ラトビア latvia

ラトビアベストシーズンは夏!避けるべき時期・年間天気・イベント徹底解説

せっかく旅行に行くならベストシーズンがいいですよね。

旅行会社に質問すると「ラトビアのベストシーズンは夏」と回答されると思います。

なぜなら…

  • ラトビアと日本の気候はわりと似ていて四季がある
  • 気候的には6~9月の夏が過ごしやすい
  • 夜21時~22時ごろまで明るいので観光しやすい
  • 夏は晴れている日が多い

このページでは、観光に向いているベストシーズン》《旅費の安さから見たベストシーズン》など様々な視点でベストシーズンを解説していきます。

四季ごとの気温やイベントなどもあわせてご紹介しているので、これから旅行の計画を立てる方はぜひ、参考にしてみてくださいね!

バルト三国の周遊がおすすめ!

JTBでラトビア
ツアーを探してみる

東京⇔ラトビアの航空券はエアチャイナまたはポーランド航空が1番が安いです。

個人旅行が好きなら スカイチケットで一括検索がおすすめ!!キューバもハワイもバリも最安値だったのでスカイチケットで航空券を購入しました。

公式リンク スカイチケットでラトビア行の格安航空券を見てみる

ラトビアの観光ベストシーズンは『夏』

ラトビアのベストシーズンはズバリ夏です!

夏と言っても、ラトビアの夏は短く、6月〜8月中頃までの期間。

夏の期間は気温が毎日25度前後となり、半袖もしくは薄手の長袖で過ごしてちょうどいいくらいの日本の初夏のような気候です♪

夏のラトビアをおすすめする3つの理由

晴れている日が多い

ヨーロッパといえば、曇り空を想像する人が多いかもしれません。

しかし、夏の間は晴れている日が多く、素晴らしい町並みがより一層輝きを増します。

時折日本の夕立のような強い雨が降ることもありますが、そのほかのシーズンに比べると頻度は多くありません。

ラトビアは世界的にみても日照時間が短い国なので、現地のラトビア人もみんな夏を楽しみにしています。

mari
mari
川沿いの公園で上半身裸で寝ているおじさんなどもいて、みんな思い思いに夏を楽しみます。

日照時間が長い

ラトビアは北緯56.58度と、かなり北に位置しています。

そのため、夏至付近になると日没が23時ごろに。

mari
mari
20時には真っ暗になってしまう日本からすると考えられないですよね・・・!!

せっかく旅行に来たのだから、長く遊びたい!という方にぴったり♪

朝も早くから明るくなるため、1日の活動時間を長く取ることができるのもいいですね!

冬至の時期には日没が16時とかなり早いのに比べ、夏至には日没が23時とかなり時間差があります。

短い夏の、長い夜をみんな楽しみにしています♪

野外で食事ができる

ラトビアに限らず、ヨーロッパ諸国では、多くの店でテラス席が設置されています。

しかし、このテラス席は気候のいい夏にのみ出現します。

晴れた青空の下で食べるラトビア料理は最高です!

ラトビアではほとんどのレストランでお昼からビールを飲むことができます。

気持ちのいい空の下、お昼から一杯♪なんていかがでしょうか??

ラトビアの旅費が最も安い時期は『1月・2月・4月・10月~12月前半』

パックツアーが安くなるのは「6月・10月~12月前半」

エリアにもよりますが、ラトビア行きのパックツアーは、1月・2月・4月・10月~12月前半までの期間が割安な場合が多いです。

また、春休み直後の4月の前半や年末年始後1月後半も比較的安いので狙い目ですね!

これは、ラトビアに限ったことではありませんが、下記の期間はツアー料金が高騰します。

  • 年末年始
  • GW(ゴールデンウィーク)
  • 秋の連休
  • 夏休み
フェニー
フェニー
もともとラトビアツアーはヨーロッパの中では旅費が高い方ではありませんが、旅行者が多くなる時期はやはり高騰します!

個人旅行(航空券)が安くなるのは「冬と春」

一般的にラトビア行きの航空券が安くなるのは年末年始、春休みを除く冬から春にかけてと言われています。

LCCで日本からラトビアに行くことは現段階では難しいですが、フルキャリアでも、日にちによっては往復10万円ということも多いです!

また、フィンエアーのユース料金(25歳以下)では日本・ラトビア間が片道200ユーロで出ていることもあるので、こまめにチェックしておく必要があります。

航空券の情報をまめにチェックするのがおすすめ!

旅行にかかる値段は、航空会社や出発する曜日などによって金額が変動するので、一概には言えません。大切なのは、まめに情報をチェックすること!

できるだけ安くラトビア旅行をしたいなら、複数の旅行代理店の情報を比べたり、安い航空券が出ていないか、まめに情報収集をしてみましょう。

格安航空券を探すなら「スカイチケット」

ちなみに、格安な航空券を取るのに私が愛用しているのは スカイチケットというサイト。

用事もないのに時々のぞいて安いチケットがないかチェックしています(笑)

国際線はもちろん、国内線も格安チケットが見つかるので気づいたらポチっと買ってしまうことがあり恐ろしいです・・・。ぜひのぞいてみてください♪

ホテルを安く予約するなら「booking.com」

1年のうちでホテルの値段も変動しますし、ホテルによってまちまちなので「ホテルが安い時期」というのは一言では言いにくいです・・。

そのため、ホテルの価格もまめにチェックするのが大切です。

私はヨーロッパのホテルの場合はいつも、booking.comで探します。他のホテルサイトと比較し、色々検証してみた結果、取り扱いホテルの数と値段が最安になることが多かったのでおすすめですよ!

もちろん日本語で簡単に予約できるので、難しいことはありません。100泊以上予約してきましたが、一度もトラブルになっていないのでご心配なく!

  • パックツアーが安くなるのは「1月・2月・4月・10月~12月前半」
  • 個人旅行(航空券)が安くなるのは「1・2月」
  • 少しでも安くすませたいなら、まめに情報チェック!

ラトビア旅行を避けたほうが良い時期

絶対に旅行を避けたほうが良い!という訳ではありませんが、秋(9月〜11月)とクリスマスイブ〜当日、イースターは避けたほうが良いと思います。

秋(9月〜11月)

9月ごろから日照時間がかなり短くなってきます。

15時くらいからほんのり夜の雰囲気になってきます。

mari
mari
そして何と言っても、毎日曇り空!

この時期はなんとなく街自体にも活気がありません。

一日中日が出ないことも珍しくはありません。

クリスマスイブ〜当日

ラトビアにはプロテスタント、カトリック、ロシア正教など様々な宗教があります。

クリスマスは宗教行事のため、家族と過ごすことを基本としています。

宗派などによって違いますが、お店の多くが23日には早く閉店し、24日25日は完全に休業です。特に24日はやっていないお店が多いです。

外から鑑賞するだけの観光地なら問題ありませんが、この日はスーパーも開かないところが多いため、食料調達にすら苦労すると思います。

しかし、ラトビアはクリスマスツリー発祥の地と言われており、毎年リガでは大規模なクリスマスマーケットが開かれます。

ロシア正教のクリスマスである1月7日まで開かれているので、当日以外で訪れることをおすすめします!

あもちゃん
あもちゃん
当日はクリスマスマーケットすらお休みが多いです。

イースター当日

クリスマス同様、イースターも家族揃ってお祝いします。

朝からみんなで教会に行き、卵に色をつけ、伝統的な食事を囲みます。

イースターもほとんどのお店は休みになりますが、教会に行けば賛美歌を聞くことができるので良い体験になるかもしれません。

ラトビアの年間平均気温・降水量

ラトビアの気温と降水量

リガの最高気温と降水量を調べてみました。日本よりかなり涼しいことがわかりますね!

ラトビアは小さな国なので、国内で寒暖差はほぼありません。

夏でも涼しく過ごしやすいですが、朝晩は涼しいを通り越して寒くなることも多いので、脱ぎ着が簡単で体温調節しやすい服装を心がけましょう!

ラトビアの季節の特徴は四季があること

ラトビアには日本と同様に四季があり、それぞれの季節にそれぞれの魅力がたくさんあります。

春(4月中旬〜5月)

ラトビアの春は4月中旬〜5月と短いです。

ラトビアの人々は春の花をたくさんみることができるこの時期をとても待ち遠しく思っています!

ラトビア・リガ中央市場

市場でも花や春野菜がたくさん売られるようになり、街に活気が溢れてきます。

夏(6月・7月・8月中頃)

ラトビアの夏は6月〜8月中頃までと日本に比べ短く、残暑になることもなく、8月中頃からは徐々に肌寒くなってきます。

mari
mari
短い夏を楽しもうと、夏の間は行動が活発になるラトビア人が多いです(笑)

晴れる日が他のシーズンに比べ多く、さらに日が長いので、1日を通してラトビアを楽しむことができ、美しい景色に出会うことができます♪

夏の時期はとても気候がよく、気持ちの良い日が続くのでテラス席でのんびりしながらくつろぐのもおすすめです!

秋(8月中旬頃・9月・10月)

秋から次第に日照時間が短くなり、天気も悪くなっていきます。

たまに暑くなったかと思えば急に寒くなるのがこの時期の特徴です。

旅行に行かれる際は、必ず上着を持参し、体温調節しやすい服装で行動しましょう!

冬(11月・12月・1月・2月・3月)

天気の悪さと日照時間の短さは相変わらずですが、クリスマスがやってきます!

ラトビアはロシア正教だったこともあり、正教のクリスマスが終わるまで(1月7日まで)クリスマスマーケットが開催されます。

ラトビアの人々にとってクリスマスのお菓子といえばジンジャークッキー!

mari
mari
生姜がよく効いた甘いクッキーと、ホットワインを飲めば体がポカポカしてきます。

日本で買うようなクッキーよりも、少し大きめのクッキーが買えるのも嬉しいポイント♪

ラトビアの人気季節イベント

ラトビアで行われる、人気のイベントをまとめてみました。

ブロンド祭り

毎年5月31日に開催されるラトビアのブロンド美女が街を練り歩くという珍しいお祭りです。

mari
mari
発端は経済を刺激するためということですが、効果のほどはわかりません(笑)

ラトビアに限らず、バルト三国では戦争や占領などの歴史的背景を受けて、混血が進み、魅力的な容姿を持った人々が多く生まれる、と言われています。

そんなブロンド美女をこれでもか!!!というほどみることができるのがこの祭り。

参加したラトビア人の友達曰く「これだけブロンドがいると圧倒される」とのこと。

フェニー
フェニー
美人が集まると迫力がありますよね〜。

森の民芸市

6月の第1週の土日にラトビア野外民族博物館で開催される、クラフトマーケット。

リトアニアのカジューカス祭りと似ています!

近年では日本でも有名になりつつあり、北欧雑貨を取り扱うお店で「ラトビアの森の民芸一から仕入れてきました」というものもあります。

ラトビア全土からクラフトのお店が集まり、カゴバックやミトン、木工芸品など、伝統的な民芸品が並びます。

ラトビアのカゴバックは他のバルトの国々に比べ少し色が濃いのが特徴。

たくさんの種類が出るので、ぜひお気に入りの民芸品を見つけて見てください♪

歌と踊りの祭典(5年に一度)

5年に一度開かれる歌と踊りの祭典はユネスコ世界無形文化遺産にも登録されています。

1873年にリガで始まり、今もなお続いています。

他のバルト三国の歌と踊りの祭典同様、1週間に渡りイベントが開催され、ラトビア各地から高校生、大学生、市民グループなど、様々な人が参加します。

また、ラトヴィヤ・ヴァイグスというラトビアの少数民族による伝統的な歌と踊りも楽しむことができます。

基本的にチケットはいりませんが、イベントによって必要なため、年によって設置される特設ホームページをチェックしてから行きましょう!

次回の開催は2023年です♪

ラトビアのベストシーズンまとめ

ラトビアには四季があり、それぞれ違った表情を見せてくれます!

どの季節にもそれぞれの良さがあるので、何度も訪れたくなってしまいますね♪

ベストシーズンの夏だけではなく、ぜひ様々なラトビアを体験してみてください。

すべての記事をみる

 

東京⇔ラトビアの航空券はエアチャイナまたはポーランド航空が1番が安いです。

個人旅行が好きなら スカイチケットで一括検索がおすすめ!!

公式リンク スカイチケットでラトビア行の格安航空券を見てみる

子連れラトビア基本情報!旅行前に読みたい情報全てまとめました(観光・ビザ・治安・物価)ラトビアはエストニア、リトアニアと並んでバルト三国の1つ! 物価も安く、旅好きの中ではかなり評価の高いラトビア。ヨーロッパ...
 
おすすめホテル

リガでぜひ泊まっていただきたいのがグランド ポエット バイ セマラ!!

リガ随一の高級ホテルとして人気が高く、立地も抜群なので子連れの滞在にもとってもおすすめです。

お部屋も明るく絶品の朝食もいただける一押しホテル!素敵なホテルに泊まるとそれだけで旅の楽しさが倍増しますよね♡ラトビアは物価も安いのでぜひ検討してみてください。

グランドポエットの
料金をチェックしてみる

ラトビアを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ラトビアで観光地を満喫するなら
ベルトラ で現地ツアーを手配しよう!

プライベートツアーが超おすすめ!!

ガイドのサポート付きで
ラトビアを隅々まで堪能できます♪

グループ割引あり

ベルトラ
公式サイトをみてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA