ポーランド Poland

ポーランド治安・危険情報2020年最新!旅のプロが教える注意点と7つの安全対策

ヨーロッパの中でも物価が安く、治安が良い国の代表といえばポーランドではないでしょうか。

近隣の大国と比べてもとても旅行しやすく、子連れにもかなりおすすめの旅先だと思いました!

この記事では世界一周経験者、旅のプロの私がポーランドの実際の治安情報と、絶対注意しておかなければならないことをまとめてみました!

ポーランド治安の記事を読むとわかること
  • ポーランドで起こる犯罪手口
  • ポーランドの危険エリアと安全対策
  • 女子旅・子連れ旅で気を付けたいこと
mari
mari
ポーランドに行くときの参考になりますように♪
中欧周遊も楽しい!!

JTBでポーランドツアー
を探してみる

東京⇔ポーランドの航空券はアジア・中東経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復たった6万円のワルシャワ行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便もおすすめです♪

公式リンクスカイチケットでポーランド行きの格安航空券をみてみる

ポーランドの治安について

ポーランドは、ヨーロッパの中でも比較的治安が良い国です。

2000年代のはじめに、一時的に治安が悪化したものの、警察官による取締り強化によって改善し続け、現在は治安は安定してきています。

でも、日本に比べると犯罪発生率が高いのは事実なので、注意をしながら観光を楽しんでくださいね♪

フェニー
フェニー
欧米主要国よりは治安はいいみたい!

外務省の安全情報

2020年1月現在、外務省の海外安全ホームページでは危険情報や感染症危険情報は出ていません。危険度レベルも0です。

ポーランドでは、テロ組織や反政府組織の関連活動は確認されていません。国内のテロ脅威レベルも最低ランクの0と評価されています。

しかし、テロ組織による誘拐・拉致ではなく、国内で発生する犯罪として身代金目的の誘拐事件も発生しているので注意してください!

もちろん必要以上に心配することはありませんが、いつどこでテロが起きてもおかしくありません。渡航前にたびレジなどの安全情報の登録をしておくことをおすすめします。

犯罪データ

ポーランドの人口10万人当たりの殺人発生率は約0.67人!(日本は約0.3人)と言われています。

日本より少し高くなっていますが、年々殺人発生率は減少傾向にあります。

ポーランドでのおもな犯罪は、置き引きやひったくりがほとんどで、パスポート、現金、航空券、スマホ、カメラなどあらゆるものが盗まれています。

特に、日本人は多額の現金を持ち歩いている人が多いとされ、くり返し日本人ばかり狙う輩もいるので、十分な対策が必要ですね!

その他には、違法薬物犯罪・クレジットカードの詐欺事件などが多発しているので犯罪にまきこまれないように注意してください。

ポーランドで頻発する犯罪の具体的事例

スリ・置き引きに注意

比較的安全といわれるポーランドでもスリや置き引きの被害にあう日本人は多く、注意が必要です。

mari
mari
では、実際におきた事例をご紹介します!
  • 地図等をかざして話しかける、目の前でコインをばらまく、ホーム側から電車の窓を叩くなど注意をそらした隙に、別の人が荷物を盗む
  • 電車内で複数人に囲まれ金品を奪われる集団スリ
  • 列車の狭い入り口付近で、すれ違いざまに財布を抜き取られる
  • ホテルや飲食店での置き引き
  • ニセ警官が「取締り」だと言い、パスポートや財布の提示を要求して紙幣数枚やクレジットカードを抜き盗る
  • 空港のターンテーブルのスーツケースを自分が取る前に持ち去られる
  • 深夜の繁華街や人気のない場所での強盗

ホテルや空港は、なんとなく街中より安全な感じがしてしまいますが、油断は禁物!

フェニー
フェニー
日本とは勝手が違うので、ニセ警官やニセ従業員を信じてしまいそうになりますが、周りを見て自分だけが狙わているなら「NO」と断りましょう。

声をかけてくる人に注意

本当にあったスリの事例を見て頂くとわかるように、スリはグループで行われることが多いです。

基本的にスリは単独犯ではなく、2人一組で、1人が注意を惹き、その間に貴重品をスるといった手口です。

親切そうに声をかけてくる人にも注意しましょう。

また睡眠薬強盗の発生も報告されています。知らない人から食べ物や飲み物を受け取らないようにしましょう。

デモに注意

去年ポーランドの首都ワルシャワでは、独立記念日の100年を祝い、20万人以上が参加した大規模なデモが行われました。

「旅レジ」などで事前にデモの情報を収集したうえで、当日はデモに近づかないことが大切です。

mari
mari
毎年、独立記念日の11月11日あたりは、主な主要都市に行くのは注意してください!

違法薬物に注意

ポーランドでは、若者の間で大麻・ドラッグ・覚せい剤の使用が社会問題になっています。

旅行者に違法薬物を進めてくる場合もあるのて、決して手を出さないでください!

日本人の大麻の所持、使用は犯罪です!日本の法律では、麻薬類の使用・所持は国外犯規定により罰せられますので、「海外だから大丈夫!」は通用しません。

トラブルにつながるので密売には関わらないないようにしましょう。

ぼったくりタクシーに注意!

空港やロビーなどで待っている時に、なれなれしく声をかけてくる無許可営業のぼったくりタクシーが、ポーランドにも存在します。

また街中の流しのタクシーに乗り、高額請求された被害例もあり。

なのでタクシー利用する場合は、ホテルやレストラン、空港、アプリケーションから手配することをおすすめします!

mari
mari
私はUberとトラムを使って移動しました。

ぼったくりバーに注意!

年々、ナイトクラブでの詐欺被害報告が多くなりつつあります。

一部ストリップ・ショーを提供している場所もあり、そこに来た外国人旅行者が被害に遭いやすい傾向が・・・。

高額なドリンクを勧められたり、クレジットカードが決済できないと装われ、何度も決済させられる悪質な手口もあり!

足を運ぶ際は、サービスの金額をしっかり調べておくことや、請求金額をしっかり確認してから支払いをするように心がけてください。

ポーランドで女子旅をするなら気をつけておきたいこと

ポーランドの女子旅で特に注意すべきことは夜遊びです。

mari
mari
アジア人は少ないので、旅行者ということがすぐばれます。

治安もよく、夜遅くまでバーが賑わうワルシャワの繁華街では、酔っ払いが増えてナンパされる確率も高まります。性犯罪に巻き込まれないようくれぐれも注意してください!

ポーランドは夏の間以外は日が短くすぐに暗くなってしまいます。

旅行者がたくさん集まる場所は夜間でも問題なく出歩けますが、見るからに治安の悪そうな路地もあるので立ち入らないようにしてください。

ポーランドで子連れ旅行をするなら気をつけておきたいこと

ポーランドは子連れ旅行にかなりおすすめだと思います。

特に子連れだからといって気を付けないといけないことありませんし、食事についても子供が好むような料理がたくさんあって、困りませんでした。

公園もたくさんあって地元の子供たちで賑わっています。

あもちゃん
あもちゃん
一緒に遊んですごい楽しかったよ!

他のヨーロッパ諸国と比べて移民が少なくテロの脅威が少ない、物価が安い、それでいてヨーロッパの雰囲気を存分に感じることができる。

訪れてみればきっと好きになること間違いなし!ぜひ家族旅行を検討してみてくださいね♪

ポーランドで注意すべき危険エリア

ポーランドととひと口に言っても、さまざまなエリアがあります。

特にガイドブックに載っている旅行者が多い地域の治安情報については気になるところ!

主なエリアごとに、治安情報をざっくりまとめてみました。

ワルシャワ❨旧市街❩

ワルシャワは、ポーランドの首都!

第二次世界大戦の時に破壊された街を市民の熱意で再建させ、その素晴らしい町並みは旧市街を中心に世界遺産に登録されています。

旧市街はとくに人気の観光地のため、スリや置き引き、ひったくりが多発しています!

人で混雑しているときは、常に荷物には気を配っておきましょう。

クラクフ❨古都❩

日本の京都と呼ばれている人気観光地、ポーランドのクラクフ!

古都と呼ばれるぐらいなので、やはり人も多くスリや置き引き、ひったくり、詐欺の犯罪件数は多め・・・。

また、警察官がたくさん歩いてるから安全とおもいきや、ニセ警察官が紛れているとの情報もあるので充分に注意してください!

警察官が、道端で財布の中身を確認したりクレジットカードの暗証番号を聞いてくることはないので、少しでも怪しく感じた場合は周囲に助けを求めてくださいね。

mari
mari
逆に身分証明書の提示をお願いし、本物の警察官か確かめるのもあり!

グダニスク

豪華できらびやかな建物も多く港町でもあるグダニスクは、人気のリゾート地!

おしゃれなカフェやレストラン、お土産屋さんなどもたくさんあるので『スリ・置き引き・ぼったくり』の被害報告が多いです。

荷物に充分に注意しながら、美しい景色を楽しんでください!

大型スーパーマーケットやショッピングモール

買い物客や観光をする旅行客を狙ったスリなどが多い地域です。

携行品に気を付けながら歩くようにしましょう!

公共交通機関内

とくに『ショパン空港・ワルシャワ中央駅・旧市街』では、スリや置き引きが頻発。人気のない地下鉄内などでもトラブルが発生しています。

人目を気にしなくて良いせいか、脅しながら金品を要求してくるようなケースもあります。

トラム(路面電車)の中でもスリの被害に遭った方が多いので、公共交通機関を利用するときは注意が必要です。

ポーランドで犯罪にあわないために気をつけたい7つの安全対策

危険な場所を避ける

上記の危険スポットはもちろん、宿泊先の従業員にこの辺りで危険なスポットはないかどうか聞いてみてください。

最新の情報はやはり実際に住んでいる方から聞くのが一番です。

怖いもの見たさで危険な場所へ立ち入るのは絶対にやめてください。日本とは違うということをお忘れなく!

現金を大量に持ち歩かない

ポーランドでは支払いの際、デビットカードやクレジットカードでの支払いが主流になっています。

一部の場所で現金しか受け付けないケースもありますが、そのような少額の支払いを除いて、クレジットカードが使えます。

万が一スリや盗難の被害にあった時のために、持ち歩く現金は最低限にしておきましょう。

しつこく話しかけてくる人は無視する

物売りやナンパなどは、徹底的に無視しましょう。

酔っ払いなど危ないと感じたら、賑わっているお店に入るなどしてその場を離れるようにしてください。

mari
mari
しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。

置き引き対策をする

空港や駅など、ついつい荷物を床に置いておきたくなりますが、一瞬の隙に置き引きされることがほとんど!油断は禁物です。

レストランなどでは、場所取りなどに荷物をおいて席を離れなりすることのないようにしましょう。

席に座っているときも荷物は膝の上などに置き、いすの後ろにかけたりしないように!

スリ対策をする

貴重品、パスポート、スマホなどもスリに狙われやすいので、リュックなどに入れて背負って持つのはやめましょう。

ナイフなどでリュックを切られて荷物を抜かれる可能性があります。リュックを持つ際は体の前に持つようにしましょう。

とにかく身軽にして出かけるのがポイントです。貴重品や現金も必要最小限にして、常に身体から離さないように持ち歩きましょう!

夜間の一人歩きは避ける

基本的にヨーロッパの夜は一人で出歩くのをおすすめしません。

ポーランドは治安のよい国ですが、人の集まる中心地以外を歩くときは気をつけてくださいね。

安全な地域でホテルを予約

ワルシャワでホテルを予約するなら便利の良い中央駅周辺か旧市街近辺がおすすめ!

安すぎるホステルは防犯対策が不十分なので、治安のよいエリアできちんとしたホテルに泊まるようにしましょう。

ワルシャワで人気の
エリアでホテルを探す

ワルシャワ口コミ9.0以上の超おすすめホテル!

ポーランド旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険

ポーランド旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。

Wi-Fiレンタルでネット環境を整える

何か困ったことが起きたとき、ネットが使えると安心感が違います。

海外では無料でWiFiを使えるスポットもありますが、いざという時のために海外WiFiのレンタルをしておくことをおすすめします!

友達がスリにあった時、ネットが使えて本当に助かりました・・・。道に迷ったり、危険情報をチェックするためにもネット環境を整えることはとても大切です。

海外WiFiレンタル
グローバルWiFiをみてみる

ポーランドで海外ポケットWiFiレンタルを選ぶ際の注意点とおすすめ商品ポーランドで使えるレンタルポケットWiFiについて、価格や速度など様々な利点を徹底解説!世界一周経験あり、60ヵ国以上を旅してきた旅のプロがおすすめ3社と注意点についても紹介します。...

海外旅行保険でいざという時に備える

実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。

何も起こらなければ良いのですが、海外では何が起こるかわかりません。万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょう!

毎回入るのが面倒な人には海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがおすすめですよ♪私が愛用しているメインカードはANAのワイドゴールドカード

補償が手厚い上にマイルもたくさんたまるので、できればゴールドカード以上のクレカを1枚持っておくと本当に重宝します。空港から自宅までたった500円でスーツケースの宅配ができるのも神!!

とはいえ年会費が高いのでなかなか思い切りが必要かも・・・。そんな人におすすめなのが年会費永久無料のエポスカード

エポスカードはなんと年会費無料で海外旅行保険が自動付帯*されています!年会費無料のクレジットカードの中でも補償額が高く旅好きなら絶対持っておくべき1枚。

ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のことです。※付帯のタイプとしては「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯だと保証を受けるのに条件があるので注意が必要です。

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能
エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

クレカを作りたくない、または事情があって作れない人は通常の海外旅行保険でも全く問題ありません。

ポーランドの治安まとめ

ヨーロッパの中では治安のよいとされているポーランド。

ポーランド人は観光スポットであれば英語が話せる人も比較的多く、とても楽しく快適に観光できました♪

とはいえ、日本人旅行者の盗難の被害が多いのも事実です。

ついつい観光に夢中になりやすいですが、身の回りの貴重品をきちんと管理して、楽しい思い出だけを持ち帰ってくださいね♡

すべての記事をみる

 

東京⇔ポーランドの航空券はアジア・中東経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復たった6万円のワルシャワ行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便もおすすめです♪

公式リンクスカイチケットでポーランド行きの格安航空券をみてみる

子連れポーランド基本情報!旅行前に読みたい情報全てまとめました(観光・ビザ・治安・物価)ポーランドに行く前に押さえておきたい現地の物価、治安、天気、服装、ビザ、チップ、お土産情報などを全てまとめました。旅行前にお気に入り保存か印刷していくことをおすすめします!...
 

おすすめホテル

ワルシャワでぜひ泊まっていただきたいのがポローニア パレス ホテル!!

コスパ抜群で料理も美味しく誰にでもおすすめできるスペシャルなホテルです。

ワルシャワ中央駅、ズウォテ・タラスィ(ショッピングセンター)までわずか350mと抜群の立地。

2歳の娘にぬいぐるみのプレゼントもあり、ファミリーでも安心して滞在できました♡

ポローニアパレスの
料金をチェックしてみる

ポーランドを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ポーランドで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

アウシュビッツのツアーが大人気

安心の日本語ツアーで
ポーランドを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA