Vietnam ベトナム

【ベトナムの治安2019年最新情報】旅行者が注意すべき6のことと危険スポット

東南アジアで人気の国であるベトナム。

自然や都市、料理やショッピングなどをリーズナブルに楽しめる要素が満載の国です♡

東南アジアの国なので、「治安はどうなの?」と心配される方もいるかもしれませんね。

今回は、そんなベトナムについて3度旅行に行った私がの実際の治安や注意点などをご紹介します。


ベトナムの治安について

結論から言うと、東南アジアの中でもベトナム治安はかなり良い方です。

もちろん、中には危険なエリアもありますが、短期旅行者が訪れるようなスポットは概ね安全と言えます。

外務省の安全情報

2019年3月現在、外務省の海外安全ホームページでは危険情報や感染症危険情報は出ていません。

日本人が巻き込まれた殺人事件やテロなどの話はほぼ聞いたことがありませんし、犯罪といってもスリや詐欺などの軽犯罪がほとんどです。(これはベトナムに限らずどの国でもあることですね・・・)

実際、私がホーチミンを旅行した時には温厚な人が多く、困っているとこちらから声をかけなくても手助けしてくれる人がいるというイメージがあります。

mari
mari
ちなみに、ベトナム人は日本人と同じくらい『勤勉』な人が多いと言われています。

犯罪データ

現在、殺人などの凶悪犯罪の発生は少ない傾向にあります。

ただ、貧富の差が広がっているので、強盗や繁華街周辺でのひったくり、スリや置き引きなどの軽犯罪が多発しています。

日本人の旅行者も空港や路上、ホテル・レストランなどでパスポートや現金、スマホなど貴重品が盗まれてしまったというケースが頻繁に報告されています。

治安が良いとはいえ、スリ・置き引き、ひったくりが多いようなので、十分注意して観光するようにしましょう!

ベトナムで頻発する犯罪の具体的事例

スリ・置き引きに注意

前述した通り、ベトナムではスリや置き引きの被害にあう日本人が多いので、注意が必要です。

mari
mari
では、実際におきた事例をご紹介します!
  • 混雑した市場や路上、ショッピングモール、バスや列車の車内で、気付かないうちにバッグやウエストポーチのジッパーを開けられ、財布やスマホなどの貴重品を奪われる
  • スリ集団が旅行者をそれとなく取り囲み、1人が旅行者の注意を引いている間に、他の仲間がバッグや財布を盗む
  • 目の前で自転車を倒したりして旅行者の注意を引きつけている間にポケットやバッグから財布を盗む
  • ホテルや空港で、チェックインの手続をしているときや人に話しかけられている最中に置き引きされる
  • ホテルの室内清掃の間に小物類が盗まれる

ホテルや空港は、なんとなく街中より安全な感じがしてしまいますが、油断は禁物!

フェニー
フェニー
いかなるときでも荷物は自分でしっかりと管理しましょう。

バイクでのひったくりに注意!

ベトナムは、バイクに乗っている人がめちゃくちゃ多いのですが、ひったくり犯もバイクを犯行につかうケースが多いのです。

よくある手口としてはバイクに二人乗りし、一人が運転、後部座席の一人がひったくり行うという方法。

バイクに乗ったままゆっくり近づき、バッグをひったくってきます。犯行後はバイクで逃げていくので、走って追いかけるなんてできません。

警察でさえ捕まえるのが困難なようなので、ひったくられた物が返ってくることはあまり期待しない方が良いと思います・・。

バッグはひったくられないように、しっかりたすき掛けにしておきましょう!

あもちゃん
あもちゃん
また、バッグだけでなく、歩きスマホをしているとスマホをひったくられるので、十分な注意が必要です

両替・お釣り詐欺に注意!

両替や高額紙幣を出してお釣りが多い時は、すぐに合っているか確認しましょう。

悪意がなくても、人間が数えている場合はミスすることもあります。後から言っても対応してくれない場合があるので、その場ですぐに確認することがおすすめです!

ベトナムの紙幣はわかりにくい


photo by DAVID HOLT

ベトナムのドンは、ゼロの桁数が多いので支払に戸惑うことがあります。

現地の人に任せてお金を見せると本当の金額より高い紙幣をとられたりするので注意が必要!

ベトナムドンの計算方法は以下の方法が有名です。

  • 0を3つ取って×5にする方法
  • 0を2つ取って÷2にする方法
mari
mari
計算しやすい方で良いと思いますが、私は「0を3つ取って×5にする方法」をよく使っていました。

また、30,000ドンの金額表示では30kという表記をするケースがあります。

k=1000なので、30,000なんだなとすぐに計算することができます。
カンマ以下の「000」を見ないようにして、5倍するとほぼ日本円になるのでわかりやすかったです。

ぼったくりタクシー、シクロ、バイクタクシーに注意


photo by JCHaywire

どこの国に旅行へ行っても必ずいるのが、ぼったくりタクシー(笑)

もちろん、ベトナムにも存在していますので、きちんとしたタクシー会社のタクシーに乗り、自衛しましょう!

ヴィナサン(Vinasun)かマイリン(Mai Linh)もしくはGrabがおすすめです。

mari
mari
私が実際にこの2社のタクシーに乗った時には、遠回りもせず適正価格でスピードを出すことなく安全な印象を受けました。

Grabについては、こちらで詳しく書いているのでぜひ参考にしてみてください!

「Grab」と「Uber」徹底比較!配車アプリの特徴とメリットまとめ海外旅行先の移動方法として、一番楽チンなのはタクシーですよね!でも高い!! 料金が高額なのはもちろんのこと、行列に並ばないといけな...

また、「シクロ」と呼ばれる人力車とバイクの後ろに乗る「バクタクシー」があります。

どちらも観光客向けの乗り物で、料金の相場がありません

そのため、降りる時に最初に約束した料金と違う料金を請求されるというトラブルも。

絶対にぼったくられるという訳ではありませんが、トラブルを避けたいなら利用しない方が安全かも。

もしどうしても乗車したい場合は、現地の旅行会社などで契約しているシクロに乗った方が無難だと思います!

フェニー
フェニー
バイクタクシーも同様のトラブルが多いので注意!

また、バイクなので生身の体が外に出たままホーチミンの交通渋滞の中を走ると思うと、個人的には事故やケガが怖いので特に女性にはオススメしません。

交通事情に注意

ベトナムはバイクに乗っている人がとても多いです。

東南アジアらしい光景ですが、かなり危ない!信号や横断歩道がある場所でも、脇をバイクがすり抜けて行きます。

日本人からしてみれば信号が赤ならバイクは停まって待っているのが当たり前ですが、ベトナムではバイクは関係なく気をつけながら通ってくる人が多いようです。(さすがに車は赤の時は停まっています。)

横断歩道を渡るときは細心の注意が必要です。

ベトナムで注意すべき危険エリア

ホーチミンとひと口に言っても、さまざまなエリアがあります。

特にガイドブックに載っている旅行者が多い地域の治安情報については気になるところ!

主なエリアごとに、治安情報をざっくりまとめてみました。

ベトナム北部(首都ハノイ、ハロン湾、サパなど)

ベトナム北部でいうと、人が多く集まるハノイでひったくり、スリ、置き引きなどの軽犯罪が多く起きています。

ハノイの中でも下記の場所で盗難事件が多く起きているので、行く予定がある方は十分警戒してくださいね。

  • ホアンキエム湖周辺
  • 旧市街
  • ドンスアン市場
  • ハンガイ通り
  • 統一公園周辺
  • キムマー通り・リンラン通り・ダオタン通り
  • 大規模ショッピングモール
  • バスターミナル

ベトナム中部(ホイアン、ダナン、フエなど)

ベトナム中部のホイアン、ダナンなどは比較的小さな町のため、ハノイやホーチミンに比べると治安が良いと言われています。

ホイアン旧市街のランタン祭りが有名で、旧暦の14日になると多くの人が集まります。そのため、スリやひったくり、置き引き等が多く起きる傾向にあります。

暗闇の中、ランタンの光が幻想的に見える素敵なお祭りですが、薄暗いと言うのはスリや置き引きがしやすい状況でもありますので、気を引き締めて観光しましょう。

ベトナム南部(ホーチミン、ダラット、ニャチャンなど)

ホーチミンも首都ハノイと同じような大都市。人が集まるエリアなので、どうしてもスリや置き引き、ひったくりなどの窃盗が多くなります。

日本人旅行者はもちろん、現地のベトナム人でさえ、スマホを盗まれたりするので気をつけましょう!

下記の場所で盗難事件が多く起きているので気をつけましょう。

  • ベンタイン市場周辺
  • グエン・フエ通り、パスター通り、ドン・コイ通り、ハイ・バー・チュン通り
  • トン・ドック・タン通り、チャン・フン・ダオ通り、レー・ライ通り、レー・タイン・トン通り
  • 大規模ショッピングモール
  • バック・ダン公園
  • サイゴン大教会
  • 統一会堂前の公園
  • 2区~7区(フーミー橋)、10区
  • タンビン区、フーニュアン区、ビンタン区
あもちゃん
あもちゃん
ホーチミンの危険エリアについては、下記の記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてください♪
【2019年】ホーチミン治安・危険度!気をつけておきたい6つの注意点東南アジアで人気の国であるベトナム。 自然や都市、料理やショッピングなどをリーズナブルに楽しめる要素が満載の国です♡ 今回は...

ベトナムで犯罪にあわないために気をつけたい6の安全対策

危険な場所を避ける

上記の危険スポットはもちろん、宿泊先の従業員にこの辺りで危険なスポットはないかどうか聞いてみてください。

最新の情報はやはり実際に住んでいる方から聞くのが一番です。

怖いもの見たさで危険な場所へ立ち入るのは絶対にやめてください。日本とは違うということをお忘れなく!

現金を大量に持ち歩かない

ベトナムは一昔前に比べると、カード支払いができる場所がかなり増えてきています。

空港やホテル、レストラン、大手スーパーマーケットなど中心部の観光客が訪れるようなお店は、クレジットカードやデビットカードでの支払いが可能です。

もちろん現地の屋台やローカルマーケットなど、一部の場所で現金しか受け付けないケースもありますが、そのような少額の支払いを除いて、多くの場所でクレジットカードが使えます。

mari
mari
万が一スリや強盗の被害にあった時のために、持ち歩く現金は最低限にしておきましょう。

しつこく話しかけてくる人は無視する

物売りやナンパなどは、徹底的に無視しましょう。

話しかけることで気を引き、スリや置き引きをしかけてくる人もいます。

また、酔っ払いなど危ないと感じたら、賑わっているお店に入るなどしてその場を離れるようにしてください。

mari
mari
しつこい人があなたに何か利益をもたらすことはまずありません。

派手な服装はせず荷物は少なめに

日本のようにあまり華やかな恰好をしているとすぐに観光客だとわかって狙われてしまうかもしれません。

なるべく現地に馴染むようなカジュアルな恰好を心掛け、荷物も少なめにお出かけしましょう!

ブランドバッグや華美な恰好は「お金持ちだ!」と広告を背負って歩いているようなもの。

普段派手な洋服を好む方は気を付けてくださいね。

mari
mari
基本的には、サンダルやスニーカー、ショートパンツなどラフな格好でOKです♪

夜間の一人歩きは避ける

ベトナムは治安が良い方ですが、夜は一人で出歩くのをおすすめしません。

夜間の一人歩きはできるだけ避け、移動には必ずタクシーや「Uber」などの配車アプリを使い、安全に移動しましょう。

安全な地域でホテルを予約

ベトナムでは高級ホテルへ驚くほど格安で宿泊できます。

せっかくのチャンスですから、セキュリティのしっかりした4つ星、5つ星ホテルの滞在がおすすめです!

ベトナムで人気の
エリアでホテルを探す

ベトナム旅行前に準備すべきはWi-Fiと海外旅行保険

ベトナム旅行に限らず、この2つはとても重要!海外旅行に行く際にスマホ利用と海外旅行保険はマストです。

Wi-Fiレンタルでネット環境を整える

何か困ったことが起きたとき、ネットが使えると安心感が違います。

海外では無料でWi-Fiを使えるスポットもありますが、いざという時のために海外Wi-Fiのレンタルをしておくことをおすすめします!

友達がスリにあった時、ネットが使えて本当に助かりました・・・。道に迷ったり、危険情報をチェックするためにもネット環境を整えることはとても大切です。

海外WiFiレンタル
グローバルWiFiをみてみる

海外旅行保険でいざという時に備える

実際にトラブルが起こってしまった時でも、海外旅行保険に入っていれば安心です。

何も起こらなければ良いのですが、万が一に備えて海外旅行保険には必ず入っておきましょう!

毎回入るのが面倒な人には海外旅行保険が付帯しているクレジットカードがおすすめですよ♪私が愛用しているメインカードはANAのワイドゴールドカード

補償が手厚い上にマイルもたくさんたまるので、できればゴールドカード以上のクレカを1枚持っておくと何か便利なのですが、年会費が高いのでなかなか思い切りが必要ですよね?

そんな人におすすめなのがエポスカード

エポスカードはなんと年会費無料で海外旅行保険が自動付帯*されています!年会費無料のクレジットカードの中でも補償額が高くとってもおすすめの1枚。

ちなみに自動付帯とはクレジットカードを保有しているだけで保証の対象になる保険のことです。※付帯のタイプとしては「自動付帯」と「利用付帯」があり、利用付帯だと保証を受けるのに条件があるので注意が必要です。

エポスカードの海外旅行保険の内容

  • 障害死亡:最高500万円
  • 傷害治療:最高200万円
  • 疾病治療:最高270万円
  • 携行品損害:20万円
  • 自動付帯あり
  • キャッシュレス診療可能
エポスカード公式サイトで詳細をみてみる

年会費は永久無料!
エポスカード

クレカを作りたくない、または事情があって作れない人は通常の海外旅行保険でも全く問題ありません。

ベトナムの治安まとめ

ベトナムは基本的な注意点を守っていれば、安全に過ごせる国ですが、日本人旅行者の盗難の被害が多いのも事実です。

ついつい観光に夢中になりがちなのは仕方ないけど、身の回りの貴重品をきちんと管理して、楽しい思い出だけを持ち帰ってくださいね♡

ベトナムを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

ベトナムで観光地を満喫するなら
ベルトラ で現地ツアーを手配しよう!

2人目無料の超お得なチケット多数!!

安心の日本語サポート付きで
ベトナムを隅々まで堪能できます♪

\事前に日本語で予約できる/

ベルトラ
公式サイトをみてみる