【2018年】必見!ルアンパバーンの托鉢(時間・ルート・マナー)を完全解説!早起きしてみる価値あり




ヨーロッパやアジアの他国と比べると見所の少ないラオス。

そもそもバタバタと観光するより自然や人々の生活をゆったり感じるのがラオス旅の醍醐味でしょう。

そんなラオスで1番の見どころとなっているのがルアンパバーンの托鉢です。

ラオス全土で行われる托鉢、最大は世界遺産の街ルアンパバーン

托鉢とはお坊さんが、信者の人から必要最低限の食べ物や生活に必要なものを乞う行為。

一度はこのような写真や映像を見たことがありませんか?

もちろん仏教徒の多いラオスですから、ビエンチャン、ルアンパバーン だけでなく全土でこの托鉢が毎朝行われています。

小学生くらいの小さな男の子もいてかわいい・・・(・∀・)

托鉢開始の時間

托鉢の開始は5時〜5時半と言われています。

が、

ルアンパバーンだけはあまりにも観光化されてしまったこともあり夜明けと共に時間調整されています。

mari
暗いうちからスタートするとフラッシュを焚く観光客がたくさんいて目を痛めてしまうためなのだとか!

2、3日の滞在だとあまりルートも掴めないのでホテルの方に『何時に行けば見られる?』と確認するのが1番確実です。

おすすめスポットもついでに教えてもらいましょう。

フェニー
お寺がたくさんあるサッカリン通りと、クンスワー通りはかなりたくさんのお坊さんがいたね( ゚Д゚)

托鉢時のマナー

  • お坊さんに触らないこと
  • できるだけ肌を見せないこと
  • お坊さんより高い位置、前に出ないこと

中心地では多くの観光客が托鉢(本来は寄進ですが便宜上托鉢と呼びます)に参加したり写真を撮っているのでマナーもへったくれもない人がたくさんいますが、自分だけでもマナーは守りましょう。

異なる文化、宗教へのリスペクトは常に大切です。

おすすめの托鉢ルート

私はルアンパバーン中心地と中心から結構離れている場所の二ヶ所で托鉢を見学、参加しました。

ふたつは同じ街とはいえ全く違った様相なので両方参加して良かったと思います。

上述したサッカリン通り(Sakkaline Road)と、クンスワー通り(kounxoua Road)が一番人気。私は一歩路地を入った観光客のない普段の風景の方が素朴で良かったです。

村上春樹の托鉢体験

旅のお供『ラオスにいったい何があるというんですか?』で村上春樹がこう言っています。

あなたももしルアンプラバンの街に来ることがあったら 、是非早起きして 「托鉢体験 」を試してみてください 。実際に地べたに座って 、お坊さんたちにカオ ・ニャオを差し出してみると 、儀式の力というか 、場の力というか 、予想を超えて何かしら感じるものが 、そこにはあります 。

よくテレビを観て、インターネットで見て、本を読んで、人から話を聞いて行ってきたような気になることがありますがそれは全く旅の本質とは違います。

旅とは経験であり、色彩や香り、温度、風を感じるもの。あなたはどう考えますか??

 

ルアンパバーンで我が家の托鉢体験

どこのホテルも托鉢用のお米とお菓子のセットを用意してくれます。かなり街の中心から離れているホテルなのでとっても静かでした。

観光客も私たちだけ。このセットで5ドルくらい。

街中だともっと安く、たくさんの売り子が出ています。

20m置きにおばちゃんが出てもち米とお菓子を売っています。

このおばちゃんたちがいるということは、まだ托鉢は終わっていないというサイン!

英語はほとんど通じませんが、だいたいやり取りは決まってるので問題なし。

メニューもちゃんと用意されていて、2ドル前後と料金も安いです。

ラオスは素朴で素敵な国なのに、ルアンパバーンの観光地化された姿にげんなりして、托鉢に参加しない観光客もたくさんいます。

でも私はあの熱々のもち米を掴んだ時感じた、手のひらの感覚を通して、これからも何度もこの経験を思い出すことでしょう。

あの時やればよかったというより後悔より、やってみた後で、やっぱりやらなくて良かったなと思う方が私はいいなって思うんです。

mari
というわけで、気になったらやっぱり何でもやってみたほうがいいですよ!という旅のアドバイスでした♪

早起きは大変ですが、一見の価値ありです。頑張って起きてみてね(・∀・)

\ブログランキングに参加しています/
記事がお役に立ったらポチッとクリックお願いします(・∀・)
 にほんブログ村 旅行ブログへ