ラオス

ルアンパバーンナイトマーケットへ行ってきた!行き方・見どころ・所要時間徹底ガイド《ラオス》

海外旅行の楽しみのひとつがショッピング。

物が増えすぎると困るので、最近は食器類を少しだけ購入するようセーブしていたのですがラオスでは財布の紐がゆるみっぱなし。

今回はラオス最大規模、ルアンパバーンのナイトマーケットを紹介していきます。

東京⇔ラオスの航空券はLCCの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復3万円でラオス行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

ラオスをもっと知る

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

ルアンパバーンナイトマーケットの楽しみ方

取り扱い商品

首都ビエンチャンで取り扱っている商品とさほど内容は変わりませんが、ルアンパバーン の方がお店に統一感があり、ラオスの雰囲気をより感じられるかもしれません。

売られている商品としては、

  • Tシャツ、ワンピース、ハーフパンツ等の洋服
  • お財布、ポーチ、カバー等の布製品
  • アート
  • ランタン
  • ペーパークラフト
  • コーヒー、スパイス
  • ラオス米で作ったお酒
  • ぬいぐるみ

似たようなお店がいくつかあるので、一周してから買い物するもよし。戻るのが面倒なら早めに買っちゃうのもよし。

お店によって多少金額は違うもの、だいたい100円くらいの誤差なのであまり気にしなくてもいいかも。

バリ、バンコク、カンボジアあたりでもよく見かける柄。東南アジアらしいワンピースは涼しげでいいですね~。

300円~500円くらいだったかな。

貝のボウル

ペーパークラフト。10年くらい前にベトナムで初めて見たときは感動したけど今は色んなところで見かけるようになりました。

mari
mari
シュシュ買った。動物の刺繍かわいい(*´з`)

その他にもフルーツジュースや焼き鳥、ちょっとした屋台もたくさん出ているので食べ物にも困りません。

mari
mari
僕は屋台のご飯は心配だから食べない~

わたしも、たまたま同時期にいった友人もラオス旅行で胃腸炎になったので、お腹が弱い人はやめておいたほうがいいかもしれません。

mari
mari
危ないというほどではないけど、時々あたる人がいるようです。

値段交渉

基本的に値段は書かれていないので、お店の人に話しかけて値段交渉。

ラオスはタイやインドネシアと違いもともとボッタクリ価格で販売していないので、急に半額になったりする事はまずありません。

下がってもほんの少しか、場合によっては複数商品を購入しないと全く下がらない場合もあります。

mari
mari
そもそも元の値段が安いのであまりネチネチ交渉せず、スマートに買い物してみるのもいいかもね!
フェニー
フェニー
へーいつもネチネチ交渉してるmariさんが珍しいね(笑)
mari
mari
その言い方ひどくない?!でもラオスの人から値切るのってなんか申し訳なくてさ。

あまり商売気がなくこちらから値段を聞かないと全然勧めてこないお店が大半です。

ルアンパバーンナイトマーケットで購入した商品

ヴィエンチャンで既に結構買い物していたので、少しだけ買い足す程度。

mari
mari
やっぱりあもちゃんの物を買っちゃいますねー。

あもちゃんの洋服とゾウさんのぬいぐるみを買いました。

あとシュシュ3セットと自分用のワンピースをもう1枚。どれもこれも安いので、買いすぎに注意してください!

mari
mari
日本に帰ってもタンスの肥やしにならず使っているものばかりなので買って良かったです♪

ルアンパバーンのナイトマーケット営業時間

夕方になるとメインストリートが歩行者天国となりワラワラとお店が出店し始めます。

大体17時位からお店の準備が始まり、18時にはほとんどのお店が準備完了。

フェニー
フェニー
22時くらいまで開いているので遅めに行っても大丈夫です。
mari
mari
よほど天気が悪くなければ旅行者で賑わっており道を歩くだけでも楽しいですよ!

ルアンパバーンのナイトマーケット行き方・アクセス

開催場所はルアンパバーンの中心地にある「シーサワンウォン通り(Sisavangvong Rd.)」

王宮博物館の前から郵便局前の交差点あたりまで。

昼間はなんにもないのに、夜になるとめちゃくちゃ賑わうのでびっくりします。

ラオスで子供から土産物を買わない方がいいという考え方

楽しいナイトマーケット情報からちょっと社会派チックな内容になるので、苦手な方は飛ばしてください。

帰国してからブログを書くためにラオス旅行を振り返っていたところ、社会派ブロガー & 紀行文筆家であるちきりんさんのブログが目に留まりました。

それは子供からお土産を買わないでくださいという記事

小さくてかわいい子どもが売り子をしていると、どうせ買うなら子供からと思ってしまうのが心情。

しかし旅行者が子供から商品を買うことで、親も「学校に行かせるより商売をさせた方が儲かる」と思い込んで子供の教育の機会を奪ってしまうというのです。

mari
mari
記事を全部読むとなるほどなと納得させられました。

国によって事情は多少異なるとは思いますが、特に発展途上の国では子供との接し方について気を付けていきたいと思います。

どんな国でも、基本的に親は子供のことを思って暮らしています。学校より商売のスキルを上げた方が”子供のためになる”と本気で思っているからこそ、学校に行かせない親が多いってやるせないです。

実際日本では学歴社会が疑問視され

  • 学校なんて意味ある?
  • 大学行くより社会人経験積んだほうがいいよ

なんて意見も増えてきました。

批判するのは簡単ですが、教育の大切さについて今一度考えさせられる良いきっかけとなりました。

ラオスをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔ラオスの航空券はLCCの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復3万円でラオス行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

ルアンパバーンでぜひ泊まっていただきたいのがマイ ドリーム ブティック リゾート!!

中心地まで少し離れているのでとっても静かでリラックスできました♡お値段もリーズナブルでご飯も美味しくて子連れにもかなりおすすめできるホテルです。

立地重視ならザ ベル リヴ ブティック ホテルがとても便利で朝食がすごく美味しかった!!

マイドリームの
料金をチェックしてみる


ヴィエンチャンならダバラブティックホテルが一押し!

パーフェクトな立地と、エレガントな内装に豪華な朝食と満足度の高い素敵なホテルでした!子供が熱を出した時にも親切に対応してくださり信頼できるスタッフだと感じましたよ♪

ダバラの
料金をチェックしてみる

ラオスを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ラオスで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

パクオー洞窟とクアンシー滝が超おすすめ

安心の日本語ツアーで
ラオスを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA