フィリピン

フィリピン公共交通機関徹底ガイド!ジプニー・バス・電車・タクシー乗りこなし術

最近、英語留学先としても大人気のフィリピン!日系の企業もたくさん進出していて、何気に現地在住の日本人も少なくありません。

特にマニラはかなり都会なので、電車やバス、タクシーなどあらゆる交通機関がそろっているので、旅行者に優しい都市でもあります。

基本的な公共交通機関の乗り方は日本と同じようなイメージで大丈夫ですが、ジプニーなどフィリピン特有の乗り物もあります。

旅行前に公共交通機関の使い方を知っておくだけでスムーズに移動ができるはず!

mari
mari
それではフィリピンの公共交通機関について解説していきます。

東京⇔フィリピンの航空券はセブパシフィックが1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復2万円でマニラ行きのチケットをとったこともあります。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

フィリピンをもっと知る

フィリピンの公共交通機関と交通状況

基本的にフィリピンと日本の公共交通機関の使い方はほぼ同じと思っていて大丈夫です!

しかしフィリピンの交通事情は、日本とは違います。インフラの整備がまだまだ整っておらず、マニラなどの都市部では交通渋滞問題が深刻。

また、交通の手段も所得の格差が大きく表れていると感じます。いわゆるお金持ちは、車を何台も所有し、お抱えの運転手を雇って車で移動しますが、一般の庶民は、ジープを改造して作られたジプニーという乗り合いのバスで移動します。

mari
mari
いつもの感覚でいると思わぬ勘違いをしたりしてしまうので、事前に日本との違いを知っておくと便利です。

フィリピン人の足「ジプニー(乗り合いバス)」

ジプニーはフィリピン特有の交通手段!多くの人に庶民の足として利用されており、フィリピンを表すシンボルとして愛されています

アメリカ占領時代に使い古されたジープを改良し、移動手段として用いたのが始まり。

色とりどりに塗装されアニメのキャラクター、キリスト教のモチーフ、ブランドのロゴなどが描かれた車体はとても印象的です。

mari
mari
少し上級者の乗り物です。スリや置き引きもあるので海外初心者はやめておいた方がいいと思います。

ジプニーの料金・支払方法

ジプニーは事前に切符を買っておく必要はありません。運賃は初乗りが9ペソで、距離が長くなれば数ペソ加算されます。

乗っている間に運転手に手渡せばOK!100ペソ以上のお札ではおつりがないと断られることがあるので、乗る前に小銭を用意しておきましょう。

フェニー
フェニー
後ろの方に座っているとバケツリレーのように前の方に運んでくれます!

ジプニーの乗り方・注意事項

ジプニーには時刻表や専用のバス停のようなものはありません。

車体ごとに決まった区間を往復しているので、車体に表示されている区間確認して、《この区間なら自分の目的地の近くに行くだろう》という予測のもと乗車することになります。

ジプニーが走行する区間(ルート上)であれば、乗車・降車が禁止されている場所を除いて、どこでも乗り降りが可能です。

  1. 車体に表示されている区間を確認
  2. 乗りたいジプニーが来たら手を挙げて止める
  3. 乗っている間に目的地を告げ、お金を払う
  4. 降ります(パラポー)!と言っておろしてもらう
mari
mari
ほぼ24時間走っているので乗りこなせればかなり便利!

通勤通学のタイミングはひどい渋滞なので旅行者はホテルでゆっくりしておくのがおすすめです♪

フィリピンの「バス」

マニラにはビジネスの中心地、商業施設や空港などを結ぶP2Pバス(Premium Point to point Bus)とマニラ郊外の街への移動やビーチなど小旅行に行く時に利用する中・長距離バスがあります。

P2Pバスは、エアコン付き革張りシートの座席で運行され、マニラの主要な地点を結んでいます。

バス内はとっても快適で目的地まで比較的早く到着することができるので、利用者にも大好評。絶賛路線拡大中です。

フィリピンのバス

中・長距離バスは、フィリピン各地を結ぶ交通手段です。

マニラ以外の場所で電車が走っていないフィリピンでは、中・長距離の陸路移動は、バスを利用する人が多いです。

運賃も安くたくさんのバス会社が運行されていますが、中にはエアコンがないバスもあります。

mari
mari
わたしも何時間もバスに揺られて綺麗なビーチに遊びに行きました♪

バスの料金・支払方法

P2Pバスの運賃は乗車時。プリペイド式交通カード「Beep Smart Card」でも支払いができます。

長距離バスの場合はチケットカウンターで行先を伝えて購入します。

バスの乗り方

P2Pバスは主要な商業施設や空港から出発します。

専用の乗り場があり、案内が表示されています。路線にもよりますが、20~30分間隔や1時間間隔で運行され、比較的時間どおりに出発します。

長距離バスに乗る場合は、先ずはバスターミナルに移動します。

マニラにはバスターミナルがいくつかあり、行き先やバス会社によって利用するバスターミナルが異なります。

どのバスターミナルから発着するのか確認が必要です。一応時刻表はありますが、時間どおりかどうかは状況しだい。

mari
mari
バスがたくさんあって迷うのでバスターミナルへは早めに足を運びましょう!

行先が違っているとパニックになるので、必ず数人に行先を確認してみてください。

フィリピンの「電車」

マニラには、地下鉄はありません。現在建設中で2025年に完成予定です。

電車は、LRT(Light Rail Transit)MRT(Metro Rail Transit)PNR(Philippines National Railways)の3種類があります。こちらでは、利用機会が多いと思われるLRTとMRTについてご紹介します。

電車の料金・支払方法

チケットは窓口と券売機で購入できます。

また、「Beep Smart Card」というプリペイド式の交通カードがあります。

まずカードを購入する必要があるのですが、駅構内であれば20ペソ、他の場所であれば50ペソ。

希望の金額をチャージすれば、マニラの電車・バスをワンタッチで乗り降りすることが可能です。

「Beep Smart Card」を利用すれば乗車料金が少し割引になるので利用価値は高いと思います。

LRT1(Light Rail Transit)

Roosevelt駅(パサイ市)からBaclaran駅(ケソン市)まで南北に繋がる路線
運賃:片道15~30ペソ

LRT2(Light Rail Transit)

Recto駅(マニラ市)からSantolan駅(マリキナ市)まで東西に繋がる路線
運賃:片道15~25ペソ

MRT(Metro Rail Transit)

North Avenue駅(ケソン市)からTaft Avenue駅(マカティ/パサイ市)まで、ビジネス中心地区であるマカティ市やマンダルヨン市を繋ぐ路線、毎日多くの通勤者で混雑しています。

運賃:片道13~28ペソ

電車の乗り方と注意事項

乗り方は日本の電車と変わりません。

基本的には時刻表はなく、通常は15~20分間隔、ラッシュの時は5分間隔で走っています。

朝:7:00~9:00、夕方:17:00-19:00がラッシュの時間帯で、大変混雑しています。入場制限がかかり電車にのるだけでも30分以上待つ場合もありますので、時間に余裕を持って利用してくださいね。

フィリピンの「タクシー」・「Grab」

フィリピンでは、以下の3つのタクシーの種類があります。

  1. クーポンタクシー
  2. レギュラータクシー
  3. 配車タクシー(Grab)

クーポンタクシーは空港から移動する際に利用できます。行き先ごとに決められた料金を先に支払ってから乗車するので、トラブルが少ないです。

レギュラータクシーは街のいたるところを走っています。基本的にはメーター制のタクシーで、ぼったくりや盗難などのトラブルも報告されているのでおすすめしません。

配車タクシー(Grab)はレギュラータクシーより少し料金が高くなるものの、指定の場所に配車してくれ、事前に料金も確認でき、運転手の顔と名前や車の詳細がわかるので、比較的安全です。

mari
mari
東南アジアを旅行するときはGrabしか使わないほど愛用しています・・・!!

タクシーの乗り方・初乗り料金

クーポンタクシー

空港の到着エリアにある専用カウンターで行き先を伝えます。

エリアごとに定められた料金を支払ってクーポン(チケット)を発行してもらい乗車します。

料金:空港からマカティ市内 330ペソ

レギュラータクシー

日本のタクシーと同じように合図をしてタクシーを止めます。行き先を伝え、メーターが使われているか確認します。

料金:初乗り40ペソ、以降1km毎に13.50ペソ

配車タクシー「Grab」

配車タクシー「Grab」アプリをダウンロードし、基本情報を登録します。自分の行き先と目的地を指定し料金を確認して配車のリクエストをします。

マッチングしたら配車場所で待ち、該当の車がきたら乗り込みます。支払いはカード決済と現金払いが選択できます。

料金:状況により異なります。わたしが早朝に現在地から空港まで、約5kmの距離を移動した時は、190ペソでした。

Grabの詳しい記事は「Grab」と「Uber」徹底比較!配車アプリの特徴とメリットまとめ」でも読めます。

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

 

Grabは紹介コードOHAYO123(オハヨー1・2・3で覚えてね♪)をpromotionに入力すれば初回の利用が無料になります。

ただ、スマホをインターネットにつないでいないと使えないので、フリーWiFiがある場所や、ポケットWiFiをレンタルするなど、ネット環境を用意しておく必要があります。準備を忘れずに♪

フィリピンで海外ポケットWiFiレンタルを選ぶ際の注意点とおすすめ商品フィリピンで使えるレンタルポケットWiFiについて、価格や速度など様々な利点を徹底解説!世界一周経験あり、60カ国以上を旅してきた旅のプロがおすすめ3社と注意点についても紹介します。...

フィリピンの公共交通機関まとめ

フィリピン・マニラで利用するのはGrabがほとんど!

マニラ郊外やビーチなどに安く移動したいのであれば中・長距離バスと状況によって使い分けると良いでしょう。

フィリピンは、日本と比べて公共交通機関が整っているとはいいがたいです。トラブルに巻き込まれないように比較的安全な移動手段を選んでくださいね!

フィリピンをもっと知る

すべての記事をみる

 

東京⇔フィリピンの航空券はセブパシフィックが1番安いです。個人旅行が好きならエクスペディアで一括検索がおすすめ!!往復2万円でマニラ行きのチケットをとったこともあります。

好きなホテルと組み合わせて自分のオリジナルツアーを作るのも楽しいですよ♪

公式リンクエクスペディアで格安航空券をみてみる

 

フィリピンおすすめホテル

フィリピンはめちゃくちゃホテルが安いのででぜひ泊まっていただきたいおすすめホテルがたくさんあります!!マニラならペニンシュラが一押し。

日本だと1泊10万円もする超高級ホテルが1万円台から宿泊可能!!!コスパが良すぎて泣きそうです…( ;∀;)

セブならシャングリ・ラ マクタン リゾゾート & スパをチェックしてみて。

プールは子供が大好きな遊び場があって夢のような時間が過ごせます。

各国の高級ホテルに泊まったけれど、フィリピンのコスパの良さは抜群!

治安もよくないので安宿はやめて高級ホテルを楽しみましょう♪

フィリピンのホテル
料金をチェックしてみる

フィリピンを楽しむならベルトラを使わなきゃ損!

フィリピンで観光地を満喫するなら
ベルトラで現地ツアーを手配しよう!

市内観光やマリンアクティビティが大人気

安心の日本語現地ツアーで
フィリピンを隅々まで堪能できます♪

個人旅行も日本語ガイドで安心

ベルトラ公式サイトを
チェックしてみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA