カンボジア

カンボジア土産!在住者が選ぶ絶対買いたい人気商品おすすめ15選

海外旅行ではお土産選びも旅の楽しみの一つ!

カンボジア観光では遺跡巡りがメインという方が多いかもしれませんが、やはり家族やお供達へのお土産や自分への記念の品も買いたいですよね。

滞在時間は無限にありませんので、お土産選びに何を買おうか悩む時間がもったいない!

絶対に買うべきお土産を買い逃したくないという方のために、おすすめのお土産をカンボジア在住者の方に聞いてみました♪わたしのおすすめもあわせてご紹介していきます!

カンボジアをもっと知る

カンボジアで買いたい人気土産おすすめ15選

1.アンコールクッキー

アンコールワットの形をした可愛いクッキー。「Ankor Cokkies」は日本人が創業した会社が製造・販売しているので、お味も品質も安心感があります。

カシューナッツ、バナナ&シナモン、パイナップルの3つのフレーバーがあり、お店の方によるとカシューナッツのアンコールクッキーが一番人気だとか。

個包装されているので職場などで配るお土産として重宝します。

店舗はシェムリアップ市内ですが、空港やプノンペンのAEONでも購入可能です。

2.ノムトムムーン

タピオカ粉、ココナッツミルク、たまご、パームシュガー、塩、ごまとシンプルな材料で作られた伝統菓子です。

鉄板に薄くのばした生地をくるくる回して筒状にしたもので、屋台で売られている光景も目にします。

なかでも日本人が立ち上げた「Cambodia Tea Time」のノムトムムーンは、こだわりの材料で1本1本ていねいに手作りされています。

きちんと包装されているので、お土産に便利!と人気。空港やプノンペンのAEONで購入可能です。

3.クロマー

クロマーは、綿素材の布。カンボジアではもともと「万能布」として日常で使われており、日よけ用に身体にまいたり、タオル替わりに身体をふいたり、ものを包んだりと用途は様々。

mari
mari
スカーフやショールとして使う人も多く、おしゃれアイテムとして男女ともに人気です。

ローカルマーケットやお土産物屋で購入可能。2ドルくらいで買えるものからオーガニックコットンの高級品など価格帯もピンキリ。

チェックやストライプ柄が主流。たくさんの色づかいがあるので、お気に入りのクロマーを見つけてください♡

4.胡椒

驚くなかれ、実はカンボジアは胡椒の一大原産国。

中でもカンポット地方の胡椒は「世界一美味しい胡椒」と称されブランド力のある胡椒です。

ブラックペッパー、ホワイトペッパー、レッドペッパー、胡椒とハーブのミックスなど種類がたくさん。また日本では珍しい生胡椒の塩漬けも手に入ります。

専門店、お土産物屋、スーパーマーケットなどで購入可能。お料理好きの人へのお土産にすると喜ばれますよ。

5.ドライフルーツ & フルーツチップス

カンボジアはトロピカルフルーツの宝庫です。

生のフルーツは日本へ持って帰ることはできないので、ドライフルーツ(ドライマンゴー、ドライパパイヤ、ドライパイナップル)やフルーツチップス(バナナチップス、ドリアンチップスなど)をお土産にしてもいいでしょう。

6.カシューナッツ

カンボジアはカシューナッツの一大原産国。

現地のカフェやバーに行くと飲み物と一緒に提供されることが多いので、おやつやおつまみとして馴染みのあるナッツです。

ローストしただけのもの、塩、胡椒、バーベキュー風味で味付けしたものなど種類が豊富。最近はオーガニックのカシューナッツが外国人に人気です。

7.コーヒー

カンボジアはコーヒー豆の生産国でコーヒー文化も盛んです。

一般的に栽培されている豆は、酸味が少なく苦みが強めなロブスタ種。ローカルのカフェや屋台で本格コーヒーを飲むことができるので、ぜひトライしてみてください。

焙煎したコーヒー豆やドリップバッグは、コーヒー好きの人へのお土産にすると喜ばれます。

8.ビール

お酒好きの人には、ローカルビールをお土産にするといいでしょう。

2大ビールブランドは「Angkor」と「CAMBODIA」!日本のビールより味が薄めで軽く、ビールの苦みが苦手な人でも飲みやすいと思います。

わたしも日本ではほとんど飲みませんが、東南アジアのビールだけは飲めます(笑)

9.パームシュガー

パームシュガーは椰子の木の花茎から甘い汁を採取して煮詰めたもので、白砂糖より健康によいとされています。

優しい甘さが特徴。コーヒーに入れるだけではなく、お菓子作りや料理にも使えるので重宝しますよ♡

10.ココナッツオイル

美容と健康によいといわれているココナッツオイル。

カンボジアの天然ココナッツオイルは高品質なのにリーズナブル!現地の人や旅行者から人気です。

100%天然のココナッツオイルだけではなく、ハンドクリームやリップバームなどのココナッツオイル製品をお土産にしても喜ばれると思います。

味は苦手な人もいるので、できれば一度試してみてから購入するのをおすすめします!

11.カンボジアっぽい服

観光地に行くとアンコールワットのモチーフやオリエンタルな柄のパンツ、スカート、ワンピース、Tシャツを着ている人をよく見かけます。

観光地の売店やローカルマーケットで値段交渉をすれば2ドルくらいから購入可能。

ちょっと質のいいものが欲しい場合は、シェムリアップやプノンペンの街中にある専門店で購入すればいいでしょう。

ゆったりサイズで風通しがいいので夏場の部屋着としても使えます。旅の思い出に購入するのもいいかもしれませんね。

mari
mari
激安パンツ、2日履いて破れましたがそれもまた思い出(笑)

12.スパ製品

カンボジアにも良質のスパがいくつかあり、ホームケア用のスパ製品を販売しています。

中でもフランス系のオーナーが展開する「bodia」では、カンボジア産の自然素材を使用した石鹸、ボディシャンプー、スクラブ、エッセンシャルオイルなどがあり外国人に人気です。

シェムリアップやプノンペンにあるbodiaの各店輔、お土産物屋で取り扱いがあります。

13.木製の食器

日本では比較的お高めな木製食器がカンボジアでは安価で手に入ります。

木製のプレート、トレー、お椀、すり鉢、コースター、フォーク、ナイフなどいろいろ。ローカルマーケットや雑貨店で購入可能です。

14.かご素材の製品

自然素材で作られたかご製品もおすすめです。

かごバッグ以外にも物入れ、プレイスマット、コースターなど多目的で使えるかご製品が売られています。

ローカルマーケットで掘り出し物を探すのもいいですが、ちょっとセンスを感じる品がほしい場合は雑貨店や専門店をめぐってみてください。

15.スターバックスのマグ・タンブラー

プノンペンやシェムリアップにはスターバックスがあり、限定のご当地マグやタンブラーが手に入ります。

プノンペン版は王宮のイラスト、シェムリアップ版はアンコールワットとバイヨンのイラストが描かれています。

各都市のランドマークが描かれたマグやタンブラーはプレミア感がありますよね。旅の思い出になりますし、プレゼントにしても喜ばれます。

カンボジアのお土産まとめ

カンボジアのお土産は毎年レベルアップしており、おしゃれなもの、美味しいものが増えてきています。

物価も日本と比べると安いですし、スーパーマーケットやお土産物屋さんは品揃えがいいので、効率よくお土産が買えると思います。

東南アジアのお買い物は楽しいですよね♪ぜひ素敵な商品と巡り会えますように♪♪

何か質問があればいつでもTwitterやコメントでメッセージくださいね♪

カンボジアをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔カンボジアの航空券はベトジェットなどLCCが1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復3万円でシェムリアップ行きのチケットをとったこともあります。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

シェムリアップでぜひ泊まっていただきたいのがパーク ハイアット シェムリアップ!!

カンボジアはホテルがとんでもなく安いので、高級ホテルに格安で宿泊できます。

オールドマーケットまでは徒歩ですぐと抜群のロケーションで、どこもかしこもインテリアが素晴らしく、ため息が出てきます。

朝食も充実しており、ファミリー、カップル共におすすめできる大好きな高級ホテルです

予算オーバーならザ サードフォールド レジデンスがコスパ良しのおすすめホテル。チェックしてみてください♪

パークアハイアットの
料金をチェックしてみる

カンボジアを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!
ゴールデンウィークのシェムリアップ

カンボジアで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう

遺跡巡りはツアーで決まり!

ガイドのサポート付きで
カンボジアを隅々まで堪能♪

グループ割引あり

ベルトラ
公式サイトをみてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA