ポーランド

ポーランド治安・危険情報2024年最新!旅ブロガーが教える注意点と8つの安全対策

この記事を書いた人
マリ@オハヨーツーリズム
当ブログオハヨーツーリズムは世界73ヵ国、7歳娘と35ヵ国滞在した旅行ブロガーのマリが運営しています。 インスタX(Twitter)ではブログに載せていない写真や、日々の様子も発信してるのでフォローやコメントよろしくお願いします!
当ページのリンクには広告が含まれる場合がありますが、紹介しているサービス・製品はどれも自ら選定したものです。
mari
mari
ハロー!オハヨーツーリズムのマリ(@mari_ohayotourism)です。

ポーランドはヨーロッパの中でも比較的治安が良い国です。

2000年代のはじめに、一時的に治安が悪化したものの、警察官による取締り強化によって改善し続け、現在は治安は安定してきています。

ワルシャワ(Warszawa)ワルシャワ(Warszawa)

治安が良い国でも、わたしは万が一のため最低限の備えは欠かしません。

  • 海外旅行保険(付帯のクレカ推奨)
  • 現金は1万円程度で基本クレカ払い
  • ネット環境(WiFiSIM)準備
  • セキュリティポーチで貴重品管理

旅慣れていない場合は高くても治安重視でホテルをとることを強くおすすめします。

関連記事ポーランド旅行クレジットカード選び方
おすすめbooking.comでホテルを探す

当ブログ(オハヨーツーリズム)では、そんなポーランドの実際の治安情報と、絶対注意しておかなければならないことをまとめました!

保険やネット環境、ホテル選びの大切さ、知っていれば避けられるリスクをこれでもかと盛り込んだので、必ずすべてに目を通しておいてくださいね!

この記事でわかること
  • 現地で起こる犯罪手口
  • 現地の危険エリアと安全対策
お得情報

海外旅行に行くなら
海外旅行保険が絶対に必要

年会費無料のエポスカード
無料なのに海外旅行保険付帯

(実はこれめちゃくちゃスゴい)

保険付きクレカをまだ持ってないなら
発行しない理由はありません

すでにメインクレカを持っていても
補償額は合算なので複数枚持ちがお得

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

>>エポスカードについてもっと詳しく<<

ポーランドの治安と世界平和度指数ランキング

外務省の安全情報

2024年1月現在、外務省の海外安全ホームページでは危険情報は出ていません。危険度レベルも0です。

ポーランドでは、テロ組織や反政府組織の関連活動は確認されていません。国内のテロ脅威レベルも最低ランクの0と評価されています。

しかし、ロシアとウクライナの情勢により、ポーランド全域のテロ警戒レベルは上がっています。

2022年2月24日に開始されたロシアによるウクライナ侵略以降、ポーランド政府は、テロの脅威の予見可能性が増大しているとして、同年2月28日から4月15日までの間、ウクライナと国境を接するルベルスキエ県及びポドカルパツキエ県、同4月16日以降から現在に至るまではポーランド全域に対してBRAVO(レベル2)を導入し、テロの警戒に当たっています。

現状、日本国籍者でもベラルーシ及びロシアからの入国は認められていません。

また、テロ組織による誘拐・拉致ではなく、国内で発生する犯罪として身代金目的の誘拐事件も発生しているので注意してください!

もちろん必要以上に心配することはありませんが、いつどこでテロが起きてもおかしくありません。

渡航前にたびレジなどの安全情報の登録をしておくことをおすすめします。

お得情報

海外旅行に行くなら
海外旅行保険が絶対に必要

年会費無料のエポスカード
無料なのに海外旅行保険付帯

(実はこれめちゃくちゃスゴい)

保険付きクレカをまだ持ってないなら
発行しない理由はありません

すでにメインクレカを持っていても
補償額は合算なので複数枚持ちがお得

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

>>エポスカードについてもっと詳しく<<

犯罪データ

ポーランドの人口10万人当たりの殺人発生率は約0.67人!(日本は約0.3人)と言われています。

日本より少し高くなっていますが、年々殺人発生率は減少傾向にあります。

ポーランドでのおもな犯罪は、置き引きやひったくりがほとんどで、パスポート、現金、航空券、スマホ、カメラなどあらゆるものが盗まれています。

特に、日本人は多額の現金を持ち歩いている人が多いとされ、くり返し日本人ばかり狙う輩もいるので、十分な対策が必要ですね!

その他には、違法薬物犯罪・クレジットカードの詐欺事件などが多発しているので犯罪にまきこまれないように注意してください。

世界平和度指数ランキング

国際NGOの経済平和研究所(Institute for Economics and Peace)が23項目にわたって163か国を分析し、毎年世界中の国々の「平和さ」を数値化して世界平和度指数を算出しています。

GLOBAL PEACE INDEX 2023の情報によると、日本は9位、ポーランドは29位でした。自身の経験と必ずしも同じ印象ではありませんが、旅行の参考になると思うので、目安に利用してください。

ポーランドで注意すべき危険エリア

ポーランドとひと口に言っても、さまざまなエリアがあります。

特にガイドブックに載っている旅行者が多い地域の治安情報については気になるところ!

主なエリアごとに、治安情報をざっくりまとめてみました。

ワルシャワ(Warszawa)

ワルシャワ(Warszawa)ワルシャワ(Warszawa)

ポーランドの首都ワルシャワ。

第二次世界大戦の時に破壊された街を市民の熱意で再建させ、その素晴らしい町並みは旧市街を中心に世界遺産に登録されています。

フレデリック・ショパン博物館(Muzeum Fryderyka Chopina w Warszawie)フレデリック・ショパン博物館(Muzeum Fryderyka Chopina w Warszawie)

旧市街はとくに人気の観光地のため、スリや置き引き、ひったくりが多発しています!

人で混雑しているときは、常に荷物には気を配っておきましょう。

クラクフ(Kraków)

クラクフ(Kraków)クラクフ(Kraków)

ポーランドの京都と呼ばれている、人気観光地の古都クラクフ。

古都と呼ばれるぐらいなので、やはり人も多くスリや置き引き、ひったくり、詐欺の犯罪件数は多め・・・。

クラクフ(Kraków)クラクフ(Kraków)

また、警察官がたくさん歩いてるから安全とおもいきや、ニセ警察官が紛れているとの情報もあるので充分に注意してください!

警察官が、道端で財布の中身を確認したりクレジットカードの暗証番号を聞いてくることはないので、少しでも怪しく感じた場合は周囲に助けを求めてくださいね。

mari
mari
逆に身分証明書の提示をお願いし、本物の警察官か確かめるのもあり!

グダンスク(Gdańsk)

グダンスク(Gdańsk)グダンスク(Gdańsk)

豪華できらびやかな建物も多く港町でもあるグダニスクは、人気のリゾート地!

おしゃれなカフェやレストラン、お土産屋さんなどもたくさんあるので『スリ・置き引き・ぼったくり』の被害報告が多いです。

グダンスク(Gdańsk)グダンスク(Gdańsk)

荷物に充分に注意しながら、美しい景色を楽しみましょう。

大型スーパーマーケットやショッピングモール

買い物客や観光をする旅行客を狙ったスリなどが多い地域です。

携行品に気を付けながら歩くようにしましょう!

公共交通機関内

とくに『ショパン空港・ワルシャワ中央駅・旧市街』では、スリや置き引きが頻発。人気のない地下鉄内などでもトラブルが発生しています。

人目を気にしなくて良いせいか、脅しながら金品を要求してくるようなケースもあります。

トラム(路面電車)の中でもスリの被害に遭った方が多いので、公共交通機関を利用するときは注意が必要です。

ポーランドで頻発する犯罪・トラブルの具体的事例

スリ・置き引きに注意

比較的安全といわれるポーランドでもスリや置き引きの被害にあう日本人は多く、注意が必要です。

mari
mari
では、実際におきた事例をご紹介します!
  • 地図等をかざして話しかける、目の前でコインをばらまく、ホーム側から電車の窓を叩くなど注意をそらした隙に、別の人が荷物を盗む
  • 電車内で複数人に囲まれ金品を奪われる集団スリ
  • 列車の狭い入り口付近で、すれ違いざまに財布を抜き取られる
  • ホテルや飲食店での置き引き
  • ニセ警官が「取締り」だと言い、パスポートや財布の提示を要求して紙幣数枚やクレジットカードを抜き盗る
  • 空港のターンテーブルのスーツケースを自分が取る前に持ち去られる
  • 深夜の繁華街や人気のない場所での強盗

ホテルや空港は、なんとなく街中より安全な感じがしてしまいますが、油断は禁物!

フェニー
フェニー
日本とは勝手が違うので、ニセ警官やニセ従業員を信じてしまいそうになりますが、周りを見て自分だけが狙わているなら「NO」と断りましょう。

声をかけてくる人に注意

本当にあったスリの事例を見て頂くとわかるように、スリはグループで行われることが多いです。

基本的にスリは単独犯ではなく、2人一組で、1人が注意を惹き、その間に貴重品をスるといった手口です。

親切そうに声をかけてくる人にも注意しましょう。

また睡眠薬強盗の発生も報告されています。知らない人から食べ物や飲み物を受け取らないようにしましょう。

デモに注意

去年ポーランドの首都ワルシャワでは、独立記念日の100年を祝い、20万人以上が参加した大規模なデモが行われました。

「たびレジ」などで事前にデモの情報を収集したうえで、当日はデモに近づかないことが大切です。

mari
mari
毎年、独立記念日の11月11日あたりは、主な主要都市に行くのは注意してください!

違法薬物に注意

ポーランドでは、若者の間で大麻・ドラッグ・覚せい剤の使用が社会問題になっています。

旅行者に違法薬物を進めてくる場合もあるのて、決して手を出さないでください!

日本人の大麻の所持、使用は犯罪です!日本の法律では、麻薬類の使用・所持は国外犯規定により罰せられますので、「海外だから大丈夫!」は通用しません。

トラブルにつながるので密売には関わらないないようにしましょう。

ぼったくりタクシーに注意!

空港やロビーなどで待っている時に、なれなれしく声をかけてくる無許可営業のぼったくりタクシーが、ポーランドにも存在します。

また街中の流しのタクシーに乗り、高額請求された被害例もあり。

なのでタクシー利用する場合は、ホテルやレストラン、空港、アプリケーションから手配することをおすすめします!

mari
mari
わたしはUberとトラムを使って移動しました。

ぼったくりバーに注意!

年々、ナイトクラブでの詐欺被害報告が多くなりつつあります。

一部ストリップ・ショーを提供している場所もあり、そこに来た外国人旅行者が被害に遭いやすい傾向が・・・。

高額なドリンクを勧められたり、クレジットカードが決済できないと装われ、何度も決済させられる悪質な手口もあり!

足を運ぶ際は、サービスの金額をしっかり調べておくことや、請求金額をしっかり確認してから支払いをするように心がけてください。

ポーランドで犯罪にあわないために気をつけたい8つの安全対策

危険な場所を避ける

上記の危険スポットはもちろん、宿泊先の従業員にこの辺りで危険なスポットはないかどうか聞いてみてください。

最新の情報はやはり実際に住んでいる方から聞くのが一番です。

怖いもの見たさで危険な場所へ立ち入るのは絶対にやめてください。日本とは違うということをお忘れなく!

安全な地域でホテルを予約

ワルシャワでホテルを予約するなら便利の良い中央駅周辺か旧市街近辺がおすすめ!

安すぎるホステルは防犯対策が不十分なので、治安のよいエリアできちんとしたホテルに泊まるようにしましょう。

ワルシャワで人気の
エリアでホテルを探す

ワルシャワ口コミ9.0以上の超おすすめホテル!

現金を大量に持ち歩かない

ポーランドでは支払いの際、デビットカードやクレジットカードでの支払いが主流になっています。

一部の場所で現金しか受け付けないケースもありますが、そのような少額の支払いを除いて、クレジットカードが使えます。

万が一スリや盗難の被害にあった時のために、持ち歩く現金は最低限(目安は1万円以下)にしておきましょう。

関連記事旅のプロが教えるポーランドで得する人気クレジットカードランキング

しつこく話しかけてくる人は無視する

物売りやナンパなどは、徹底的に無視しましょう。

酔っ払いなど危ないと感じたら、賑わっているお店に入るなどしてその場を離れるようにしてください。

mari
mari
しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。

派手な服装はせず荷物は少なめに

冬のヨーロッパ用シンプルスタイル冬のヨーロッパ用シンプルスタイル

ヨーロッパの冬というと、黒をメインとした暗いシンプルな服装でお出かけする人が多いです。

日本のようにあまり華やかな恰好をしているとすぐに旅行者だとわかって狙われてしまうかも。

なるべく現地に馴染むようなカジュアルな恰好を心掛け、荷物も少なめにお出かけしましょう!

関連記事ポーランド旅行おすすめの服装と現地で浮かないシーズン別コーデ

ブランドバッグや紙袋をもっていると「お金持ちだ!」と広告を背負って歩いているようなもの。普段派手な洋服を好む方は気を付けてくださいね。

わたしは貴重品(財布、パスポート)を必ずセキュリティポーチへ入れるようにしています。

実際に愛用しているセキュリポ

ファッション性はありませんが、危険を回避するにはとても有効で手放せません

置き引き対策をする

空港や駅など、ついつい荷物を床に置いておきたくなりますが、一瞬の隙に置き引きされることがほとんど!油断は禁物です。

レストランなどでは、場所取りなどに荷物をおいて席を離れなりすることのないようにしましょう。

席に座っているときも荷物は膝の上などに置き、いすの後ろにかけたりしないように!

スリ対策をする

貴重品、パスポート、スマホなどもスリに狙われやすいので、リュックなどに入れて背負って持つのはやめましょう。

ナイフなどでリュックを切られて荷物を抜かれる可能性があります。リュックを持つ際は体の前に持つようにしましょう。

とにかく身軽にして出かけるのがポイントです。貴重品や現金も必要最小限にして、常に身体から離さないように持ち歩きましょう!

夜間の一人歩きは避ける

基本的にヨーロッパの夜は一人で出歩くのをおすすめしません。

ポーランドは治安のよい国ですが、人の集まる中心地以外を歩くときは気をつけてくださいね。

ポーランドで女子旅をするなら気をつけておきたいこと

ポーランドの女子旅で特に注意すべきことは夜遊びです。

mari
mari
アジア人は少ないので、旅行者ということがすぐばれます。

治安もよく、夜遅くまでバーが賑わうワルシャワの繁華街では、酔っ払いが増えてナンパされる確率も高まります。性犯罪に巻き込まれないようくれぐれも注意してください!

ポーランドは夏の間以外は日が短くすぐに暗くなってしまいます。

旅行者がたくさん集まる場所は夜間でも問題なく出歩けますが、見るからに治安の悪そうな路地もあるので立ち入らないようにしてください。

ポーランドで子連れ旅行をするなら気をつけておきたいこと

ポーランドは子連れ旅行にかなりおすすめだと思います。

特に子連れだからといって気を付けないといけないことありませんし、食事についても子供が好むような料理がたくさんあって、困りませんでした。

公園もたくさんあって地元の子供たちで賑わっています。

あもちゃん
あもちゃん
一緒に遊んですごい楽しかったよ!

他のヨーロッパ諸国と比べて移民が少なくテロの脅威が少ない、物価が安い、それでいてヨーロッパの雰囲気を存分に感じることができる。

訪れてみればきっと好きになること間違いなし!ぜひ家族旅行を検討してみてくださいね♪

ポーランド旅行前に準備すべきはWiFiと海外旅行保険

ポーランド旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。

WiFiレンタルでネット環境を整える

旅先で何か困ったことが起きた時、ネットが使えると安心感が違います

道に迷って危険そうな場所に迷い込んでしまった時、スリに逢った時、体調を崩してしまった時、すぐに検索して助けを求められれば大きな被害にならないことも十分あり得ます。

普段なら落ち着いて判断できることも、焦っていると思わぬ方向にいってしまうものです。

旅慣れた人であれば現地のSIMカードを、そうでなければレンタルWiFiを準備しておくことをおすすめします。

レンタルWiFiは価格、品質、サポートなどを比較した結果わたしはグローバルWiFiをすすめることが多いのでぜひ参考にしてみてください。

キャンペーンページからお申し込みいただくと1,000円割引で申し込めます。

1,000円割引キャンペーンはこちら

海外旅行でインターネット
グローバルWiFi

※4000円以上の申込みで割引対象

ポーランドでポケットWiFiとSIMカードどっちがおすすめ?現地フリーWiFi事情と通信手段の選び方ポーランドで使えるSIMカードとレンタルポケットWiFiについてそれぞれの特徴と利点、現地の電波状況を徹底解説!世界一周経験あり、70か国以上を旅してきた旅のプロがおすすめの通信手段と注意点についても紹介します。...

海外旅行保険でいざという時に備える

実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。

万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょう!

海外旅行に必ず持っていく相棒カード海外旅行に必ず持っていく相棒カード

クレジットカードは、磁器不良で使えない場合や、盗難や紛失に備えて絶対に複数枚必要です。

さらに、複数枚持っているとそれぞれのカードに付帯している海外旅行保険の補償額が合算されるので、無料のクレジットカードは何枚あっても損がありません。

ゴールドカードの中でも海外旅行に強い航空会社系のクレジットカードは1枚持っておくと一生使える旅の相棒になってくれるでしょう。

当サイトでは

☑年会費15,000円程度
☑海外旅行保険自動付帯
☑VISAもマスターも選択可能
☑マイルも貯まる

航空系のクレジットカード

のいずれかをメインに、

わたしのイチオシカードである、年会費無料エポスカードを組み合わせて持つことをおすすめしています。

エポスカード(VISA)

エポスカード

エポスカード

  • 海外旅行保険付帯
  • 無料なのに補償額優秀
  • 海外キャッシング対応
ブランド 年会費 ポイント還元率
VISA 0円 0.5%

まず、絶対に外せないのが年会費永年無料のエポスカード

エポスカードというとファッションビルのマルイのイメージですが、実はこのカード海外旅行好きのあいだでは有名なカードです。

年会費が一切かからないにも関わらず、海外旅行保険が付帯。

他社の年会費無料クレジットカードと比較してみても、保険適用の条件も、補償額も、エポスカードが使いやすさ抜群なので、すべての旅行者の方におすすめです。

海外旅行保険は利用付帯。

利用付帯というと使いづらいイメージがあるかもしれませんが、エポスカードの保険は利用条件がゆるめで利用しやすいのでおすすめです。

ツアー料金や電車・バス・タクシーなど移動に関する支払いをエポスカードでおこなうだけで自動的に保険が付帯されます。

海外旅行保険の補償内容は以下の通り。

疾病治療 傷害治療 傷害死亡
270万円 200万円 3,000万円
賠償責任 携行品損害 救援者費用
3,000万円 20万円 100万円

携行品損害の補償額20万円は少なめなので、高価な財布やアクセサリー、PCやiPhoneを持っていく場合は足りなくなる可能性があることは頭にいれておきましょう。クレジットカードを複数枚持って50万円以上は欲しいところです。

キャッシング枠ありで審査を通れば、海外キャッシングも問題なく使えますし、ブランドはVISAなので使えずに困ることもほぼありません。

もしまだ持っていないのであれば、今すぐ申し込みをお忘れなく。

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

航空系のクレジットカード

航空系カードをANAにするか、JALにするかは完全に好みで選んで問題ありません。

マイル目的で発行する場合のそれぞれのおすすめカードは以下の通り。

JALマイルなら
ANAカード(VISA・Mastercard®・JCB)
ANAカード(ワイドゴールドカード)

ANAカード(ワイドゴールドカード)

  • 海外旅行保険自動付帯
  • 好きなブランドを選べる
  • ANAマイル貯まる
  • 海外キャッシング対応
ブランド 年会費 マイル還元率
JCB / VISA
Mastercard®
15,400円 1.0%

もう1枚のおすすめは、マイルの貯まるANAカード。

「ANAの飛行機が好き、マイルを貯めていきたい、マイルを使っていつかビジネスクラスに乗ってみたい」という人にはANAのクレジットカードをおすすめします。

入会キャンペーンをやっていることが多いので、年会費の安い一般カードでも初年度は一気に5万マイル貯まることも…!!

とはいえ一般カードとゴールドカードでは搭乗時の獲得マイルや還元率に大きく違いが出るため、メインカードにするならゴールドカードのANAカード(ワイドゴールドカード)がイチオシです。

海外旅行保険は自動付帯。

カードを持っているだけで保険が適用になります。

海外旅行保険の補償内容は以下の通り。

疾病治療 傷害治療 傷害死亡
150万円 150万円 最高5,000万円
賠償責任 携行品損害 救援者費用
2,000万円 50万円 100万円

これ1枚で補える部分も多いですが、ここに年会費無料のエポスカードを組み合わせて補償額をアップさせると安心感が増します。

エポスカードと同様に、キャッシング枠ありで審査を通れば、海外キャッシングも問題なく使えます。

VISAとMastercard®の発行はここ

ANAカード
(ワイドゴールドカード)
公式サイトを見てみる

JAL CLUB Aゴールド(VISA・Mastercard®・JCB)
JAL CLUB Aゴールド

JAL CLUB Aゴールド

  • 海外旅行保険自動付帯
  • 好きなブランドを選べる
  • JALマイル貯まる
  • 海外キャッシング対応
ブランド 年会費 マイル還元率
JCB / VISA
Mastercard®
17,600円 1.0%

JAL CLUB AゴールドはJALを含むワンワールドのマイルを貯めたいならイチオシのカード。

かつてのわたしのメインカードです。

JAL CLUB Aゴールドも入会後のJAL便初搭乗で5,000マイル、翌年以降も毎年最初の搭乗で2,000マイルがもらえます。

加えて、空港でカードラウンジの利用やJAL CLUB Aよりも手厚い海外旅行保険の補償額が魅力。

海外旅行保険は自動付帯。

海外旅行保険の補償内容は以下の通り。

疾病治療 傷害治療 傷害死亡
300万円 300万円 5,000万円
賠償責任 携行品損害 救援者費用
1億円 50万円 400万円

ここに年会費無料のエポスカードの補償をプラスするとかなり安心感が増します。

JAL CLUB Aゴールドの年会費(17,600円)と比べるとその差はわずか1,650円。

  • 通常年会費11,000円
  • ショッピングマイルプレミアム年会費4,950円
  • 合計15,950円

(JAL CLUB Aゴールドの場合はショッピングマイルプレミアムが自動付帯のため、同等のマイル還元率1%でマイルを貯められます)

年会費たった1,650円の差で海外旅行保険の補償額がグッと手厚くなるので、そこにメリットを感じるならJAL CLUB Aゴールドがおすすめです。

下記のボタンから公式サイトに飛んだら、「JAL CLUB Aゴールド」のタブをタップして申し込んでください。

JALマイルを貯めるならこれ

JAL CLUB Aゴールド
公式サイトを見てみる

店舗受取で即日発行可◎

エポスカード
公式サイトを見てみる

ポーランドで使えるおすすめクレジットカード|元クレカ社員が選ぶ無料&ゴールドカード【2024年最新】クレジットカード会社に10年以上勤務したクレカと旅のプロの私が、ポーランド旅行にどの海外ブランドを持っていくべきか、ポーランド旅行におすすめのクレジットカード、クレジットカードが複数枚必要な理由を徹底解説しました。ぜひ参考にしてください!...

ポーランドの治安まとめ

ヨーロッパの中では治安のよいとされているポーランド。

ポーランド人は観光スポットであれば英語が話せる人も比較的多く、とても楽しく快適に観光できました♪

とはいえ、日本人旅行者の盗難の被害が多いのも事実です。

わたしのおすすめを最後にまとめます。

  1. エポスカードを作って海外旅行保険に備え、現地ではクレカ払い
  2. WiFiSIMカードを用意し、いつでもネットが使えるように準備
  3. 貴重品はセキュリティポーチに隠し、財布をカバンやポケットに入れないようにする!

ついつい観光に夢中になりやすいですが、身の回りの貴重品をきちんと管理して、楽しい思い出だけを持ち帰ってくださいね♡

ポーランドをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔ポーランドの航空券はアジア・中東経由が1番が安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復たった6万円のワルシャワ行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便もおすすめです♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

ワルシャワでぜひ泊まっていただきたいのがポローニア パレス ホテル!!

コスパ抜群で料理も美味しく誰にでもおすすめできるスペシャルなホテルです。

ワルシャワ中央駅、ズウォテ・タラスィ(ショッピングセンター)までわずか350mと抜群の立地。

2歳の娘にぬいぐるみのプレゼントもあり、ファミリーでも安心して滞在できました♡

ポローニアパレスの
料金をチェックしてみる

ポーランドを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ポーランドで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

アウシュビッツのツアーが大人気

安心の日本語ツアーで
ポーランドを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA