ロシア

エカテリーナ宮殿へ行ってきた!行き方・見どころ・所要時間徹底ガイド

ロシア、サンクトペテルブルク近郊にあるツァールスコエ・セロー「エカテリーナ宮殿」。

日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、フランスのヴェルサイユ宮殿にも引けを取らない大宮殿で、夏の宮殿・ペテルゴフと並んで非常に人気の高い観光スポットとなっています。

1710年にピョートルがサールスカヤの農民屋敷を自身の妻であるエカテリーナ1世に贈ったことがこの宮殿の始まりで、サンクトペテルブルクに行くなら絶対外せない場所のひとつ。

ペテルゴフと並んでとてもおすすめな場所なので、少しでも魅力が伝わるように解説していきます(・∀・)

東京⇔ロシアの航空券は中東経由が1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった10万円のモスクワ行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!アエロフロートも安いので直行便もおすすめ。

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

ロシアをもっと知る

エカテリーナ宮殿基本情報

ツァールスコエ・セロー エカテリーナ宮殿ツァールスコエ・セロー エカテリーナ宮殿

1710年にピョートルは現在のツァールスコエ・セローとなるサールスカヤの農民屋敷を妻のエカテリーナ1世にプレゼントしました。

1730年代、女帝アンナ・イオアンノヴナ時代、ピョートル大帝の娘エリザヴェータ皇女は、口うるさいアンナのスパイのコントロールから逃れるため頻繁に「ツァールスコエ・セロー」を訪問。

ツァールスコエ・セロー真の繁栄時期は1741年から1756年のエリザヴェータの治世に入った時期と重なります。

建築家のラストレッリがすべての建築作業を終えた時、その美しさに対する称賛には際限がなかったと言います。

あもちゃん
あもちゃん
ロシア・バロック様式の宮殿は鮮やかなブルーが眩しい!
施設名 エカテリーナ宮殿 (Екатерининский дворец)
営業時間 10:00 – 17:00(入場は16:00まで)月曜のみ21時まで営業
住所 Garden St, 7, Pushkin, Sankt-Peterburg, ロシア 196601
電話番号 +7 812 466-66-69
料金 大人1000ルーブル 学生350ルーブル
お休み 火曜日および最終月曜日(12/31と1/1は休館)

エカテリーナ宮殿へのアクセス・行き方

住所は:Garden St, 7, Pushkin, Sankt-Peterburg, ロシア 196601

バス・メトロで行く

地下鉄2号線の終点の一つ手前のズヴェヅナーヤ駅で下車、そこから186番のバスに乗り、「ツァールスコエ・セロー」で下車。

mari
mari
地下鉄終点駅からも乗車可能ですが、ズヴェヅナーヤ駅はバスの始発駅なので分かりやすくこちらがおすすめです。

ツアーで行く

エカテリーナ宮殿には現地ツアーで参加するのもおすすめです。

解説があるとより理解が深まりますし、移動が楽なのが大きなメリット!

mari
mari
何よりオンシーズンのエカテリーナ宮殿は大混雑。実際、わたしたちが訪れた際は宮殿内の見学が約4時間待ちでした…。

結局内部の見学は閉館時間に間に合わず諦めました・・・( ノД`)・・・

日本語で簡単に予約できそうなものだとベルトラが良いと思います。

デメリットはもっと長く滞在したくても時間が限られてしまうこと。好みに合った方法で訪問してみてください♪

エカテリーナ宮殿の見どころ・周り方

ツァールスコエ・セローツァールスコエ・セロー
mari
mari
この日はあいにく曇りでしたが、宮殿内への入場待ちはこんなにたくさんの人が!!

残念ながら今回は宮殿内の見学は断念。琥珀の間を一目見たいので絶対に次はツアーで宮殿内も見て回りたいです。

ツァールスコエ・セロー 庭園ツァールスコエ・セロー 庭園

とは言え、庭園や公園もとても素敵で有名な場所なので散策していきます。

ペテルゴフ宮殿のように派手な噴水などはありませんが、綺麗な花々や銅像、大宮殿以外にもロココ調の建築物があったりと、見どころはたくさん!

ツァールスコエ・セロー 地図ツァールスコエ・セロー 地図
ツァールスコエ・セロー 入り口ツァールスコエ・セロー 入り口

わたしたちはサンクトペテルブルク観光局主催のツアーで訪れました。庭園や公園への入場にも150ルーブルが必要です。

ツァールスコエ・セロー ソクラテスの銅像ツァールスコエ・セロー ソクラテスの銅像

宮殿の外に並んでいる多くの銅像の中に一際目立っているものがありました。ギリシャ哲学者のソクラテスです。

鼻を触ると賢くなると言われていて、1日に何人もの人が触るので鼻の部分の塗装が剥げています。

ツァールスコエ・セロー 音楽ホールツァールスコエ・セロー 音楽ホール
ツァールスコエ・セロー 音楽ホールツァールスコエ・セロー 音楽ホール

大宮殿以外にも様々な建築物を見て回ることができます。

たまたま立ち寄った音楽ホールの中で男性4人でのアカペラを聞くチャンスがありました。

スーツ姿の男性が急に歌い出し鷹と思うと、信じられないほどお上手!マイクなしであんなに迫力のある歌を歌えるって本当にすごい。

ロシアの音楽レベルを肌で感じられる機会があってとってもよかった。

mari
mari
男性4人の素晴らしいハーモニーは帰国後もずっと忘れられません
真ん中の建物はお風呂に入るためだけに作られた建造物らしいツァールスコエ・セロー お風呂

遠くに見える建物はお風呂なのだとか!

ツァールスコエ・セロー 料理棟ツァールスコエ・セロー 料理棟

かつてここで料理を作り、船などで料理を運んだのだといいます。料理を作るだけの場所とは思えない豪華さ…。

ツァールスコエ・セロー 運河ツァールスコエ・セロー 運河

庭園の中には河が流れており、ここを船で渡ったりしていたのだそう。現在も船で行き来できるそうですが、この日は見かけませんでした。

ツァールスコエ・セロー リスツァールスコエ・セロー リス

ペテルゴフ宮殿でも見かけたリス。エカテリーナ宮殿でも芝生でリスが遊んでいました。

敷地内の植物は厳重に管理されていて、採取するのは禁止になっています。

庭園はいたるところに美しい花々が咲いていて何枚も写真を撮りました。やっぱり女性はどこの国の人もお花がすき。

エカテリーナ宮殿内部

ツァールスコエ・セロー エカテリーナ宮殿ツァールスコエ・セロー エカテリーナ宮殿

わたしは今回中に入ることができませんでしたが、エカテリーナ宮殿内は非常に魅力的な場所です。

中でも、琥珀の間はどんな旅行者も圧倒する煌びやかさ。その名の通り琥珀が敷き詰められたお部屋は、世界で唯一のものです。

エカテリーナ宮殿 琥珀の間エカテリーナ宮殿 琥珀の間

琥珀が第二次世界大戦のレニングラード包囲戦中にドイツ軍に持ち去られ消失してしまいましたが、懸命な復元作業により2003年にこの姿が復活しました。

ロシアで一目見ない訳にはいかない、歴史的な一室です。

ツァールスコエ・セロー エカテリーナ宮殿ツァールスコエ・セロー エカテリーナ宮殿

豪奢で壮大なエカテリーナ宮殿、ドイツとロシアのバロック様式が様々見られるロシア観光で絶対に外せないスポットです。

エカテリーナ宮殿のチケット料金・営業時間・所要時間・レビュー

エカテリーナ宮殿のチケット料金

  • 入館料 大人/1000ルーブル 学生/350ルーブル
  • 公園の入場料は大人150ルーブル、学生80ルーブル

チケットの購入はオンラインで済ませておくのがマスト。料金もたまに変動があるようです。

エカテリーナ宮殿の営業時間

10:00 – 17:00(入場は16:00まで)月曜のみ21時まで営業

mari
mari
時期によって頻繁に時間が変更になるようなので、直前に営業時間をチェックすることをおすすめします!

エカテリーナ宮殿の所要時間

外の庭園も宮殿内もしっかりと見て回るのであれば、半日はかけてじっくりと楽しむことをおすすめします。駆け足で観光しても、3時間はかかる壮大なボリュームです。

エカテリーナ宮殿の口コミ・レビュー

ロシア皇帝、女帝の豪華絢爛な宮殿です。ここまでやるのかと感心する目のくらむような金色の装飾は圧巻です。エルミタージュもほぼ同じ時期にロマノフ朝皇帝の住まいとして作られましたが、この宮殿は美術館にはなっていないので、建物や室内を主として鑑賞します。宮殿らしさを感じられる場所と言えます。各部屋に設置された大きく豪華な暖炉から冬の寒さの厳しさが伺えます。
サンクトペテルブルクの中心から南に20km、地下鉄ツァールスコエ・セロー駅から1.5㎞くらいです。宮殿自体も巨大ですが、周囲はさらに広大な公園です。
冬季の観光オフシーズンはほとんど待つことなく入場でき、空いていてゆっくり見て回れます。
冬のロシアは、博物館、美術館、バレエ劇場、食堂などどこでもクロークは充実していますが、ハンガーではなくフックなので、コートをフックにかけるための襟のテープ(衿釣り)が丈夫で使えることを確認しておくことをおすすめします。
また冬のロシアは屋外は零下20度くらいに下がりますが、屋内は20度以上に暖房が効いています。この宮殿でもエルミタージュでも空港でも、中で働く人は日本の初夏の服装です。調節できる服装でないと暑くて大変になります。(Gooleレビュー)
mari
mari
最新の口コミは下記のリンクからチェックできます!

エカテリーナ宮殿まとめ

サンクトペテルブルクといえばエルミタージュ美術館やロシア美術館の知名度が圧倒的ですが、エカテリーナ宮殿やペテルゴフ宮殿も知名度で負けていません。

それどころか、実際に訪れてみるとパリのヴェルサイユ宮殿にも引けを取らない豪華絢爛で壮大な場所でした!

穏やかで美しい庭園や、煌びやかで品のある大宮殿。ルクセンブルクに行くなら、絶対に外せません(・∀・)

ロシアサンクトペテルブルク4泊6日女子ひとりツアー旅行記今回初のプレスツアーに参加し、ベストシーズンのサンクトペテルブルクへ足を運んできました。 サンクトへは2年前に北欧バルト海クルーズ...

ロシアをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔ロシアの航空券は中東経由が1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった10万円のモスクワ行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!アエロフロートも安いので直行便もおすすめ。

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

モスクワでぜひ泊まっていただきたいのがメトロポール(Metropol)!!

ボリショイ劇場の向かいという最高の立地でなんと主要観光地まで徒歩5分。
朝ごはんが豪華すぎて大満足でした♪子連れにも超おすすめの5つ星ホテルです。

メトロポールの
料金をチェックしてみる


サンクトペテルブルクならベルモンド グランド ホテル ヨーロッパが一押し!

こちらもパーフェクトな立地と、エレガントな内装に豪華な朝食と完璧なホテルでした。すぐにでも泊まりに来たいほどお気に入りのホテルです。

グランドホテルの
料金をチェックしてみる

\お知らせとお願い/

もし記事が役に立った・活動を応援してもいいよ
という方がいらっしゃればサポートいただけると本当に嬉しいです。

みなさんのサポートにより
活動が継続できます。

>> Amazon欲しいものリストでサポートする
ロシアを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!
9月のモスクワ

ロシアで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

市内・郊外観光が大人気

安心の日本語ツアーで
ロシアを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA