ハワイ

ハワイ治安・コロナ危険情報2021年最新!旅ブロガーが教える注意点と6つの安全対策

日本人の海外旅行先として絶大な人気を誇るハワイ!

とにかく日本人旅行者が多く、日本語が通じる場所もかなり多いので、海外初心者やはじめての子連れ海外旅行におすすめの旅行先です。

mari
mari
わたしもはじめての母娘ふたり海外旅行で選んだのがハワイでした♪

とはいえ、やはり外国。日本と同じ感覚でいるとトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

この記事では世界一周経験者、旅のプロのわたしがハワイの実際の治安情報と、絶対注意しておかなければならないことをまとめてみました!

ハワイ治安の記事を読むとわかること
  • ハワイで起こる犯罪手口
  • ハワイの危険エリアと安全対策
  • 女子旅・子連れ旅で気を付けたいこと
mari
mari
ハワイに行くときの参考になりますように♪

東京⇔ハワイの航空券は中国の経由便が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!経由便はかなり時間がかかるので、少し高くてもハワイアン航空などの直行便がいいと思います。わたしはいつもANAを選んでいます。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

ハワイをもっと知る

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

ハワイの治安について

ハワイは概ね治安が良いと言われています。

ですが、車上荒らしや窃盗、置き引きなどは日本より多く発生しており、観光客が巻き込まれることが多いので充分注意する必要があります。

外務省の安全情報

2021年1月現在、外務省の海外安全ホームページでは危険情報は出ていません

また、治安の危険レベルは日本とおなじく0レベル。治安の良さがうかがえます。

外務省の海外安全ホームページでは、テロなどの危険情報から感染症などの病気、火山の噴火などあらゆる最新の情報を入手できるので、渡航前には一度チェックしてみてくださいね。

コロナウィルスに関する情報

下記のグラフはアメリカ全土の感染者数(赤)死者数(黒)の推移を表しています。

《コロナの影響について》
2021年1月現在、ハワイの感染症危険情報レベルは3。渡航中止勧告(感染症)発令中です。

この地域への渡航は中止することをおすすめします。

日本の状況も良くないので、渡航はおすすめできませんが、ハワイは行けなくはないですし、実際にお忍びで旅行している友人もいます。

アメリカはコロナ禍でも比較的日本人の往来があるイメージ。ルールを守って渡航することは問題ありません。

ハワイへの入国は原則PCR検査の陰性証明書を提出が必要。

入国後10日間の自己隔離が必要ですが、ハワイ州が指定した日本の医療機関でPCR検査を受け、陰性証明書を提出すれば10日間の自己隔離を免除されます。

2021年1月26日から72時間以内の陰性証明書のコピーもしくはデータを航空会社チェックインカウンターに提出する必要があるので注意してください。

犯罪データ

ハワイはアメリカの他の州に比べるとかなり治安が良いとされていますが、日本に比べると犯罪発生率は高いといえます。

少しデータが古いですが、FBIの2018年犯罪白書によるとハワイ州における犯罪の発生件数は44,304件!前年と比較して335件増加しています。

そのうち殺人や強姦及び強盗などの粗暴犯が3,532件、各種窃盗などの財産犯罪が40,772件でした。

mari
mari
数字を見るといかに犯罪が起きているかがわかりますね!

また、最近はホームレスの増加が問題になっており、彼らによる犯罪も発生しているといわれています。

twitterではホノルルのカカアコ地区で薬物中毒者に暴行され大怪我を負ったご夫婦の事件を目にしたこともあります。

実際の写真をアップされており、とても驚きました・・・。

ハワイで頻発する犯罪の具体的事例

スリ・置き引きに注意

ビーチやホテル、空港、ショッピング・センターやレストランなど、ハワイ滞在中にかならず立ちよるであろう場所で、スリや置き引き、ひったくりなどの軽犯罪が多発しています。

  • ショッピングや観光スポットに気を取られて荷物を置き忘れる
  • スーパーのショッピングカート上に置いていたバッグがすられる
  • 海に入っている間にビーチに放置したバッグが盗まれる
  • ホテルやレストランで食事(特にビュッフェ)をしているときに椅子やテーブルの上に置いておいたバッグが置き引きされた

どの例も、ちょっとした隙や注意力が散漫になっているときに起きています。

用心を怠らないことで防げることも多いので、充分注意しましょう。

車上荒しに注意

ハワイではレンタカーを借りて観光する方も多いと思いますが、ビーチや観光スポット、ショッピング・センターなどの駐車場で車上荒らしにあるケースが多発しています。

犯人はバッグや荷物、貴重品が置いてある車を選んで犯行に及んでいます。

カバンや貴重品はもちろん、買ったばかりのブランド品などをそのまま置いて外出するのも危険!窓ガラスを割られて荷物を盗まれてしまうケースが後をたちません。

また、『荷物や貴重品が見えないようにトランクの中にしまう』という行為は一見、被害を防げそうにみえますが、車上荒らしの犯人はすでに駐車場内で様子をうかがっている状態なので、かえって逆効果。

もし、トランクの中に荷物を入れるのであれば、目的地に向かう前にすませておきましょう。

詐欺事件に注意

日本人を相手に寄付名目で現金をだまし取る事件がワイキキ周辺で多発しています。

警察が取り締まりにくいよう宗教や弱者支援などを名目にして、日本語で巧みに話しかけてきます。

フェニー
フェニー
実体の分からない寄付には安易に応じないようにしましょう!

また、繁華街の路上やバーなど話しかけられ、意気投合したと思わせているうちに財布などの貴重品を盗まれるという事案も発生しているので注意が必要です。

ホテルでも空き巣に注意

空き巣というと、観光旅行には関係ない気もしますが、高級ホテルやコンドミニアムでも空き室を狙った侵入盗事件が発生しています。

部屋を離れる時は貴重品をセーフティーボックスにしまったり、フロントに預けるようにいましょう。

夜の就寝中も同じことが言えます。部屋にいるからと言って安心しきらず、チェーンロックをかけるなど警戒を怠らないようにしましょう。

ハワイで女子旅をするなら気をつけておきたいこと

治安が良いとされるハワイですが、女性の単独行動は避けるようにしましょう。

繁華街やビーチで親し気に話しかけてくる男性もいますが、安易について行き暴行されたケースも少なくありません。

「車で送っていくよ」と一見、親切心からの行動に見えても異性と二人きりになるという状況をつくらないようにしましょう!

また、女性ばかりを狙ったひったくり犯もいます。中にはいきなり暴力を受けるケースも!

カバンはファッション性より安全性を重視し、丈夫なショルダーバッグやしっかり方ベルトがとめられるリュックを使うなどの目をつけられにくいものを選ぶのがおすすめです。

ハワイで子連れ旅行をするなら気をつけておきたいこと

子連れ旅だとどうしても荷物が多くなりがちですし、注意が子どもに向き、荷物をそのへんに置きたくなることもあると思います・・。

先述した通り、ハワイでは置き引きやスリが多発しています。なるべく荷物を少なくし、見の周りの管理はしっかり行いましょう!

また、ハワイでは13歳未満の子どもだけをホテルや自動車内などに置いていくのはNGです!

ちょっとした買い物などでも車内に子どもを残したままだと立派な法律違反となり、いつの間にか「加害者」になってしまいます。

違反行為ということで罰金や逮捕ということもありうるので、充分注意して旅行を楽しんでくださいね♪

ハワイで注意すべき危険エリア

ハワイととひと口に言っても、さまざまなエリアがあります。

特にガイドブックに載っている旅行者が多い地域の治安情報については気になるところ!

主なエリアごとに、治安情報をざっくりまとめてみました。

ワイキキ周辺

いつでも観光客で賑わっているワイキキ。

そのため、他のエリアに比べるとしっかり警備されている印象を受けますが、観光客が多い場所ほど観光客を狙った犯罪者も多いので充分警戒が必要です。

アラワイ運河沿い

日中はのどかな雰囲気のアラワイ運河ですが、暗くなってからは地元の人もほとんど歩く人はいません。

基本的に人気のいない道は夜間に出歩かない方がよいので、散歩・散策は日中のうちにすませておきましょう!

クヒオ通り

クヒオ通りはワイキキを東西に伸びる通り。東側(ホノルル動物園がある方)はお店もまばらで人通りが少ないため、用心する必要があります。

また、クヒオ通りからアラワイ運河側への小道は、薄暗い場所が多いため夜間のひとり歩きは危険です。

カピオラニ公園

日没後の公園にはほぼ人はいません。日中に比べかなり閑散とした雰囲気になるため、夜間に歩くのは避けましょう。

カピオラニ公園の周辺には有名なレストランもありますが、夜はタクシーを使いましょう!

カカアコ地区

最近人気のあるスポットとして有名になってきた「カカアコ地区」ですが、商業施設やホテルがある場所を離れるとかなり閑散とした雰囲気に。

もともとカカアコ地区は自動車修理工場や倉庫などが多い場所で、どちらかというと荒廃したエリアでした。

賑わっているエリアを少し離れると、あまり良い雰囲気ではないので一人歩きはなるべく避け、グループで行動したり、タクシーを使うようにしましょう。

日本人が暴漢に襲われたのもこの地域。ハワイでは怪我をすると数百万~数千万の請求も普通にありえます。

チャイナタウン地区

チャイナタウンは活気あふれる中華街!美味しいレストランやおしゃれなバーなどが多く、多くの観光客が足を運ぶ場所でもあります。

しかし、ホノルルの中でも危険と言われることが圧倒的に多いエリアでもあるため注意が必要です。

mari
mari
観光客を相手に銃やナイフを使った傷害事件なども発生しています!

また、ホームレスの人たちが多いため、タバコやお金をせびられたり、中にはドラックを買わないか?と持ち掛けられることもあるので注意が必要です。

ワイアナエ地区


photo by jai Mansson

オアフ島西海岸のコオリナ地区よりも西側にあるワイアナエ地区。

ワイアナエ地区は観光名所も少なく、観光客が多いエリアではありませんが、綺麗なビーチが広がっている素敵な場所です。

しかし、オアフ島の中でも土地や住宅が安いエリアなので低所得者が多く、特に車上荒らしや盗難が多く報告されています。

人でにぎわっている場所ではないため、助けを求めることができなかったり、警察の到着が遅れることもあるので、特に用事がない限りは訪れないほうがよいといえそうです。

犯罪にあわないために気をつけたい6つの安全対策

現金を大量に持ち歩かない

ハワイでは支払いの際、デビットカードやクレジットカードでの支払いが主流になっています。

もちろん現地の屋台やローカルマーケットなど、一部の場所で現金しか受け付けないケースもありますが、そのような少額の支払いを除いて、クレジットカードが使えます。

万が一スリや盗難の被害にあった時のために、持ち歩く現金は最低限にしておきましょう。

安全な場所のトイレを使用する

実は公園などに設置されている公衆トイレは危険!

ハワイの公衆トイレは薬物中毒者が集まる場所でもあり、在住者はあまり近づかない場所のひとつ。

日本人夫婦が襲われ、歯を折るなどの重傷を負ってしまった事件もカカアコの公園トイレの中!!

mari
mari
最近はお店にあるトイレも、鍵を借りないと使えないようになっている場所も多いみたい!

公共のトイレを利用する場合は、ショッピングモールやホテルなど人の多い場所や官公庁(ハワイ州庁舎、最高裁判所)などの警備がしっかりした場所を選ぶことをおすすめします。

しつこく話しかけてくる人は無視する

物売りやナンパなどは、徹底的に無視しましょう。

酔っ払いなど危ないと感じたら、賑わっているお店に入るなどしてその場を離れるようにしてください。

ついニコニコしてしまう日本人ですが、危険です。毅然とした態度で断りましょう。

mari
mari
しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。

派手な服装の時は荷物を少なめに

ワイキキを歩けば、リゾート地でおしゃれしたい日本人で溢れています。

オシャレな洋服にブランドバッグを持ち歩くときは「お金持ちだ!」と広告を背負って歩いているようなもの。

スリや置き引きに遭わないよう、荷物は最小限にしておいて気を抜きすぎないよう注意しましょう。

特に買い物した後、大きな紙袋をたくさん持っていれば気が散漫になりがちです。派手な恰好で人気のない場所に行くのはおすすめしません。

夜間の一人歩きは避ける

ハワイ=治安が良いというイメージがあるので、夜間でもちょっと出歩いてみようかな?と思う方も少なくないかもしれませんね。

特にワイキキエリアは夜遅くまでにぎわっているので、出かけたくなる気持ちもわかります。そういった場合は大通りや人が多い場所だけにしておきましょう。

観光客を狙った事件は後を絶ちません。ハワイはアメリカですから、ナイフや銃を持っている可能性もあります。

物やお金を盗られるだけでなく、命の危険を感じるような事件に発展する場合も考えられます。

不要不急の夜間の外出は控えるようにして、人通りが少ない場所には行かないように注意しましょう。

安全な地域でホテルを予約

ハワイでも比較的治安が良いとされているワイキキやアラモアナエリアでホテルを予約するのがおすすめ!

ワイキキ・アラモアナエリアは夜でもにぎやかで人通りも多く、明るい雰囲気なので海外旅行がはじめての方や心配性の方にもおすすめできるエリアです。

フェニー
フェニー
さらに、カハラやノースショア周辺の高級ホテルに泊まれば安全性は間違いないと思います♪

今回はヒルトン系列のダブルツリーバイヒルトン3泊とマリオット系列のレイローホテル、インペリアルハワイリゾートアットワイキキへ宿泊しましたが、周辺の治安もよくとても快適に過ごすことが出来ました。

ハワイで治安の良い
ワイキキ・アラモアナエリアホテルを探す

旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険

ハワイ旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。

Wi-Fiレンタルでネット環境を整える

何か困ったことが起きたとき、ネットが使えると安心感が違います。

海外では無料でWiFiを使えるスポットもありますが、いざという時のために海外WiFiのレンタルをしておくことをおすすめします!

友達がスリにあった時、ネットが使えて本当に助かりました・・・。道に迷ったり、危険情報をチェックするためにもネット環境を整えることはとても大切です。

海外WiFiレンタル
グローバルWi-Fiをみてみる

海外旅行保険でいざという時に備える

実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。

何も起こらなければ良いのですが、万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょう!特に医療費が高額なアメリカでは保険はマスト!!!

毎回入るのが面倒な人には海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがおすすめですよ♪わたしが愛用しているメインカードはアメックスのSPGカード

補償が手厚い上にマイルもたくさんたまるので、できればゴールドカード以上のクレカを1枚持っておくと本当に重宝します。空港から自宅まで無料ででスーツケースの宅配ができるのも神!!

とはいえ年会費が高いのでなかなか思い切りが必要かも・・・。そんな人におすすめなのが年会費永久無料のエポスカード

エポスカードはなんと年会費無料で海外旅行保険が自動付帯*されています!年会費無料のクレジットカードの中でも補償額が高く旅好きなら絶対持っておくべき1枚。

ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のことです。※付帯のタイプとしては「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯だと保証を受けるのに条件があるので注意が必要です。

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能
エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

クレカを作りたくない、または事情があって作れない人は通常の海外旅行保険でも全く問題ありません。

ハワイの治安まとめ

ハワイの治安についてまとめましたが、基本的にハワイ、特に観光客の多くが訪れるホノルルは治安が良い場所です。

日本語が通じる場所も多く、リゾートやビーチの開放的な雰囲気もあり、ついつい気が緩みがちになりやすいので、最低限のことには気を付けてハワイ旅行を楽しんでくださいね♪

ハワイをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔ハワイの航空券は中国の経由便が1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!経由便はかなり時間がかかるので、少し高くてもハワイアン航空などの直行便がいいと思います。わたしはいつもANAを選んでいます。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

ホノルルおすすめホテル

ホノルルでぜひ泊まっていただきたいのがアウラニ!!子連れならぜひ一生に一度泊まっていただきたい本当にスペシャルなホテル。圧倒的におすすめです。

アウラニホテル
料金をチェックしてみる

しかし気になるのがお値段。びっくりするほど高いので、2泊くらいが限界です(笑)

アウラニに2泊してあとはワイキキのレイロウホテルはいかがでしょう。立地、内装、コスパ良くリピートしたいくらい気に入りました。レイロウより安いホテルにも色々泊まってみましたが、安かろう悪かろうで満足できず、このくらいのクラスのホテルに泊まったほうが満足度が高いと思います!これ以上コスパを求めるならAirbnbかな。

レイロウホテル
料金をチェックしてみる

レイロウホテルの宿泊記レポを読んでみる

ハワイを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ハワイで観光を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

マリンスポーツ&クルーズが大人気!!

日本語ツアーで
アクティビティを大満喫♪

日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA