タイ

世界遺産アユタヤ遺跡へ行ってきた!行き方・見どころ・所要時間徹底ガイド|タイバンコク

タイには3つの文化遺産と、2つ自然遺産の合計5つの世界遺産があります。

その中でもバンコクから比較的近いアユタヤ遺跡は、短期間の旅行でもスケジュールに組み込みやすく、5つの世界遺産の中で最も旅行者から人気!

主要な遺跡のみ見て回れば日帰りでの半日~日帰りでの観光も十分可能です。

それではタイの人気観光地である世界遺産アユタヤ遺跡についてシェアしていきます♪

こんな方におすすめ!
  • 各国の世界遺産や重要文化財などが好き
  • 観光地を通して、タイの文化や歴史を感じたい
  • バンコクから日帰りで行ける定番観光地を訪れたい

東京⇔タイの航空券はエアアジアが1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディア
で一括検索がおすすめ!!往復たった3万円の激安でバンコク行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

タイをもっと知る

持たないと損なカードNo1

無料なのに海外旅行保険付帯!

国内でも使える必携の1枚

即日発効も可能!

アユタヤ遺跡の見どころ・観光情報

アユタヤ遺跡は、バンコクの北側に位置するアユタヤ県にあるアユタヤ王朝時代の遺跡群です。

アユタヤ王朝は1351年~1767年までおよそ400年間もの長い間タイの中心として存在した王朝で、ナライ王の時代にはミャンマー・ラオス・カンボジアの一部も領有するほど大きな勢力を持っていました。

アユタヤ王朝の中心都市となっていたアユタヤはチャオプラヤー川に面しており、貿易するのに最適な地形となっています。

また、農作物を栽培するのに適した気候を兼ね備えており、貿易により財をなしたとされています。

当時の王は上座部仏教を厚く信仰していたため、貿易で得た莫大な利益を使い、王宮だけでなくたくさんの寺院を建てたそうです。

しかし、1767年にビルマ(ミャンマー)のコンバウン王朝からの攻撃を受け、アユタヤ王朝は消滅。その際に仏像や建物は徹底的に破壊されてしまい、ほとんどの寺院が廃寺となりました。

遺跡に残されている仏像も、コンバウン王朝が制圧した証として頭の部分のみ破壊されました。今でも遺跡には頭の無い仏像がたくさん並んでいます。

mari
mari
世界の遺跡に比べると比較的新しいものですが、瓦礫の山になっていたり、壊れている部分が多いのはこのような歴史的背景があるからなんだそうです。

遺跡群

アユタヤ遺跡は、大小様々な複数の遺跡が集まっている遺跡群。

数多くの見どころがあります。

中でもアユタヤ遺跡を訪れた際に絶対に外せない名所は下記の4ヵ所です。

  • ワット・マハタート(ワット・プラ・マハタート)
  • ワット・プラシー・サンペット
  • ワット・ロカヤスタ
  • ワット・ヤイチャイモンコン

旅行会社が企画する現地ツアーでは4つの遺跡とエレファントキャンプでの象乗り体験がセットになっている場合が多いと思います。

それでは詳しくご紹介していきますね!

ワット・マハタート(ワット・プラ・マハタート)

ワット・マハタートは菩薩樹の根に包まれた仏頭が拝める遺跡で、その印象的なビジュアルはアユタヤ遺跡の代名詞と言っても過言ではありません。

ワット・マハタートの中で仏頭が残っている像はたった2体のみで、他はすべてコンバウン王朝の戦士たちが勝利の証として持ち帰ってしまったそうです。

その2体の仏像は今では修復され頭のある状態になっているようですが、写真のように木に守られている仏頭はおそらくワット・マハタートでしか目にする事ができないでしょう。

周りには柵がされており、実際に触れたり横に並ぶ事はできませんが写真撮影は可能です。

mari
mari
撮影時は仏頭よりも頭が高くならないようしゃがんで撮影するのがお約束。

ワット・マハタート(ワット・プラ・マハタート)の詳細

営業時間:8:00~18:00

入場料:50バーツ

ワット・プラシー・サンペット

ワット・プラシー・サンペットは、アユタヤ時代の3人の王の遺骨が納められている、アユタヤの中で最も重要な遺跡のひとつです。

もともとアユタヤ王朝の初代王ラーマティボーディー1世が即位した際に宮殿が設けられ、次の王であるトライローカナートの時代からは王専用の仏教儀式の場として使われていました。

後のラーマティボーディー2世の時代には自身の父であるトライローカナートと兄であるボーロマラーチャーティラート3世の遺骨を納めるために2つの仏塔を建て、その後彼が崩御した際に3つ目の仏塔が建てられたと言われています。

数々の寺院が破壊されたアユタヤの中で、比較的破損が少なく漆喰なども当時のまま綺麗に残っている貴重な遺跡です。

あもちゃん
あもちゃん
規則正しく並んだ3つの仏塔は、途中まで登ることが出来るので、記念撮影スポットにもなります。

ワット・プラシー・サンペットの詳細

営業時間:8:00~18:00

入場料:50バーツ

ワット・ロカヤスタ(ワット・ローカヤースッター)

現地ツアーを利用した場合、恐らく最初に訪れるのがワット・ロカヤスタでしょう。

元々は敷地内にお寺の本堂や仏教施設などが多く設けられていたのですが、ビルマ軍の破壊により原型を留めたまま残っているのは、この大きな涅槃仏のみとなってしまったとの事。

涅槃仏の奥に広がる瓦礫交じりの敷地からは争いの激しさが感じられ、それを背に寝そべる仏像の姿はどこか物悲しい印象を受けます。

ワット・ロカヤスタの涅槃仏は全長27mで、高さは5メートルで、アユタヤ遺跡にある涅槃仏の中では最も大きなサイズです。

mari
mari
ちなみに有名なワットポーの黄金の涅槃仏は全長46mで高さは15mです!

ワット・ロカヤスタ(ワット・ローカヤースッター)の詳細

営業時間:8:00~16:30

入場料:無料

ワット・ヤイチャイモンコン

ワット・ヤイチャイモンコンはアユタヤ王朝の創設者ラーマティボーディー1世がセイロン(現スリランカ)の仏教留学から帰ってきた僧侶たちの為に造ったお寺です。

mari
mari
アユタヤ遺跡の中でも特に古い歴史がある寺院!

敗戦によりビルマ軍に徹底的に破壊されてしまったアユタヤ王朝。

ワット・ヤイチャイモンコンは寺院の集まるエリアから少し離れた場所に位置していた為、徹底的な破壊からは逃れられたのだそうです。

敷地内にずらっと並べられた仏像も、頭を取られずに残っており、その美しい状態からお寺の方や地域の方々大切に扱ってきた事がわかります。

敷地内には白く大きな涅槃仏がおり、その足の裏にコインを貼り付ける事ができれば願い事が叶うという言い伝えがあり、観光客達はこぞって運試しをしています。

ワット・ヤイチャイモンコンの詳細

営業時間:8:00~17:00

入場料:20バーツ

遺跡観光はエレファントキャンプでシメ!

遺跡巡りが終わったら、最後はエレファントキャンプで象乗り体験をするのが定番コースです。

アユタヤで象乗り体験ができるのは2か所あり、一つは水上マーケットの近くなのですが、もう一つの「アユタヤ・エレファントキャンプ」の方が、遺跡巡りのルートでは行きやすいです。

タイと言えば象乗り!という印象が強いかと思いますので、遺跡巡りの後のエキサイティングな体験としてトライしてみてはいかがでしょうか。

エレファントキャンプでは象乗り体験だけでなく、象の餌やり、虎との記念撮影なども楽しめて、最後は記念撮影もしてもらえます。

エレファントキャンプの詳細

営業時間:8:30~16:30

象乗り体験料:15分400バーツ・25分500バーツ

mari
mari
少し短く感じるかもしれませんが、15分でも十分満足できますよ!

アユタヤ遺跡行き方・アクセス

ロットゥー(ミニバス)を利用する

ロットゥーで行く場合は、モーチットのミニバスステーションを利用します。

BTSのモーチット駅からミニバスステーションまでは歩くと1時間くらいかかるので、最寄り駅からタクシーまたはバスを利用しましょう。

バスの場合は以下の2通りの方法があります。

  • BTS Mochitモーチット駅からA1番のバス
  • BTS Saphan Khwaiサパンクワイ駅から3番のバス

運賃はバスのタイプにより異なりますが、10~30バーツくらいです。

タクシーを利用する場合は、どちらの駅から乗車しても所要時間はあまり変わりませんが、モーチット駅の方がたくさんいるのでつかまえやすいでしょう。

ミニバスステーションからアユタヤまでは1時間~1時間半程度。運賃は片道70バーツです。

鉄道と違って本数が多い為、時間に縛られずに移動することが出来ます。

帰りのロットゥーは下車したポイントから出発しますので、場所を覚えておくようにしましょう。

電車で行く

時間はかかりますが交通費を押さえられる方法は電車です。

アユタヤまで電車で行く場合、国鉄のファランポーン駅から出発となります。

本数は1時間に1~2本、始発は4時台から終電は23時前までと意外と多く、運賃は電車のランクと座席の等級によって異なり、電車の種類によって所要時間が異なります。

電車の種類 所要時間 運賃
Ordinary 1時間40分 15バーツ
Commuter 1時間30分 15バーツ
Rapid 1時間40分 45バーツ
Express 1時間20分 165バーツ
Special Express 1時間20分 345バーツ

表の上記3タイプはエアコンなし・扇風機のみの車両で、下記2タイプはエアコン付きの少し良い車両となります。

バンコクからアユタヤまでは1時間半程度ですし、窓が開いていて風が気持ちよいのでエアコンなしの電車でもあまり苦痛は感じないのではないかと思います。

ExpressとSpecial Expressはネットでのチケット予約が可能ですが、それ以外は窓口での販売となります。

何も指定しなければ直近で出発する電車のチケットを売られるので、時間や電車のタイプを指定する場合は、購入時に窓口のスタッフへ伝える必要があります。

あもちゃん
あもちゃん
ロットゥーや鉄道で自力で行く場合は、現地でサイクリングをしながら遺跡を巡るのがおすすめです!サイクリングは1日50バーツ~で、到着すると複数のレンタルショップが見つけられますよ!

タクシーまたはGrabで行く

バンコクからタクシーやGrabを使って行く場合、所要時間は約1時間半で、料金はメーター利用の場合高速代込みで片道約1,500バーツ。

バスを使って行くよりも待ち時間等のストレスが無く、効率よく移動できます。

しかし周辺は流しのタクシーがほぼいないエリアなので、Grabもつかまりにくい可能性大。行きのタクシーで帰るまで待っていてもらうよう交渉するのがベストでしょう。

mari
mari
そのままタクシーで遺跡を巡ってもらうのも気楽でいいかもしれませんが、値段は要交渉!ツアー会社等を経由して運転手付きの車を1台チャーターした方が安い可能性大です!
Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

 

Grabは紹介コードOHAYO123(オハヨー1・2・3で覚えてね♪)をpromotionに入力すれば初回の利用が無料になります。

ツアーで行く

一番ストレスなく行けるのは日帰りの現地ツアーです。

安いところだと2,000バーツくらいの半日ツアーがあります。

ワットパクナムや水上マーケットなどの主要観光地とセットになった1日プランや、チャオプラヤー川を北上するクルーズ船のツアーなど、アユタヤのツアーは多種多様です。

日本語ガイドさんと一緒に巡るので、移動の効率や快適さだけでなく観光地への知識が増える事もツアーの良さ!遺跡観光は特にツアーの利用をおすすめしています。

おすすめツアーはコレ!

バンコク発着
一番人気のアユタヤツアー

アユタヤ遺跡+水上マーケット+メークロン線路市場+ 象乗り観光ツアー ソンブーンのカニカレー付きプラン」盛りだくさん過ぎてすごい!!(笑)

アユタヤ遺跡の営業時間・所要時間・入場料

営業時間

8:00~18:00(遺跡により異なる)

所要時間

1ヵ所あたり約30分。

人気の遺跡を数か所のみ巡る場合は半日、小さな遺跡もじっくり見て回る場合は1日が目安。

入場料

20~100バーツ(遺跡により異なる)

アユタヤ遺跡に行くときの注意点

アユタヤでもタイの他の寺院と同じようにNGな服装があるので、まとめてご紹介します。

  • 袖のないトップス(タンクトップ、キャミソールなど)
  • 膝の見えるショートパンツやミニスカート
  • スキニージーンズやレギンスなど、脚のラインがわかりやすいボトムス
  • ダメージ加工のジーンズ(裾のフリンジはOK)

服装チェックはバンコクの寺院に比べると緩いので、あまり神経質になる必要はありませんが、最低限のマナーとして服装は押さえておきましょう。

アユタヤ遺跡口コミ・評判

ツアーでアユタヤ遺跡の三大スポットを訪れました。ワット・チャイモンコン、ワット・プラシーサンペット、菩提樹の根っこに仏頭がはさまれたワット・プラマハタート、いずれもアユタヤ王朝栄枯の時代を想像させてくれました。仏塔はレンガ造りが多く、今でも修復作業を継続して遺跡の保存に努めています。木陰に座りでゆっくりと歴史に浸るのもいいと思います。:引用:トリップアドバイザー

あもちゃん
あもちゃん
最新の口コミは下記のリンクからチェックできます!

アユタヤ遺跡まとめ

世界文化遺産であるアユタヤ遺跡は、タイ旅行でバンコクに数日滞在される方はぜひ見ておくべき観光地の1つと言えます。

何も知らずに訪れても、遺跡の凄さに圧倒されることは間違いありませんが、その歴史的背景も知ってから訪れる事で見ごたえが何倍にも増すと思うので、ぜひこのブログで情報収集していただけると嬉しいです!

特に夕暮れ時の遺跡群はノスタルジックな哀愁が漂い、思わず息を呑む魅力があります。

バンコクから日帰りで訪れる事が出来る気軽さも魅力の一つですので、興味ある方は旅行のスケジュールに組み込んではいかがでしょうか。

タイをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔タイの航空券はエアアジアが1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディア
で一括検索がおすすめ!!往復たった3万円の激安でバンコク行きのチケットをとりました♡

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

バンコクおすすめホテル

タイはホテルが安いのででぜひ泊まっていただきたいおすすめホテルがたくさんあります!!バンコクなら私の一押しはマンダリンオリエンタル!!

辻 仁成さんの小説『サヨナライツカ』を読んでからずっと行きたいと憧れており実際に足を運んだ時は大感激。超人気でいつも予約でいっぱいなので早めにチェックしてみてください。

コスパを求めるならマリオット ホテル ザ スリウォン。清潔感のあるお部屋で家族連れにもとってもおすすめ。

プールも素敵で帰りたくなくなります・・・。各国の高級ホテルに泊まったけれど、バンコクのコスパの良さはまだまだ健在!

タイは治安がよくない地域もあるので安宿はやめて高級ホテルを楽しみましょう♪

タイのホテル
料金をチェックしてみる

タイを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

タイで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

アユタヤ遺跡・象乗りが大人気

安心の日本語ツアーで
タイを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA