ポーランド

ポーランドの物価を徹底分析!旅行前に知っておきたい6つの価格《食事・ホテル代・乗り物等》

物価が安いと言われるポーランドですが、実際のところ物価は日本と比べてどうなのか気になりませんか?。

ポーランドの物価は、日本と比較すると半分くらいです。物価の高いヨーロッパでもポーランドはリーズナブルに旅行できるのでかなりおすすめ!!

今回はそんなポーランドの物価について、物のカテゴリー別に調べてみました。これからポーランドに訪れる方はぜひ参考にしてみてください♪

中欧周遊も楽しい!!

JTBでポーランドツアー
を探してみる

東京⇔ポーランドの航空券はアジア・中東経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復たった6万円のワルシャワ行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便もおすすめです♪

公式リンクスカイチケットでポーランド行きの格安航空券をみてみる

ポーランドをもっと知る

ポーランドの物価は『日本の半分』くらい

ポーランド・ワルシャワ

ポーランドの物価は日本の半分程度です。

もちろん、物によっては日本より高かったえり、半額以下だったりとまちまちですが、周辺のヨーロッパ諸国に比べると、かなり物価が安いです。

ヨーロッパ旅行はお金がかかる!と思っている人も多いかもしれませんが、ポーランドなら他の国よりはたくさん楽しむことができるかもしれません♪

ポーランドのホテル宿泊費の目安

旅行で訪れるなら絶対知っておきたいのがホテルの宿泊代の目安!

首都であるワルシャワのホテルで言うと、1泊あたり(大人二人一室)8,000円〜20,000円程度が相場です。

mari
mari
ホテルのランクによって平均値段が変わりますが、日本より少し安いくらいですね。

5つ星ホテルが案外安いのも魅力です。

  • 3つ星ホテル:7500円前後
  • 4つ星ホテル:8,000円前後~
  • 5つ星ホテル:10,000円~20,000円前後
  • ホステル:1,000~3,000円前後

ポーランドの食事・レストランの物価

ポーランド名物・グヤーシュポーランド名物・グヤーシュ

ポーランドのレストランは非常に安価です。

その時のユーロ相場によって価格は前後しますが、ランチの場合5ユーロ(約600円)程度で食べることができます。

価格はワルシャワが最も高く、地方に行くにつれ安くなります。ワルシャワが高いと言っても、お店によりけり。

中心部にはポーランド料理を扱ったレストランがたくさんあるのですが、カジュアルな食堂のようなお店では、メインのダンプリングが23.59ズウォティ(約663円)で食べることができます。

ポーランド名物・ボイルピエロギ

1皿でお腹いっぱいになるので、いろんな種類を試したい人はシェアしてもいいかもしれません。

ポーランド・レストラン

ディナーもメインコースはメイン・サラダ・サイドメニューがついて約1,500円。メインの肉や魚のみの場合約1000円です。

ビールは500mlで350円程度と驚きの安さ!ポーランドのビールはとても美味しいのでぜひ試してみてくださいね♪

観光地では少し値上がりしますが、日本より高いということはほぼありません。

チップの習慣はあまりありませんが、特別親切な対応をしてもらったり、ご飯が美味しかった場合には食事代の10%ほどを置いておきましょう。

  • ファーストフード店:400~600円程度
  • カジュアルなレストランで一食:500~1,000円程度
  • 中級程度のレストランやコース料理:1,500~2,500円程度

ポーランドの食料品・飲料・お菓子の物価

スーパーやコンビニは旅行者にとっても強い味方!大袋のお菓子や、調味料などをお土産にするのも楽しいですよね♪

ポーランドのスーパーで見てきた価格をご紹介します。

水・お茶・ジュースなどの飲料

ポーランド・スーパーマーケット

1.5Lのミネラルウォーターは、1.80ズウォティ(約50円)で、とても安価。

海外で不思議なのが、量によってあまり値段が変わらないこと・・・。

1.5Lで1.80ズウォティ(約50円)のミネラルウォーターの1L、500mlもほぼ同じ値段です(笑)

最初に500mlのペットボトルを買い、そのあと1.5Lを買って継ぎ足すなど、工夫をすると少しでも節約することができます。

牛乳は1Lあたり1.9〜2.5ズウォティ(約53円〜約70円)と日本よりかなり安いです。

しかし、含脂肪量に差があるので、よく見て買いましょう!3%はかなり薄い!と思ってしまうかもしれません。

  • 水(1.5L):1.80ズウォティ(約50円)
  • ジュース・炭酸飲料(1L):3.5〜4ズウォティ(約100円〜約113円)
  • 牛乳(1L):1.9〜2.5ズウォティ(約53円〜約70円)

ビールなどのアルコール類

ポーランドは冬になるととても寒くなるので、好んでアルコールが消費されます。

そのため安価で美味しいお酒が飲めることで有名なんですよ♪

日本に比べるとアルコール類はかなりお安く、レストランやバーでビールを頼むと500mlで約12.4ズウォティ(約350円)、ワインは少しお高めで150mlのグラスワインが約80ズウォティ(約843円)です。

ポーランド・ビール

ハイネケンやコロナいった輸入ビールも安く手に入れることができます。

スーパーでの価格はポーランドの銘柄のビールが500mlで1.99ズウォティ(約56円)程度、ワインは物によりますが約8ズウォティ(約225円)で購入可能。

  • ワイン(レストラン):150mlあたり約80ズウォティ(約843円)
  • ワイン(スーパー):約8ズウォティ(約225円)
  • ビール(レストラン):約12.4ズウォティ(約350円程度)
  • ビール(スーパー):約1.99ズウォティ(約56円)程度

お菓子

ポーランド・スーパー

ポーランドではヨーロッパ中のお菓子が手に入ります。

世界中で有名なドイツのチョコレート・Milkaの板チョコは11.99ズウォティ(約337円)。

mari
mari
日本の板チョコより高い、と思われるかもしれませんが、日本で販売されている3倍ほどの大きさなんです(笑)

100gバージョンも売ってあり、100gの方は3.99ズウォティ(約113円)。

ポーランドのお菓子ブランドのWeswlのチョコは3.49ズウォティ(約98円)で購入できます。

ナッツ類は量り売りで、ピスタチオは100gあたり5.49(約154円)、ピーナツは100gで約0.99ズウォティ(約28円)程。

ポテトチップスなどのスナックは、150g入りのものが2.39ズウォティ(約68円)、プリングルスが7.99ズウォティ(約224円)。

海外からの輸入品(EU圏外から)は少し高い傾向にあります。

  • チョコレート菓子:3.49ズウォティ(約98円)
  • ナッツ類:100gあたり5.49(約154円)、100gあたり約0.99ズウォティ(約28円)
  • ポテトチップス:2.39ズウォティ(約68円)

生鮮食品

短期の旅行だとなかなか購入する機会はないかもしれませんが、生鮮食品の値段もご紹介します。

ポーランド・スーパー

鶏肉のフィレが1Kgあたり16.25ズウォティ(約456円)、鶏一匹丸々が6.99ズウォティ(約197円)、牛肉の赤身が100gあたり2.19ズウォティ(約61.49円)です。

たいてい表示は全て1kgあたりの値段。

あもちゃん
あもちゃん
日本の約半分くらいの値段ですね〜!

卵は、1ダース6〜12ズウォティ程度(約168〜約337円)。

また、魚はあまり種類がありませんが、スモークサーモンやニシンは安く手に入ります。

その際にスモークサーモンはマリネにされた状態で13.99ズウォティ(約393円)、ニシンの酢漬けは1.2Kgで9.09ズウォティ(約256円)

日本と違って、卵が綺麗に洗われておらず羽がついたままであったり、卵が割れているなんてことがあるので、買う前にパッケージを開けて中を確認しましょう。

ポーランド・スーパー

野菜や果物も量り売りです。

そのためバナナなど、房のものはちょうどいい数でちぎってOK。

トマトは1Kgあたり4〜6ズウォティ(約113〜168円)、キャベツ、人参、玉ねぎ、ジャガイモは1Kgあたり3ズウォティ程度(約84円)と破格です!!!

りんご、バナナは季節によりますが、大体1Kgあたり4〜5ズウォティ(約112〜140円)です。

  • 鶏肉:1Kgあたり16.25ズウォティ(約456円)
  • 牛肉:100gあたり2.19ズウォティ(約61.49円)です
  • 卵12個:6〜12ズウォティ程度(約168〜約337円)
  • トマト:4〜6ズウォティ(約113〜168円)
  • キャベツ:3ズウォティ程度(約84円)
  • りんご:4〜5ズウォティ(約112〜140円)
  • バナナ:4〜5ズウォティ(約112〜140円)

※卵、牛肉以外1Kgあたりの値段

乳製品

ポーランド・スーパー

ポーランドは恵まれた国土により、乳製品がとても安く買うことができます。

200gのゴーダチーズは6.99ズウォティ(約197円)、クリームチーズは1箱200g4.99ズウォティ(約140円)、カマンベールチーズは120g一箱で3.25ズウォティ(約92円)と、日本に比べると1/3以下のものもたくさんあります!

バターは1Kgあたり27〜40ズウォティ(約758〜1123円)と破格。

ただ、たくさん入っているものもあるので使いきれる量を買いましょう!

さらにヨーグルトは150gをが1.49ズウォティ(約42円)ととても安いです!

  • ゴーダチーズ:6.99ズウォティ(約197円)
  • クリームチーズ:4.99ズウォティ(約140円)
  • カマンベールチーズ:3.25ズウォティ(約92円)
  • バター:27〜40ズウォティ(約758〜1123円)
  • ヨーグルト:1.49ズウォティ(約42円)

ポーランドの人気お土産の物価

クルフカ 5.3〜7.4ズウォティ(約150〜約200円)

ポーランド・クルフカ

ポーランドで有名なお菓子といえば、ポーランドのキャラメル・クルフカ。

スーパーで購入可能で、一袋に20個ほど入っているのでバラマキ用にも最適です。

日本のキャラメルとは異なり、外はサクサク、中はトロトロといった不思議な食感は癖になります!

ポーランドの公共交通機関・タクシー料金の物価

トラム・バス

ポーランド・トラム

ポーランドのトラム、バス、地下鉄では同じチケットを使うことができるのでとても簡単。

値段はZONEと呼ばれる区間と時間で決まっています。

街中にある上の写真のような機械、もしくは車内(購入不可であったり、お釣りがない場合があるのでおすすめしません)で購入可能です。

ZONE1(各都市市内)のみの場合

20分3.4ズウォティ(約87円)
75分4.4ズウォティ(約124円)
90分7ズウォティ(約196円)
24時間乗り放題15ズウォティ(約420円)
週末乗り放題24ズウォティ(約672円)

ZONE1(各都市市内)とZONE2(郊外)両方の場合

20分3.4ズウォティ(約87円)
75分7ズウォティ(約196円)
90分7ズウォティ(約196円)
24時間乗り放題26ズウォティ(約723円)
週末乗り放題24ズウォティ(約672円)

乗ったらトラム、バスの場合は上の写真のような機械で打刻を忘れないでください!

忘れた上に、警察に見つかると高額な罰金を払わなければならなくなります。地下鉄の場合は改札あり。

タクシー

タクシー会社にもよりますが、以下が基本。

  • 初乗り:6ズウォチ(約168円)
  • 1Kmごと:2.2ズウォチ(約65円)
  • 午後10時〜午前6時まで、日曜、郊外は割増料金
  • 乗客数(基本的に4人まで)と荷物の量は値段に影響しない

ポーランドの有名観光スポットの料金目安

 旧王宮

ワルシャワ・旧王宮

ワルシャワ歴史地区のど真ん中に位置するのが旧王宮。

20世紀初頭にはポーランド大統領やその首相の執務地として使われました。第二次世界大戦中にナチスドイツによって破壊され、1988年に再建。

料金は大人が30ズヴォティ(約840円)、 子供は1ズヴォティ(約28円)。

フレデリック・ショパン博物館

ワルシャワ・フレデリック・ショパン博物館

ワルシャワで人気のショパン博物館。料金は大人が22ズウォティ(約622円)。

幼少期からの歩み、直筆の楽譜、自画像、ショパンに関わった人々など、数多くの知識を得ることができます。

ネオンミュージアム

ワルシャワ・ネオンミュージアム

歴史的な街ワルシャワで異色ではありますが、ぜひご紹介したいのがネオン博物館。

ポーランド中の使いふるされたネオンが集められ、どのような場所で使用されていたのか知ることができます。

中心部から少し離れており、日本人旅行者からあまり知られていませんが行って損は穴場スポットです。

入場料は13ズウォティ(約368円)です。

クラクフ

クラクフ・アウシュビッツ強制収容所

ポーランドというと、アウシュビッツ強制収容所を連想する人も多いのではないでしょうか。

アウシュビッツのある都市はクラクフといい、首都のワルシャワからは少し離れています。

しかし、文化の中心と言われており、歴史的な建築物が数多く残っています。

各観光地の料金はアウシュヴィッツ強制収容所が無料(原則として公式ホームページからツアーの予約が必要)、ヴィエリチカ岩塩坑は繁忙期は大人89ズウォティ(約2523円)、それ以外は大人94ズウォティ(約2665円)となっています。

クラクフ・ヴィエリチカ岩塩坑

教会は聖堂までは無料のところがほとんどです。

ヴァヴェル大聖堂では、大聖堂までは無料ですが、ベルタワー・博物館・王族の墓は別途チケットが必要で、大人12ズウォティ(約340円)、 子供7ズウォティ(約198円)、 団体11ズウォティ(約312円)となっています。

ポーランドの物価 まとめ

ポーランドはEUに加入していながら自国の通貨ズウォティを使用しているため、物価の高騰が起こらず、かなりお得に楽しむことができます。

東欧独特の雰囲気を味わいたい人には本当におすすめの国!かわいい雑貨もたくさんあるのでショッピングも楽しんできてくださいね♪

ポーランド現地でのお買い物にはクレジットカードと現金の両方が必要です。

わたしのおすすめメインカードはANAのワイドゴールドカード。マイルがたくさん貯まるのでお気に入り。

ゴールドカードなので年会費が1万円ちょっとかかるのがネックですが、カードラウンジも使えるし、保険の内容がも手厚くめちゃくちゃ重宝しています。空港から自宅までのスーツケース宅配が500円なのも最高!

mari
mari
わたしはコンビニですら全てカード払いにして、徹底的にカードを使い倒し、1年に東南アジアを往復できるくらいのマイルを貯めています♪

年会費無料のクレカがよければ海外旅行保険がついてくるエポスカードがとにかく最強!!

年会費無料でここまでお得なカードもめずらしいので、持っていない方はすぐに申し込まないと損ですよ!!(ステマでなく本気で一押しのカードです笑)

ポーランドをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔ポーランドの航空券はアジア・中東経由が1番が安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復たった6万円のワルシャワ行きチケットも見つかりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ!乗り継ぎは疲れるので直行便もおすすめです♪

公式リンクスカイチケットでポーランド行きの格安航空券をみてみる

子連れポーランド基本情報!旅行前に読みたい情報全てまとめました(観光・ビザ・治安・物価)世界一周経験者の旅ブロガーがポーランドに行く前に押さえておきたい現地の物価、治安、天気、服装、ビザ、チップ、お土産情報などを全てまとめました。旅行前にお気に入り保存か印刷していくことをおすすめします!ポケットサイズのガイドブックとしてご利用ください。貴重な子連れ海外情報も発信中!...
 

おすすめホテル

ワルシャワでぜひ泊まっていただきたいのがポローニア パレス ホテル!!

コスパ抜群で料理も美味しく誰にでもおすすめできるスペシャルなホテルです。

ワルシャワ中央駅、ズウォテ・タラスィ(ショッピングセンター)までわずか350mと抜群の立地。

2歳の娘にぬいぐるみのプレゼントもあり、ファミリーでも安心して滞在できました♡

ポローニアパレスの
料金をチェックしてみる

ポーランドを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ポーランドで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

アウシュビッツのツアーが大人気

安心の日本語ツアーで
ポーランドを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA