カードでも初年度は一気に5万マイル貯まることも…!!

とはいえ一般カードとゴールドカードでは搭乗時の獲得マイルや還元率に大きく違いが出るため、メインカードにするならゴールドカードのANAカード(ワイドゴールドカード)がイチオシです。

海外旅行保険は自動付帯。

カードを持っているだけで保険が適用になります。

海外旅行保険の補償内容は以下の通り。

疾病治療 傷害治療 傷害死亡
150万円 150万円 最高5,000万円
賠償責任 携行品損害 救援者費用
2,000万円 50万円 100万円

これ1枚で補える部分も多いですが、ここに年会費無料のエポスカードを組み合わせて補償額をアップさせると安心感が増します。

エポスカードと同様に、キャッシング枠ありで審査を通れば、海外キャッシングも問題なく使えます。

VISAとMastercard®の発行はここ

ANAカード
(ワイドゴールドカード)
公式サイトを見てみる

JAL CLUB Aゴールド(VISA・Mastercard®・JCB)

JAL CLUB Aゴールド

JAL CLUB Aゴールド

  • 海外旅行保険自動付帯
  • 好きなブランドを選べる
  • JALマイル貯まる
  • 海外キャッシング対応
ブランド 年会費 マイル還元率
JCB / VISA
Mastercard®
17,600円 1.0%

JAL CLUB AゴールドはJALを含むワンワールドのマイルを貯めたいならイチオシのカード。

かつてのわたしのメインカードです。

JAL CLUB Aゴールドも入会後のJAL便初搭乗で5,000マイル、翌年以降も毎年最初の搭乗で2,000マイルがもらえます。

加えて、空港でカードラウンジの利用やJAL CLUB Aよりも手厚い海外旅行保険の補償額が魅力。

海外旅行保険は自動付帯。

海外旅行保険の補償内容は以下の通り。

疾病治療 傷害治療 傷害死亡
300万円 300万円 5,000万円
賠償責任 携行品損害 救援者費用
1億円 50万円 400万円

ここに年会費無料のエポスカードの補償をプラスするとかなり安心感が増します。

JAL CLUB Aゴールドの年会費(17,600円)と比べるとその差はわずか1,650円。

  • 通常年会費11,000円
  • ショッピングマイルプレミアム年会費4,950円
  • 合計15,950円

(JAL CLUB Aゴールドの場合はショッピングマイルプレミアムが自動付帯のため、同等のマイル還元率1%でマイルを貯められます)

年会費たった1,650円の差で海外旅行保険の補償額がグッと手厚くなるので、そこにメリットを感じるならJAL CLUB Aゴールドがおすすめです。

下記のボタンから公式サイトに飛んだら、「JAL CLUB Aゴールド」のタブをタップして申し込んでください。

JALマイルを貯めるならこれ

JAL CLUB Aゴールド
公式サイトを見てみる

クレジットカードについては「アメリカで使えるおすすめクレジットカード|元クレカ社員が選ぶ無料&ゴールドカード」の記事でさらに詳しく紹介しています。

アメリカ旅行の場合は追加の海外旅行保険に入っておくとより安心です。

アメリカでキャッシング以外のおすすめ両替方法

最後に、クレジットカードを持っていない・作りたくないという方に向けて、キャッシング以外の両替方法をご紹介します。

日本円→ドルに現金で両替する場合、現地での両替レートはよくないので、基本的に日本で両替されることをおすすめします。

日本での両替の場合、ネット両替サービスや金券ショップで安いレートのお店を探すと銀行で両替するよりかなりお得になります。

mari
mari
銀行での両替はあまりおすすめできません。

日本の空港の両替所で両替する

日本の空港両替所のレートはドルとユーロに限っては悪くありません。

mari
mari
マイナー通貨の場合は、必ず現地での両替をおすすめしています!
  • 日本語で簡単に両替ができる
  • 街中の銀行よりはレートが良い
  • 大金を持ち歩かなければならない
  • 混雑している場合がある

街中の銀行や両替所で両替する

香港・街中の両替所両替所の電光掲示板

現地の街中にある両替所のレートはさまざまなので一概には言えませんが、現地の空港よりレートが悪い場合もあります。

そして何より街中の両替所にわざわざ出向く、というのはわたしの中ではかなりのデメリット!!

両替のために街を歩いたりする時間が惜しくてたまりません(笑)

また空港内の両替所と違い、多くの両替所には営業時間があるため時間に制限があります。

中には怪しい両替所もあるので、両替詐欺・ぼったくりなどのトラブルを避けるなら空港での両替をおすすめします!

  • レートが良い店もある
  • 両替所まで行かなければならない
    → 貴重な時間を取られる
  • 営業時間内しか両替できない
  • 両替詐欺などのトラブルも

アメリカではクレジットカードでの支払いが一番お得!

さて、両替方法についていろいろ触れてみましたが、わたしのおすすめは冒頭でも取り上げた通り、基本的にクレカ払い+必要最低限の現地通貨を海外キャッシングです。

また、海外は国にもよりますが、日本よりスリやひったくりが起きやすく、現金だけを持ち歩くのは本当に危険な行為。現金は盗られたらまず返ってきません!

しかし、クレジットカードは盗難手続きをすれば使われることはないので、被害を最小限に食い止めることもできるのです。

ただ、お店によっては使えないブランドのクレジットカードもあるので、必ず複数ブランドのクレジットカードを数枚持ち歩くようにしましょう!

アメリカなら圧倒的にVISA・MASTERが使えます。

先ほども紹介しましたが、年会費永年無料で海外旅行保険が付帯のエポスカードはVISAですし、使い勝手も良いのでおすすめ。

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

クレジットカードについては「アメリカで使えるおすすめクレジットカード|元クレカ社員が選ぶ無料&ゴールドカード」の記事でさらに詳しく紹介しています。

すべての記事をみる

 

東京⇔アメリカの航空券はアジアの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復5万円でLA行きのチケットが見つかりました♡

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

アメリカを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

アメリカで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

グランドキャニオンやブロードウェイが大人気

安心の日本語ツアーで
アメリカを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA