カタール

年末年始子連れカタール!旅ブロガーの家族旅行《11泊13日旅行記1日目》

年末年始を海外で過ごすようになってから早十数年・・・。出産直後こそ実家の岡山で過ごしましたが、それ以外は欠かさず海外旅行に出ています。

2020年の年越しは《ルーマニア&ブルガリア&ちょこっとカタール》!これまで気候や治安についての記事を書いてきました。

今回はその集大成、自分や家族に向けた旅行記です。

あまりにも長くなったので第1部をカタール編~2部をルーマニア編~3部をブルガリア編として滞在都市ごとに8記事にわけました。

普段の記事と違って感じたことや旅中に起こった小さなことにも触れているので読みやすいと思います。

ぜひあわせて読んでいただけると嬉しいです!

mari
mari
羽田からドーハへ向かいます!
日程13日間でまわってきた場所
1/2日目
カタール旅行記
羽田からドーハ(フライト&ドーハトランジット観光)
3日目
ルーマニア旅行記
ブカレストからトランシルバニア(ブカレスト/シナイア僧院/ペレシュ城/ブラン城/プレジュメール要塞/ブラショフクリスマスマーケット)
4日目
ルーマニア旅行記
ブラショフ(黒の教会/トゥンパ山/聖ニコラエ教会)
5日目
ルーマニア旅行記
世界遺産シギショアラ(旧市街観光)
6/7日目
ルーマニア旅行記
ブカレスト(旧市街観光/国民の館/ショッピング)
8日目
ブルガリア旅行記
ヴェリコタルノボ(旧市街観光)
9日目
ブルガリア旅行記
プロブディフ(旧市街観光)
10/11/12/13日目
ブルガリア旅行記
ソフィア(旧市街観光/アレクサンドルネフスキー大聖堂/リラの僧院/ボヤナ教会)

カタールをもっと知る

子連れルーマニア&ブルガリア&カタール11泊13日旅行記

旅のメンバー

  • わたし(30代女性)
  • フェニー(30代男性)
  • あもちゃん(3歳娘)

前書き

旅行前日に前触れもなく風邪をひいてしまい、絶好調とはいかない中出発。

年末年始は13日間とわりと長めに家族旅行するので、その間の記事を予約投稿するのに頑張りすぎたかも。

とはいえ今回は珍しく荷物の見直しや、確認はしっかり怠らなかった。

ルーマニアとブルガリアで欲しいと思えるものが手に入らなかったら困るなと思ったのと、寒さに怯えすぎてヒートテックを筆頭に防寒対策は完璧だ!

冬の旅行は荷物が増えて大変だけどクリスマスシーズンのヨーロッパは心躍る。

自宅から羽田へ出発!!

羽田の深夜便とあっていつもよりゆっくり準備していたら出発が早まっていてチェックイン締め切りギリギリに到着。

あもちゃんは21時過ぎごろ電車で寝た。荷物が多くなってもベビーカー持ってきて良かったと思うのは子供が眠りこけたとき。

3歳2ヶ月だけど、既に15kgもあるので抱っこするのも重労働。

羽田空港はクリスマスのイルミネーションがすごくきれい!アナ雪っぽい白と明るいブルー。

今回はスターアライアンス系の航空会社ではなくカタール航空利用。3人合算するとJALマイルが12,000マイルほど貯まるありがたい。

1発で国内線往復レベルなので年に1回しか海外に行かないという人も絶対にマイルは貯めた方がいいと思う。

これはゴールデンウィーク、フェニーの両親が来た時おともdeマイル用として使おう。

※通常東京⇔岡山間はひとり15,000マイルか往復3万円くらいかかるのだけど、おともdeマイルを使えばわたしは12,000マイルに、フェニーと義両親はひとり2万円で飛行機に乗れるのだ。

カタール航空QR813便でカタールドーハへ

ドーハへ行くのは6年ぶり3度目。

あまり長く滞在しても仕方ない場所なのでトランジットでたまに寄るくらいでちょうどいい。

エミレーツのドバイ、エティハドのアブダビも同じく中東系エアラインは乗り心地もサービスも良いし値段も安いので経由便で利用することが多かった。

目的地にしたことはほぼないけど、ちょっと寄るにはとても楽しい。

ANAのマイルが貯まらないので最近使ってなかったけど年末年始の航空券は中東系が安かった。

機内でアメニティを確かめてからとにかく寝ることに。途中かなり具合が悪くなって焦る。

全身から血の気が引き、貧血の症状に。そういえば1年前のシンガポールでも貧血になったんだっけ。

あの時買ってそのままになっていた鉄のサプリ常備しておこうかな…。少し休憩してトマトジュースを飲んだら復活したけど大丈夫かな。不安。

自身の体調不良さえなければ機内はとても快適だった。

モニターも最新式で、iPadみたい!モニターが綺麗だというだけで気持ちが全然違う。

A350-1000のビジネスクラスは本当にかっこよくていつか乗ってみたいな~。

さすが2019年ベストエアラインに選ばれただけのことはある。

ベストエアラインは実際のところ、広告主とかお金の絡みとか色々あるようだけど、実際毎月どこからしらの飛行機に乗っている身としてもカタール航空の良さを感じるよ。

深夜の食事はパスし、日本時間朝6時ごろ配布されたスナックを食べた。

スナックも結構美味しくて、ポテトチップスにチョコレート、グルメポップコーン食べ放題。

ポップコーンは高級店のキャラメル味がして美味しい。

糖分が欲しくてチョコレート2つくらいもらって帰ろうと頼んだら10個以上くれた。太っ腹!

映画もたくさんあったけど、とにかく眠ることに専念。子供がいるとなかなか落ち着いて眠れないけど7、8時間は休めたかな。

あもちゃんは明け方起きてからフェニーと一緒にトイストーリーを観たり、ゲームをして遊んでいた。

最近ゲームが大好きで、自宅でも3人でドミノやジェンガをしているが結構上手い。

わたしたちも初心者ということもあるが手加減なしで負けることもある。ルーマニア、ブルガリアでも夜は家族で何かゲームを考えてできるといいな。

そうこうしているうちに到着した。

夜は体調が悪くて気づかなかったがよくよく見ると子供用のおもちゃもかなり豪華で、ベネッセもびっくりの制作キットが入っていた。

年末年始家族旅行・カタール1日目

ドーハトランジットツアー

ドーハに到着したらまずはトランジットツアーに参加するため早速シティツアーのカウンターを探す。

空港スタッフに聞きながら無事カウンターに到着。

以前無料だったツアーは40レアル→75レアルと(約2,300円)どんどん値上げしてて少しがっかりな感じだけど、2時間も案内してくれるならいいかなと思って申し込んでみた。

事前予約はしていなかったが無事空きがあり、1時間後出発の朝一のツアーに参加できることに。

待っている間コーヒーとスムージーを購入。1杯650円と結構高め。そもそも空港は割高だけどドーハ高いなー。

出発40分ほど前に声をかけられ参加者約20名と共に出国。ひとり旅の日本人も3人いた。

しっかりしたカタール航空のバスに乗って出発。約2.5時間の観光が始まる。

下記の場所へ連れて行ってくれるということだったが、本当に連れて行ってくれるだけで全然ガイドはないし、滞在時間も短いため写真を撮るくらいしかできなかった。

  1. ザ・パール・カタール(高級ショップやレストラン)
  2. カターラ・カルチュラル・ヴィレッジ(カタールの芸術と伝統を称える文化的ホットスポット)
  3. スーク・ワキーフ(伝統的な宝石、香辛料、手工芸品)
  4. イスラム美術館(素晴らしい建築作品と海に面した美しい公園)

実際のところ移動が長く、一つ一つの場所に滞在できるのはスークワーキフを除いて10分から15分程度なのでやや不完全燃焼。

あもちゃんもバスに乗った途端眠ってしまったのでフェニーもバスで留守番・・・。

外国で無料or格安で体験できるシティツアーについては別記事「https://ohayotourism.com/free-transit-tour/」で詳しく書いたので読んでみてください。

不完全燃焼とはいえ、主要観光スポットをコンパクトにまわってくれたのはありがたい。

初めて行った場所もあってとても楽しかった。実際に周った順番にシェアしていくよ!

Museum of Islamic Art(イスラム美術館)

てっきり美術館の中も見学できるのかと思っていたら、イスラム美術館やドーハの高層ビルを眺められるだけ!!

実際目で見てみると高層ビル群がとてもきれいで気持ちの良い場所だけど、写真だとちょっと遠いね・・・。

イスラム美術館ではなく、港で写真撮影と書いてほしかった。

Katara Cultural Village(カターラ・カルチュラル・ヴィレッジ)

Katara Cultural Villageモスク、劇場、映画館、コンサートホール、ショッピングモールなどが集まる複合施設。

数時間は滞在したいところなのだけど、滞在時間なんと15分!

これだとモスク周辺を周ることしかできない・・・。でも久しぶりの中東モスク。

胸が高鳴ってくる。トイレ休憩程度しか時間が取れないのが本当に残念。

ミナレットも美しすぎて・・・。

なんとも言えない美しい色合いのモスクをグルグルと周ってみた。

モスクの近くは凛とした空気が漂っていて神聖な気分になる。

アラビア語併記のトイレ。色合いもデザインも可愛いな~。

The Pearl-Qatar(ザ・パール)

街のシンボルである人口島The Pearl-Qatar。

実はここに来るのは初めて!

中東のリヴィエラと言われる由来はこのあたりのことだったのか。

全然人気ひとけがなく心配になるが、なかなか良い雰囲気。

夏はとても出歩けないだろうが、冬の中東は暖かくとても気持ち良い。青空に鮮やかなピンクの花が映える。

レストランやショップも午後から開くところが多く、午前中だとかなりひっそりしているのが良いのか悪いのか・・・。

どこもかしこも、短いなぁ。もっと長く滞在して写真を撮ったり景色を眺めたりして楽しみたかった。

Souq Waqif(スーク・ワーキフ)

最後のスークワーキフは滞在時間が40分。目覚めたあもちゃんと一緒にしばし休憩。

 

スークは中東の市場(マーケット)で香辛料や土産物などあらゆるものが売られていて歩いているだけで結構おもしろい。

アラブらしく、男性は白のトーブ、女性は黒のアバヤで全身を覆っている。

あもちゃんは初めて見るトーブが珍しかったようで、帰国後も「白いさん」と呼んでいた(笑)

解放的なレストランで食事やお茶をとるもよし、

土産物屋を冷やかしながら歩くのもまた楽しい。

途中、クルーズで寄港している白人旅行者が大きな声でガイドにクレームをいれていた。

「ねぇ、歩きたばこしている人が多くて匂いが耐えられない!!どうにかならないの!?」

ガイドさんひとこと、「Here is Arab」歩きたばこはみんな嫌だと思うけど、ここはアラブ。

どうしても嫌なら来なけりゃいい。といったバッサリ対応は気持ち良かった(笑)

カタールに限らず中東諸国は喫煙率が異常に高く、歩きたばこも当たり前。

もちろん?現地の女性が歩きたばこをしているのは見たことがないけど、旅行者には寛容かな。

自国の常識を他国に押し付けても何もならない。いろんな場所へ行ってきたけどありのままを気楽に楽しむしかないと思う。

嫌ならもう来なけりゃいいだけ。

アラビアンランプ、食器、陶器のお店が楽しいのだけど、小さな子連れだと誤って割らないかヒヤヒヤするのであまりゆっくりできない。

フェニーが相手をしてくれている隙を見つけてわたしだけ店内を物色。

カタールの国旗が大量に(笑)

2回目の休憩で適当なカフェに入ってみた。かなり高くてびっくり!!

写真のホットサンド、アラビックコーヒー、カフェラテ、チーズケーキで約2,500円。

まぁ観光地のど真ん中だし、ドーハは特に物価の安い街でもないから仕方ない。

ケーキは意外と甘すぎずでペロッと食べた。

ここでツアーは終了。全員がバスに戻り次第空港に戻るのだけど、まだ午前10時半。

お腹も減ったし、さっきのカフェがお昼というのも寂しい。

わたしたちのフライトは16時過ぎで時間もあるのでここで離脱させてもらうことにした。

聞いたら全然問題ないよ、というので時間に余裕のある方はどこかでおろしてもらうのも良いかもしれない。

時間を気にせず街歩きを再開。

エキゾチックな置物を物色しつつ、

寝起きで元気いっぱいのあもちゃんと写真を撮りながらブラブラ。初めて見るらくだに興味津々。

去年保育園で「どこのこきのこ」の踊りを練習してからきのこには目がない。

大きな庭や玄関のある家に住んでたら起きたいけど、我が家のマンションは玄関に置物禁止なので置き場所なし・・・。

一通りぐるっと回ってフムスとファラフェルが食べたかったので、適当なお店を探して入った。

スークワーキフはカタール随一の観光地なのでレストランもまずまずのお値段。

モーニングのセットが59リヤル(約1,800円)。どうせ他の店も同じようなものだろうと思い妥協したがとても美味しかったしボリュームもたっぷりだったので良かった。

自宅でも何度かフムスを作ったのだけど、なぜか中東で食べるほど美味しくない。

オイルが少ないのかな。ひよこまめは中東で缶詰を買ったんだけど。

あもちゃんもフムスとファラフェルをたいそう気に入りピタパンに挟んでパクパクと食べた。

食後少しスークを散策し、今年できたばかりの地下鉄で空港まで戻ることに。

ドーハの地下鉄

スークワーキフ駅は、中心地から地下道で繋がっておりとても分かりやすかった。

すごく綺麗でしっかりと建設されている地下鉄。

料金は片道たったの2リヤル(60円)1日パスでも6リヤル(180円)と激安。

空港までこんなに安いなんて最高。それにしても切符は安いし駅は豪華なのに人が少ない。

これ元取れるのかな…。

地元の人は地下鉄乗ったりしないのだろうな。ひとつ乗り換えてあっという間に空港に着いた。

まだまだレアなドーハのメトロはこんな感じです。

ハマド国際空港

感じの悪さは天下一品だがスムーズにチェックインを終え、遊び場へ直行。

さすがお金持ちのドーハ、空港の遊び場がめちゃくちゃカッコイイ。

まるでラピュタの巨人兵。

ちょうど2ヶ月違いの男の子アレックス(イギリス人)がいてすぐにとても仲良くなって遊んでいた。

言葉が通じないのに意気投合する感じが本当に可愛い。

頑張ってアレックスの真似をして”My name is amo” と英語を話していたので子供ってすごいよね。

今もこの先も普通の学校に行く予定だけど、大人が教えるより子供同士で外国語を話す方が圧倒的に早く語学を習得するなと感じるので、

時々外国のサマースクールなんかに参加させたいなと思う。勝手に思ってるだけ、できるか不明(笑)

たっぷり1時間遊んで、ボーディングタイム。短い滞在を終えいざルーマニアへ!

カタール航空QR219便ブカレスト行き

さすがにドーハ行きとは違い機体は小さいしボロい。でもわずか(?)5時間のフライトだしモニター付きなので文句は言えない。

乗客も先ほどとはかなり違ってルーマニア人っぽい見た目の人が多かった。

機内でほどなく眠りこけたあもちゃん。さっきまでたくさん走ったもんね。

配布されたサワークリームのプレッツェルが美味しすぎて一気に完食。ドリンクの種類も多くて嬉しい。

フェニーと今日の振り返りや、年明けから新しく働く会社のこと、昔話などをしてたら機内食の時間。

3種類のメニューからチキンビリヤニをチョイス。すごく美味しくてびっくり。カタール航空やるな。

デザートの珈琲ムースも良かった。普段味見程度で残すことが多いのに大半食べた。

年末年始家族旅行・カタールまとめ

カタールはトランジットで数時間でも結構楽しめるので、ぜひ街へ出て散策してみてください。

mari
mari
今回も色鮮やかでフォトジェニックな写真が撮れて大満足です♪

この記事は道中の飛行機やホテルでちょこちょこメモをして、帰国3週間後に書きあげました。

たった3週間前のことなのに、飛行機で体調が悪かったことなどすっかり忘れていてびっくり!!人間こうやってすぐに忘れていく生き物なのですね・・・。

旅行記を書くのは大変ですが、こうして当時の記憶が鮮やかに蘇るので本当におすすめです。旅行記の一番の読者は未来の自分(笑)

何年か後に、また家族で読み直そうと思います。それでは次のルーマニア記事も読んで下さると嬉しいです!

カタールをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔カタールの航空券は東南アジア経由が1番安いです。個人旅行が好きならスカイチケットで一括検索がおすすめ!!往復7万円のチケットがみつかります。

わたしはカタール航空で直行便のチケットをとりました♡それほど高くないですし、好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクスカイチケットでドーハへの格安航空券をみてみる

ドーハおすすめホテル

ドーハでぜひ泊まっていただきたいのが バナナ アイランド リゾート ドーハ バイ アナンタラ!!

ドーハでまさかリゾートに滞在できるなんて想像できなかったと思います。

フェリーでたった20分。アラビアデザインでゴージャスなアナンタラは想像を遥かに超える素晴らしホテル。

子供用のCool Mintキッズクラブ、Peppermintティーンクラブでは、様々なおもちゃやインタラクティブなゲームが用意されていて、ファミリーにもおすすめ!

ドーハの滞在を素敵にグレードアップさせちゃいましょう♡

アナンタラの
料金をチェックしてみる

カタールを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

カタールで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

デザートサファリが大人気!!

安心の英語ツアーで
カタールを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も英語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA