ドイツ

ドイツベストシーズンは夏(5月~9月)避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

ドイツといえば、ビールやソーセージ、ディズニープリンセスが出てきそうなかわいいお城など、日本人にも大人気の観光地のひとつ。

ドイツにも四季があり、それぞれの季節ならではの見どころがあります。

せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。

旅行会社に質問すると「ドイツのベストシーズンは夏」と回答されると思います。

なぜなら…

  • ドイツと日本の気候はわりと似ていて四季がある
  • 気候的には5~9月の夏が過ごしやすい
  • 夜22時ごろまで明るいので観光しやすい
  • 夏は晴れている日が多い

このページでは、観光に向いているベストシーズン》《旅費の安さから見たベストシーズン》など様々な視点でベストシーズンを解説していきます。

四季ごとの気温やイベントなどもあわせてご紹介しているので、これから旅行の計画を立てる方はぜひ、参考にしてみてくださいね!

東京⇔ドイツの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった6万円でドイツ行きのチケットをとったこともあります。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

ドイツをもっと知る

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

ドイツのベストシーズンは夏(5月~9月)

ドイツのベストシーズンはずばり夏!

ドイツは北海道よりも北に位置しており、夏は15~25度と過ごしやすいですが、冬は雪が多く降り、氷点下の気温が続いたりと厳しい気候。

また、サマータイム制度が導入されており、3月の最終日曜日から10月の最終日曜日にかけて、時間が1時間ずらされます。

夏の日照時間がかなり長くなって、8月には夜10時になっても外が明るかったりと、観光するには最適の季節と言えるでしょう。

mari
mari
オープンテラスカフェやビアガーテンもたくさん開いていて、食べる場所、飲む場所にも困りません。

また、多くの音楽祭やワインフェスティバルなどの野外イベントも盛りだくさんで、何日いても飽きないのがこの季節の特徴です。

ライン川クルーズなどの観光船は冬季は運休しているので、ライン川の古城巡りをしたい人は、ぜひ夏に訪れましょう!

ドイツの季節の特徴

ドイツには日本と同様に四季があり、それぞれの季節にそれぞれの魅力がたくさんあります。

ドイツの春(3月・4月・5月)

冬の長いドイツでは、春はまだ肌寒い季節。3月でも街中に雪解けがちらほら見られます。

mari
mari
気候的には実際の春は4月、5月で3月はまだまだ冬だと思っておいた方がベター。

3月上旬には春の訪れを祝う(冬を追い出す)カーニバルが開かれます。ハイデルベルクやハンブルクで春の音楽祭が開かれるのも3月、4月の時期。

スプリングコートでは、寒いと感じると思うので、ウィンターコートを持って行った方が良いでしょう。

また天気も不安定で、雪が降ったり雨が降ったり予測不可能。5月頃になると温かくなってくるので、日が照ればTシャツ、ジーパンで歩ける日も出てきます。

平均最高気温は約13~18度、最低気温が4~7度

ドイツの夏(6月・7月・8月)

夏の季節の中でも、特におすすめするのが5月~6月にかけての初夏。というのも、7、8月は学校の夏休みの時期なので、多くの学生や家族連れが旅行を計画します。

フェニー
フェニー
日本からもお盆休みや夏休みを利用して、多くの旅行者が訪れるのでどこも人込みであふれ返ってしまいます。

5、6月は緑生い茂る花の季節。トレッキングや自然が好きな人にはたまりません!この季節にドイツで過ごすと満足すること間違いなし!

ドイツには、日本のように梅雨や台風など、注意しなければいけない時期はありませんが、全体的に見て降水量が一番多いのは5、6月なので、この時期に行く場合は折り畳み傘をお忘れなく。

平均最高気温が21~23度、最低気温が10~12度

ドイツの秋(9月・10月)

9~10月はまだそれほど寒くなく、初秋の過ごしやすい季節です。

ドイツの秋は、東京の冬と同じくらいの気候。曇り空が多く、どんよりとしているので、服装もモコモコしたものを着がち。

9月から「もうブーツ」なんて日もありますよ。

平均最高気温は13度〜20度平均最低気温は5度〜9度

ドイツの冬(11月・12月・1月・2月・3月)

冬のドイツは日照時間は短かく、とても寒いです。何より観光地は軒並み閉まってしまうので、旅行時期としてはあまりおすすめできません。

mari
mari
しかし、クリスマスマーケットだけは別物です!!

ドイツ人が1年で一番興奮するイベントは、家族が一堂に集うクリスマス!

ヨーロッパでは多くの都市で、クリスマスが近づくと「クリスマスマーケット」が開かれます。

基本的にはクリスマスの4週前から12月24日までですが、クリスマスを過ぎても27日くらいまでは開いているマーケットもあります(年末年始を利用した旅行者向けでしょうか)。

クリスマスならではのデコレーション、食べ物、飲み物などが楽しめて、さらにライブ演奏やアイススケートショーなどの催し物も盛りだくさん!

とっても楽しいイベントで、街を歩いているだけでとってもウキウキしてきます♪

フェニー
フェニー
年末年始休暇を利用してドイツ旅行をする日本人に気を付けてほしいことがあります。

それはクリスマス当日に旅程を入れてしまうこと!キリスト教徒にとってクリスマスは家族で過ごすとっても大事な日。

ドイツも、働く人も家族と過ごせるように、店もレストランも観光地も、ほとんど閉まってしまいます。

これを知らずにクリスマス当日にドイツに行くと、どこも閉まっていて食べるところがない!という悲劇に見舞われてしまいます。

年末年始のドイツへの旅行は、クリスマス当日は避けた方が良いかもしれません。

その代わり、ニューイヤーイベントはベルリンなどの大都市を中心に、花火が上がったり、大きな盛り上がりを見せるので、こちらを目当てに旅程を立てるといいと思います。

そして気になる服装ですが、冬はかなり着こまないと寒いです!平均最高気温は1~8度、平均最低気温は‐5~0度ほど。

ブーツ、手袋、マフラー、帽子は必須で、寒がりな人はカイロも持っていきましょう。

mari
mari
ドイツにカイロは売っていませんよ♪

ドイツは暖房設備がしっかりしているので、店の中に入るととたんに暑い!なんてことも。

厚手のコートを着脱しながらコントロールするほかありません。それから気をつけるべきは「乾燥」です。

日本よりもかなり乾燥する国なので、ハンドクリームやフェイスクリームは必須アイテムです。

ドイツの旅費が最も安くなる時期

  • パックツアーが安くなるのは年末年始を除く冬季(11月~3月頃)
  • 個人旅行(航空券)が安くなるのは夏のハイシーズンと大型連休以外
  • 少しでも安くすませたいなら、まめに情報チェック

パックツアーの場合

エリアにもよりますが、ドイツ行きのパックツアーは、1月・2月・4月・10月~12月前半までの期間が割安な場合が多いです。

また、春休み直後の4月の前半や年末年始後1月後半も比較的安いので狙い目ですね!

これは、ドイツに限ったことではありませんが、下記の期間はツアー料金が高騰します。

  • 年末年始
  • GW(ゴールデンウィーク)
  • 秋の連休
  • 夏休み
フェニー
フェニー
もともとドイツツアーは大人気なので繁忙期は高く、閑散期は安くなる傾向に!

個人旅行(航空券)の場合

一般的にドイツ行きの航空券が安くなるのは年末年始、春休みを除く冬から春にかけてと言われています。

LCCで日本からドイツに行くことは現段階では難しいですが、アジアや中東経由ならフルキャリアでも、日にちによっては往復6万円台ということも多いんですよ♪

mari
mari
直行便だとANA、JAL、ルフトハンザが就航しており、閑散期で10万ちょっと、繁忙期だと20万円~30万円することも・・・!

航空券の情報をまめにチェックするのがおすすめ

旅行にかかる値段は、航空会社や出発する曜日などによって金額が変動するので、一概には言えません。大切なのは、まめに情報をチェックすること!

できるだけ安くドイツ旅行をしたいなら、複数の旅行代理店の情報を比べたり、安い航空券が出ていないか、まめに情報収集をしてみましょう。

格安航空券を探すなら「エクスペディア」

ちなみに、格安な航空券を取るのにわたしが愛用しているのはエクスペディアというサイト。

用事もないのに時々のぞいて安いチケットがないかチェックしています(笑)

国際線はもちろん、国内線も格安チケットが見つかるので気づいたらポチっと買ってしまうことがあり恐ろしいです・・・。ぜひのぞいてみてください♪

公式サイトエクスペディア

ホテルを安く予約するなら「booking.com」

1年のうちでホテルの値段も変動しますし、ホテルによってまちまちなので「ホテルが安い時期」というのは一言では言いにくいです・・。

そのため、ホテルの価格もまめにチェックするのが大切です。

わたしはヨーロッパのホテルの場合はいつも、Booking.comで探します。他のホテルサイトと比較し、色々検証してみた結果、取り扱いホテルの数と値段が最安になることが多かったのでおすすめですよ!

もちろん日本語で簡単に予約できるので、難しいことはありません。100泊以上予約してきましたが、一度もトラブルになっていないのでご心配なく!

公式サイトBooking.com

ドイツ旅行を避けたほうが良い時期

絶対に旅行を避けたほうが良い!という訳ではありませんが、冬は思ったような旅ができない可能性があると思っておいた方がいいかもしれません。

1~4月は寒さ際立つ観光氷河期

ドイツ観光のワーストシーズンをあげるとすれば1~4月かもしれません。

mari
mari
冬から春にかけてのこの季節はまだ寒さが残っており、イベントも少ない観光氷河期。

2月頃にはケルンなどいくつかの都市でカーニバルのお祭りがあり、仮装パーティーが楽しめますが、仮装もこの寒さだと、正直少しツライです(;’∀’)

天気は雲が多くどんよりとしていて、時々雪も降ります。

アルプス山脈のある南ドイツ方面では、スキーなどのウィンタースポーツが楽しめるので、スキー好きならこの季節!

この時期に町を観光するなら、天気が悪くても楽しめるクラシックコンサートやオペラ鑑賞、また美術館巡りもおすすめです。

ドイツの年間平均気温・降水量

ドイツの平均最高気温と降水量ドイツの平均最高気温と降水量

南のミュンヘンと北のベルリン、東京の気候を比べてみました。

グラフを見ると、ドイツは東京よりも年間を通して気温が低く降水量が少ないのが分かりますね。

南のミュンヘンは大陸性気候で、北に位置するベルリンは西岸海洋性気候。

冬の防寒対策はしっかりと、夏でも朝晩は冷え込むことがあるので上着が必要です。

ドイツに滞在する予定が決まったら、次にチェックしておきたいのはどんな洋服を着ていくのか。

わたしのおすすめは現地で浮かない恰好をすること!日本人らしい恰好をすると意外と目立って犯罪に巻き込まれやすくなることも。

次の記事でおすすめコーデについて詳しく解説しているので、旅行前にぜひ読んでみてください。

関連記事ドイツ旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ徹底解説

ドイツの人気季節イベント

イギリスで行われる、人気のイベントをまとめてみました。

ドイツ三大カーニバル(2月)

ドイツの3大カーニバルはケルン、デュッセルドルフ、マインツ。

まだまだ極寒の2月春を告げるお祭りの季節が到来します。ハロウィンばりに仮装をしてパレードを行うのでお祭り好きなら本当に楽しいと思います。

毎年2月の第2週または第3週の木曜日のWeiberfastnachtワイバファストナハト(女性のカーニバルの日)に始まり、翌週の火曜日まで大盛り上がり!

mari
mari
期間は毎年変わるので、最新情報をチェックしてから航空券の確保を忘れずに!

オクトーバーフェスト( 9月21日~10月6日)

世界最大のビール祭り、オクトーバーフェストは見逃せません!

小さなオクトーバーフェストなら各都市で行われますが、やっぱり本場は南部ミュンヘンのオクトーバーフェスト

巨大なテントが張り巡らされ、何万人ものビール好きが1リットルサイズのビールジョッキを何杯も飲み干していきます。

歌ったり、踊ったり、パーティーとビール好きにはたまりません♡

オクトーバーフェストには南ドイツの伝統衣装を着る人もたくさんいます。

まるでハイジの世界に入り込んだかのようなかわいらしい伝統衣装は、思わずお土産に買ってしまいたい誘惑にかられてしまいます。

mari
mari
実際買っても日本で着る機会は絶対ないよね(笑)

クリスマスマーケット(12月)

先ほどご紹介したクリスマスマーケット。12月に各地で開催されるドイツの風物詩で、なんと約150か所もあるのだとか。

「世界最大のシュトゥットガルト」・「世界最古のドレスデン」・「世界一有名なニュルンベルク」の3大クリスマスマーケットに憧れて訪れる人もいるほど、毎年多くの旅行者が訪れます。

北部ではマイナス20度以下になることもあるほど冬の厳しいドイツですが、寒くても大丈夫!ということであれば美しいクリスマスシーズンもおすすめです。

ドイツベストシーズンまとめ

ドイツ旅行のベストシーズンは、日が長く活動できる時間が長い夏が断然おすすめです。

しかし、ドイツ旅行の目的は人それぞれ。

  • ベーシックな古城めぐりや世界遺産巡り、自然と触れ合いたい、という人は夏
  • とにかくオクトーバーフェストでビールとソーセージをたらふく堪能したい!という人は秋
  • ロマンティックなクリスマスマーケットでイルミネーションやショッピングを楽しみたい、という人は冬

などなど、自分の目的に合わせた旅行を計画してください♪参考になると嬉しいです!

ドイツをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔ドイツの航空券は中国経由が1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった6万円でドイツ行きのチケットをとったこともあります。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

ベルリンでぜひ泊まっていただきたいのがホテル アドロン ケンピンスキー ベルリン!!

ミッテ区の5つ星ホテルで主要観光地まで徒歩でアクセスできる抜群の立地で大人気。

朝食もとっても美味しくヨーロッパでこの値段はかなりコスパが良いといえるのではないでしょうか!?

ケンピンスキーの
料金をチェックしてみる

ミュンヘンならとっても可愛い25アワーズ ホテル ザ ロイヤル バーバリアンをチェックしてみて!!立地もコスパも良く家族にもおすすめの大好きなホテルです♡

25アワーズの
料金をチェックしてみる

ドイツを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ドイツで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

ノイシュバンシュタイン城のツアーが大人気

安心の日本語ツアーで
ドイツを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA