ルーマニア

年末年始子連れルーマニア!ブカレストからトランシルバニア《11泊13日旅行記2・3日目》

年末年始を海外で過ごすようになってから早十数年・・・。出産直後こそ実家の岡山で過ごしましたが、それ以外は欠かさず海外旅行に出ています。

2020年の年越しは《ルーマニア&ブルガリア&ちょこっとカタール》!これまで気候や治安についての記事を書いてきました。

今回はその集大成、自分や家族に向けた旅行記です。

あまりにも長くなったので第1部をカタール編~2部をルーマニア編~3部をブルガリア編として滞在都市ごとに8記事にわけました。

普段の記事と違って感じたことや旅中に起こった小さなことにも触れているので読みやすいと思います。

ぜひあわせて読んでいただけると嬉しいです!

mari
mari
それではルーマニア編スタート♪
日程 13日間でまわってきた場所
1/2日目
カタール旅行記
羽田からドーハ(フライト&ドーハトランジット観光)
3日目
ルーマニア旅行記
ブカレストからトランシルバニア(ブカレスト/シナイア僧院/ペレシュ城/ブラン城/プレジュメール要塞/ブラショフクリスマスマーケット)
4日目
ルーマニア旅行記
ブラショフ(黒の教会/トゥンパ山/聖ニコラエ教会)
5日目
ルーマニア旅行記
世界遺産シギショアラ(旧市街観光)
6/7日目
ルーマニア旅行記
ブカレスト(旧市街観光/国民の館/ショッピング)
8日目
ブルガリア旅行記
ヴェリコタルノボ(旧市街観光)
9日目
ブルガリア旅行記
プロブディフ(旧市街観光)
10/11/12/13日目
ブルガリア旅行記
ソフィア(旧市街観光/アレクサンドルネフスキー大聖堂/リラの僧院/ボヤナ教会)

東京⇔ルーマニアの航空券はアジアの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索してお得なチケットを探しましょう!!年末年始にカタール航空往復10万円台でブカレスト行きのチケットをとりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

ルーマニアをもっと知る

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

子連れルーマニア&ブルガリア&カタール11泊13日旅行記

旅のメンバー

  • わたし(30代女性)
  • フェニー(30代男性)
  • あもちゃん(3歳娘)

ルーマニア1日目 ブカレスト

日本からカタールのドーハまで12時間、ドーハから5時間かけてついにブカレストへ到着。

ブカレストのアンリ・コアンダ国際空港と言えば2012年に日本人女子大生がルーマニア男性に声をかけられ、車に乗ったところ強姦され殺害されるという痛ましい事件が発生した場所。

実際のルーマニアは治安も良く(年々改善されているよう)、怖い思いをすることもなかったのだが、やはりこの事件は衝撃的で「ルーマニア=大変治安の悪い場所」と印象付けるには十分だった。

関連記事ルーマニア治安・コロナ危険情報2021年最新!旅のプロが教える注意点と7つの安全対策

そんなイメージもあって、ビクビクしながら空港を出る。

ホテルまでの道を尋ねるとおじさん達がアッチアッチ、と指をさして親切に教えてくれた。

指が差された方向は真っ暗闇。ブラジルだったら確実に強盗されそうな雰囲気たっぷりなので、ビビりながら足早にホテルへ向かう。

空港からHilton Garden Inn Bucharest Airport までの道空港からHilton Garden Inn Bucharest Airport までの道

ホテルまでは歩いて5分もかからないし目の前に見えるのだが、怖さと暗さでもっと長く感じた。

空港からHilton Garden Inn Bucharest Airport までの道空港からHilton Garden Inn Bucharest Airport までの道

今宵のホテルはヒルトン。かなり清潔な雰囲気の北欧スタイルでとても居心地が良かった。

シャワーを浴びてぐっすり。

Hilton Garden Inn Bucharest Airport 寝室Hilton Garden Inn Bucharest Airport 寝室

泊ってみようかなと思った人は「Hilton Garden Inn Bucharest Airport 宿泊記」で詳しいレポートをどうぞ。

子連れルーマニアおすすめ空港ホテル!ヒルトンガーデンイン Bucharest Airport 宿泊記ブラジル人夫フェニーと&3歳児あもちゃんと真冬のルーマニア&ブルガリアへ行ってきましたー!! なんでこんな真冬に。。。と思いつつも...

ルーマニア2日目 トランシルバニア

ルーマニア2日目はさっそく長い1日だった。ベルトラ経由でブカレスト発のトランシルバニアツアーを申し込んでおいたので出発も早い。

詳細は「シナイア・ペレシュ・ブラン城・ブラショフ・プレジュメール要塞日帰りツアー徹底ガイド」をぜひ読んで欲しいが簡単に1日を紹介したいと思う。

Hilton Garden Inn Bucharest Airport 朝食Hilton Garden Inn Bucharest Airport 朝食

ツアーは7時開始のため、5時半におきて準備し朝食を食べる。

Hilton Garden Inn Bucharest Airport 朝食Hilton Garden Inn Bucharest Airport 朝食

1部屋69ユーロ(約8,300円)でこれだけ豪華な朝食も3人分着くのだからもはや宿泊代は無料なのではないかと思う。

ちょうどbooking.comの20%還元セールも使ったので後日1,600円戻ってくるし。

Hilton Garden Inn Bucharest Airport 朝食Hilton Garden Inn Bucharest Airport 朝食

美味しい朝食に笑顔がとまらない3人。まだルーマニアのこと何も知らないのに既に好き。

ブカレスト~シナイア

もともと8時開始予定の現地ツアー。年末で混んでいるので1時間早くスタートしましょうと提案してくれ、7時に待ち合わせ。

機嫌よく遊んでくれるあもちゃん機嫌よく遊んでくれるあもちゃん

7時5分になるとフェニーがそわそわ。フロントに誰かきていないか確認している間にガイドさんが到着。

ガイドのカティさんは青森の弘前大学へ1年留学経験があり日本語がとても堪能な女性。

ドライバーのバリさんはちょうどフェニーのお義父さんくらいの年齢。とてもわかりやすい英語を話し、いつもニコニコサポートしてフレンドリーだ。

予想通り車とガイドが貸し切り。ツアー料金は結構高額だったが貸し切りは本当にありがたい。

車に乗ってしばらくすると、あもちゃんが喉が渇いたと言い出した。

空港からホテルへ直行したので、両替もしていなければ水もない。

予想以上にオシャレなルーマニアのミネラルウォーター予想以上にオシャレなルーマニアのミネラルウォーター

カティさんへ途中でお水を買いたいというと、ガソリンスタンドへ寄ってくれることになった。

ルーマニアの暖房はセントラルヒーティングが採用されているルーマニアの暖房はセントラルヒーティングが採用されている

シナイアまでの景色は本当に素晴らしく、ルーマニア想像と違う!と驚いたが実際はこの辺りが特別素敵なエリアで日本でいうところの軽井沢のような場所なのだそう。

ブラショフ近郊も牧歌的な雰囲気でシナイア周辺とは全く違う趣だった。

ブカレストはこういう風景がよく観られたブカレストはこういう風景がよく観られた

シナイア

カティさんに色々質問しているうちにシナイアへ到着。

「カルパチアの真珠」と呼ばれる景勝地でまさにルーマニアの軽井沢(笑)。

夏は避暑地、冬はウィンタースポーツを楽しむ旅行者で常に人気の街というのも納得。

シナイア市内中心部シナイア市内中心部

お天気がいまいちだったのが残念。ぜひ別の季節にも訪れてみたい。

シナイア市内中心部シナイア市内中心部

それではさっそくシナイア僧院を見学しよう。

シナイア僧院

雪が積もっているが晴れ間が見えて美しい教会がさらに映える。

シナイア僧院には大教会(Biserica Mareビゼリカマーレ古い教会(Biserica Vecheビゼリカ ベケ)と呼ばれる2つの教会があり、門を入ってすぐに現れる大教会は初代ルーマニア国王カロル1世が建てたもの。

シナイア僧院の大教会(Biserica Mareビゼリカマーレ)シナイア僧院の大教会(Biserica Mareビゼリカマーレ)

実はこの大教会より、奥にある古い教会の方が重要らしい。

古い教会ってネーミング微妙!!Old Churchって英語で聞くと悪くないのに日本語だとなんかイマイチじゃない・・??

カロル1世の人生については「シナイアのペレシュ城へ行ってきた!」で詳しく書いたので気になる人はぜひ読んでみてください。

シナイア僧院の大教会(Biserica Mareビゼリカマーレ)シナイア僧院の大教会(Biserica Mareビゼリカマーレ)

内部は写真撮影禁止のため写真はないが、とても美しい教会でミサに訪れる人や僧院で働く僧侶が出入りしておりとても神聖な雰囲気だった。

シナイア僧院シナイア僧院

奥にある古い教会へ移動。とてもひっそりとしている。

ガイドのカティさんが写真の白い建物に僧侶が暮らしていると教えてくれた。

古い教会の歴史は大教会より200年近く古く1695年にワラキア公国のミハイル・カンタクジノによって建てられたもの。

キリスト教の12使徒を意識し、12人が暮らせるように設計されたがその後増築されている。

2006年から10年にわたって教会は閉鎖され、修復に専念。2016年にやっと現在のように一般公開されることとなった。

シナイア僧院の古い教会シナイア僧院の古い教会

鮮やかなイコンが美しく、ずっと飽きずに眺めていられそうだ。10年間かけて修復するとういうのは本当に気の遠くなる仕事。

誰かの仕事のおかげで歴史的な建造物を当時のままの形で見れると思うと感動もひとしお。

シナイア僧院の古い教会シナイア僧院の古い教会

雪の降りつもるシナイアはそれはそれは美しく、寒さも忘れるほどだった。

本当にここへ来れて良かったなぁ。ルーマニア旅行は最高のスタートを切った。

あもちゃんは久しぶりの雪に大喜び。

シナイア僧院シナイア僧院

教会だけれど入場料は必要で、料金は大人 5レイ(約125円)

シナイア僧院の次はすぐ近くにあるペレシュ城まで車で移動。

ペレシュ城

ルーマニアで最も美しいお城ペレシュの前で記念撮影ルーマニアで最も美しいお城ペレシュの前で記念撮影

わたしの旅のハイライトのひとつ。ペレシュ城はなんといっても素晴らしかった。

ルーマニアに訪れる機会があるのであれば、確実にシナイアへは足を運んでもらいたい。

雪道を歩いて行くと、ドイツ風の素晴らしい外観が姿を現した。

ペレシュ城については思いが高まり過ぎてかなり濃厚な記事を書いたので「シナイアのペレシュ城へ行ってきた!行き方・見どころ・所要時間徹底ガイド」をぜひ読んでいただきたい。

写真からだけでもその素晴らしさが十分伝わるはず。

初代ルーマニア国王カロル1世(在位1881年~1914年)が、夏の離宮として8年の歳月を費やして建設したというだけのことはある。

シナイアペレシュ城内部シナイアペレシュ城内部

ミュージカル「エリザベート」でも有名なシシィの夫フランツ・ヨーゼフ1世も客人として招かれたことのある歴史あるお城。

シナイアペレシュ城内部シナイアペレシュ城内部

見学している間中、ため息の連続だった。

シナイアペレシュ城内部シナイアペレシュ城内部

料金は大人 30レイ(約750円)、内部の写真撮影には、追加で35レイ(約900円)が必要。

ペレシュ城のお次はドラキュラ城で有名なブラン城へ移動。

ブラン城

串刺し公ヴラド3世串刺し公ヴラド3世

ブラン城は別名ドラキュラ城、吸血鬼ドラキュラのモデルとなったのがこのブラン城である。

ドラキュラのモデルとなったワラキア公国国王「串刺し公ヴラド3世」率いるワラキア軍は、オスマン帝国との戦いで2万人も串刺しで殺害したというから恐ろしい。

そのエピソードは強烈であるものの、実際にヴラド3世はブラン城には居住していなかったというのだからやや興ざめである。

建立は1377年と古く、14世紀末にはドラキュラ公ヴラド3世のおじいさん、ミルチャ1世が居城としていた。

料金は大人40レイ(約1,000円)と少し高め。

実際足を運んだ感想としてはペレシュ城が素晴らしかっただけにブラン城はイマイチ楽しめなかった。

実は予習段階でうすうす気づいてはいたのだけれど、ルーマニアの一大観光地だし、一応これでも旅ブロガー。

やっぱり主要スポットを外すわけにはいかないのだ。

ブラン城周辺の土産物屋ブラン城周辺の土産物屋

車を止めると、観光に力をいれているのがよくわかる。土産物の数がペレシュ城の10倍ではきかないし、旅行者の数もすごい。

わたしたちはガイド付きなのですぐに入場できたがチケット売場も大混雑だった。まともに並ぶとかなり時間がかかるだろうな・・・。

ブラン城入口の階段ブラン城入口の階段

お城までもゆるやかな上り坂が続き、城内も基本的に階段移動なので小さい子連れや足の悪い人にはおすすめできない。

ブラン城内ブラン城内

幸いあもちゃんは階段を登るのにハマっているのでなんとかおだてて登ってもらった。

入城するとかつて居城の主たちの写真が飾られている。飾り付けがあまりにも質素でペレシュと比較せずにいられない。

ブラン城内ブラン城内

どこもかしこも全体的にチープな雰囲気が漂っている。いっそのことマネキンは取ってしまった方が良いのではないかと思う。

ブラン城内ブラン城内

建物自体はちょっとした迷路の様で面白いし、もう少しやりくりすればよくなりそうな気もするけど・・・。

1513年からブラショフ市が所有権をもち、1918年、ブラショフ市が時の国王フェルディナント1世の王妃マリア(ヴィクトリア女王の次男とロシア皇女の娘)にブラン城を寄贈。

こうやって持ち主が変わっていくと色々管理も大変だろうな・・・。

マリアが保有していた時の改装が微妙だったという声もあるが、祖母がヴィクトリア女王という血筋は半端なく、政治面でも活躍し、国内では大変人気があったそうだ。

祖母がヴィクトリア女王、従弟がロシア皇帝ニコライ2世って想像しただけで本当震える・・・!

城内からはかつての国境を見渡すことができる城内からはかつての国境を見渡すことができる

その後1948年王室が追放され、一度国有化されるも2006年マリアの娘イレアナの子孫が再度相続。

現在は博物館として開放されているというわけ。

ルーマニア王妃マリア(Marie Alexandra Victoria of Edinburgh)ルーマニア王妃マリア(Marie Alexandra Victoria of Edinburgh)

少し調べてみるだけで、王妃マリアはフェルディナンドを毛嫌いしていたとか、3人目~6人目は父親が違うとか、愛人どうちゃらとかゴシップがすごすぎてこっちの方が興味わいちゃう(笑)

息子(カロル2世)も父親とは絶縁状態、愛人作り放題、国の政治なんて放り出してドライブ三昧だったというからすごい。

ルーマニア王族、美男美女揃いで目の保養になるのでロイヤルファミリー好きはチェックしてみて。

ブラン城で家族写真 ここからの眺めはとても良かったブラン城で家族写真 ここからの眺めはとても良かった

 

自分の目で確かめにいったけど、結構辺鄙な場所にあるし読者の方にあえておすすめする場所でもないかなというのが本音のところ。

ただしマリアやルーマニア王家の人生に思いを馳せながら周ってみるのは悪くないかもしれない。

ルーマニアおすすめ土産 ドラキュラグッズルーマニアおすすめ土産 ドラキュラグッズ

出口付近にはドラキュラグッズが多数販売されており、好きな人は結構興奮すると思う。

ブラン城周辺のお化け屋敷ブラン城周辺のお化け屋敷

ブラン城の周辺はお化け屋敷、カフェ、映画館など色々あるのでシナイアよりは歩いていて楽しいかも。

ランチ

お待ちかねのランチはお城のすぐそば。時間はもう15時半だ。ルーマニアでは3食のうち一番のご馳走がランチで、遅めに食べらるのが一般的らしい。

肉だんごのスープ肉だんごのスープ

メニューはルーマニアのド定番料理スープとサルマーレ!絶対食べたいと思っていたので嬉しい。

前菜?のスープは素朴でシンプルな味わいで光るものは感じなかったが、サルマーレは期待通り美味しかった。

サルマーレサルマーレ

トウモロコシの粉で作ったママリーガは、なんだかマズそうだなと思っていたけどサルマーレと組み合わせるとかなり合う。

デザートのアップルケーキとコーヒーを飲むとお腹いっぱい。あもちゃんもしっかり食べて一安心。

ドライバーのバリさんは、ハチミツで有名な山田養蜂場の社長と知り合いだそうで、「山田養蜂場で取り扱っているハチミツの海外産は100%ルーマニアなんだよ!ルーマニアのハチミツが一番だって社長がいつも言っているよ」と教えてくれた。

山田養蜂場はわたしがよく行く池袋や吉祥寺にも店舗があるし、実はわたしの実家がある岡山の企業なので、なんだか縁を感じて嬉しかった。

さて、ごはんを食べたら急いでプレジュメール要塞へ。冬場は教会が閉まるのも早いので夏場に比べて見学するのが難しいそうだ。

お腹いっぱいになったので眠くなってしまい車でウトウト・・・。気づいた時にはプレジュメール要塞についていた。

トランシルバニア実際のツアー内容:プレジュメール要塞教会

プレジュメール要塞は世界遺産の1つ。

正確には《トランシルヴァニアの要塞教会7群》がルーマニアの世界遺産として登録されていて、プレジュメール要塞はその7群のうちのひとつである。

世界遺産プレジュメール要塞教会 入口世界遺産プレジュメール要塞教会 入口

遅くに到着したのでチケット売場は閉店ギリギリ。

トンネルを抜けるとそこは・・・!!

世界遺産プレジュメール要塞教会 トンネル世界遺産プレジュメール要塞教会 トンネル

ひとつの街があった!

世界遺産プレジュメール要塞教会内世界遺産プレジュメール要塞教会内

トランシルバニアは前述した通り長らくオスマン帝国の脅威にさらされていた土地。

敵からの侵攻に備えるため各地に要塞が建設されている。

世界遺産プレジュメール要塞教会内世界遺産プレジュメール要塞教会内

ルーマニア正教ではなくプロテスタントの教会なので中もとてもシンプル。

世界遺産プレジュメール要塞教会内世界遺産プレジュメール要塞教会内

壁の内側は「蜂の巣」と呼ばれた3階建ての集合住宅となっていて、敵が来ると1,000人の村人がプレジュメール要塞教会へ立てこもり戦ったそうだ。

250もある部屋の一部は見学可能。不謹慎だけどかっこいい教室・・・!

日が落ちてから途端に寒くなったので長居は出来なかったがベストシーズンならもっとゆっくり散策したかった。

特段豪華さや煌びやかさはないのだが、こういった施設を見たことがなかったし子供の頃憧れた秘密基地の最高峰というか、なんだかそんなワクワクするような場所であった。

ブラショフ市内観光

ブラショフに到着したのは18時前。市内中心地はとても渋滞していて、街に着いてからホテルまでは車と徒歩の移動時間が変わらなかった。

ブラショフ市内中心地のクリスマスマーケットブラショフ市内中心地のクリスマスマーケット

ちょうどクリスマスマーケット開催中で大きなクリスマスツリーと共に楽しい音楽が聞こえてくる。

ここでドライバーのバリさんとお別れし、ホテルに荷物を置いて少し街歩き。

ブラショフの主要観光スポット黒の教会は16時に閉まっているので外から簡単に説明をしてもらい明日自分たちで再訪することにした。

ブラショフ市内中心地ブラショフ市内中心地

歩行者天国になっているレプブリチ通りを散策し、美味しいレストランとおすすめお土産スポットを教えてもらう。

カティさんと連絡先を交換し、また何かわからないことがあれば教えてもらえるよう約束した。

ブラショフ市内中心地のパン屋さんブラショフ市内中心地のパン屋さん

一度ホテルに戻ると、まるでタイムスリップしたかのような素敵な建物だった。窓からはクリスマスツリーが見え、広々した暖かい部屋はおとぎ話の世界に出てきそうなほど。

立地の良さに感動しつつ、クリスマスマーケットへ出かけることにした。

アップに耐え切れず美白アプリで撮影するといつも文句を言われる(笑)アップに耐え切れず美白アプリで撮影するといつも文句を言われる(笑)

朝早くから出かけていたのであもちゃんはすっかり眠ってしまった。ふたりでホットワインを飲みながら街をブラブラ。

ハチミツやナッツを物色し、夕食を立ち食いにするかレストランにするか相談。

街中に美味しそうなパンやパイの店があり食べてみたいが、カティさんが教えてくれた美味しいレストランも気になる。

それほどお腹が減っていたわけではないが、おすすめのレストラン「Da Vinci」へ行ってみることにした。

残念ながら席が満席で(わたしたちよりあとにルーマニア人2組入っていったから怪しいと思っている)、かなり微妙な対応だったのでもうひとつのレストランへ。

ブラショフの美味しいレストランGaura Dulceブラショフの美味しいレストランGaura Dulce

次のレストラン「Gaura Dulce」も中々席へ通してくれないし、注文も取りに来てくれない。

勘違いの可能性もあるけど、外国人(しかもアジア人×ブラジル人の非白人かルーマニア語ができない)から塩対応だったかもしれなくてガッカリ。。

Gaura Dulceのトキトゥーラは忘れられない味(かなり濃いめ)Gaura Dulceのトキトゥーラは忘れられない味(かなり濃いめ)

2軒連続の塩対応で、かなり気持ちが萎えていたが料理を食べてびっくり、とんでもなく美味しい。

サービスは微妙だけれど、人が足りないのか忙しそうにしていたのも事実だし、年末こんな時期まで働いてくれるとに感謝しようと気を持ち直した。

それにしても「Gaura Dulce」で食べた食事が今回の旅行ナンバーワンだったかもしれない。

ビーフシチューをこれでもかというくらい濃くしたような味付けなので、薄味が好みの人にはおすすめできないけれど、わたしたち夫婦にはドストライク。

Gaura DulceGaura Dulce

あもちゃんが寝ていて食べさせてやれないのは残念だけど、おかげでフェニーとふたりでゆっくりディナーが楽しめて助かった。今夜はよく眠れそうだ。

ブラショフおすすめホテル カーサ ワグナー

ブラショフで宿泊したのは、旧市街の中心地に面しているCasa Wagnerカーサ ワグナー

ブラショフCasa Wagner 入り口

詳しくは「ブラショフおすすめホテル!Casa Wagnerカーサ ワグナー宿泊記」で紹介した。古い建物でありながら快適でかなりのコスパホテル。

かなりおすすめできるのでチェックしてみて欲しい。

ブラショフCasa Wagner 部屋から見える外の景色はおとぎ話のよう

部屋から見える景色はとても感動ものだった。

子連れブラショフおすすめホテル!カーサ ワグナー(Casa Wagner)宿泊記|ルーマニアブラジル人夫フェニーと&3歳児あもちゃんと真冬のルーマニア&ブルガリアへ行ってきましたー!! なんでこんな真冬に。。。と思いつつも...

年末年始家族旅行・ブカレストからトランシルバニアまとめ

はじめてのルーマニア。子連れとあって治安など旅行前に色々気になることはありましたが、百聞は一見に如かず。

トランシルバニアは想像よりもずっとずっと素晴らしく、感動しっぱなしの1日でした。

しばらく来れてなかったけどやっぱりヨーロッパが好き。遠いけれど絶対毎年ヨーロッパに通おうと決意した大好きな場所になりました。

ルーマニアをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔ルーマニアの航空券はアジアの経由便が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索してお得なチケットを探しましょう!!年末年始にカタール航空往復10万円台でブカレスト行きのチケットをとりました。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

おすすめホテル

ブカレストでぜひ泊まっていただきたいのがヒルトンガーデンインブカレスト!!

booking.comで立地と口コミの良さを信じて年越しに泊まってきたのですが最高でした。

旧市街のど真ん中という最高の立地でどこへ行くにも徒歩圏内。ルーマニアはとにかくホテルが安いのでコスパ抜群です。

ブカレスト旧市街は素敵なカフェやレストランがたくさん!ホテルの朝食もとても美味しいのでぜひチェックしてみてください!

ヒルトン ガーデンインの
料金をチェックする

ブカレストおすすめホテル!ヒルトン ガーデンイン宿泊記を読んでみる

子連れブカレストおすすめホテル!ヒルトン ガーデンイン宿泊記|ルーマニアブラジル人夫フェニーと&3歳児あもちゃんと真冬のルーマニア&ブルガリアへ行ってきましたー!! なんでこんな真冬に。。。と思いつつも...
ルーマニアを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ルーマニアで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

ドラキュラツアーが人気!!

日本語ツアーで
ルーマニアを案内してもらいましょう♪

日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA